勉強の手順とまとめ

高校中退でも独学で英語を話せるようになった僕が伝えたいこと

英語学習は大変です。

私は、独学で自分で英語を学んだのですが、

挫折の嵐でした。

続かない。本ばかり買う。

何をやったらいいのかわからない。

そんな経験から、どうしたら失敗しないのか。

何をやらなければよかったのか。どうしたら最短なのか。

何に気を付けて勉強すればいいのか。

英語という沼から脱出する方法をまとめてみました。

人生は英語以外にもたくさん楽しいことがあります。

さっさと英語力を上げて英語学習から解放されましょう!

(2019年8月時点でGoogle検索『英語 勉強法』1~3位の記事です。)

▼もくじ

この記事を書いている人

ふだんは英語塾を経営しつつ、海外と日本を行ったり来たりしながら、ブログ、最近はYouTubeをコツコツ作っています。

この記事は特に以下のような人に役立つ記事です。

  • 英語を独学で勉強している
  • 英語を話せるようになりたい
  • 日本でどうにか英語をマスターしたい
  • 英語が苦手で困っている
  • 大学受験で偏差値70や80を超えてぶっちぎりで合格したい
  • 英検1級を狙っている
  • TOEICで満点を狙っている
  • TOEFLで100点超えを狙っている
  • IELTSで7.0以上を狙っている

等々、幅広い層に役立つ記事になっていると思います(そう願います)。

 

✅当記事の信ぴょう性

著者(野村勇介)はこのサイトに書いてある方法で、

日本にいながら英語を話せるようになりました!

また、独学でTOEIC985点(リーディングで1ミス)を達成。

TOEFLiBTは100点超え3回連続。

英検1級(筆記)は一発合格でした。

英語学習者としては頑張ったと思います。

たまに専門家にマウントを取られますが、本もなかなか買えない貧乏育ち、才能もない凡人の私としては頑張ったと思っています。

英語を独学で勉強する人には役に立つと思う情報をまとめているので、ぜひじっくり読んでいただけますと幸いですm(__)m

Twitterもぜひフォローお願いいたします(^^)/

この記事の使い方と英語学習の概要

この記事は、物凄く長いので・・・

もくじを最大活用

そうです。

 

もくじを活用してください!

 

もくじで、記事内を行ったり来たりすると一番使いやすいと思います。

めっちゃ長いので・・・

 

英語学習の概要を先に書いておくと

ざっと、「英語学習の注意点を確認」「英語学習ってどんな感じなの?」ということを説明するために、先に概要を書いておきたいと思います。

細かい勉強法に関しては「もくじ」から気になるところに飛んでくださいね(^^)/

では、以下は英語学習の概要です。

語彙(単語・熟語)

読解やニュースなどで英語を使いたい人向けですが、

英検2級やセンター試験は、約4,000-5,000語の暗記が必要です。

難関大学は6,000-10,000語くらい必要なこともあります。

英検準1級は7,000-9,000語レベルで、難関大学で高得点を狙える位置に来ます。

では、ゴールはどこかというと、

一段落させるにはSVL12000

のような語彙レベルをまず目指しましょう。

そこまで覚えれば英検1級には割と楽に受かるレベルです。

そして、人によってはそこがゴールで、人によってはそこがスタートな場合もあります。

つまり、あなた次第でゴールが変わります。

SVL12000の先

SVL12000まで覚えると、資格試験ならほとんど困りませんが、大半の人はここまで覚え切れません。

英語という言語を本気で攻略したい人が進む道だと言えます。

このレベルになると、雑誌や新聞、ニュースなどで知らない語彙をなくす段階です。

cocaなどの言語コーパスを利用して、3万語くらい覚えてしまえば、単語で困ることはほぼなくなるでしょう。

私自身は、一時期2万語くらいまで覚えましたが、かなり語彙を調べる回数が減りました。

方向性を決めよう

さて、読解をマスターしたいのか、スピーキングやリスニングをマスターしたいのかで方向性は違います。

英語を話せるようになりたい人は、語彙暗記はSVLで一区切りつけましょう。

英会話で使う語彙というのは、SVLで言うと3000までがやはり最も多く使用し、6000まで覚えていれば、ハッキリ言ってノンネイティブでは十分と言えると思います。

仕事で使う語彙や自分の専門によって、使い語彙は変わるので、必要なら覚えればいいし、不要なら覚える必要はありません。

結局、語彙暗記というのは、使うのか使わないのかで、意義は変わります。

ですので、英会話をとことこん突き詰めたい人は、語彙暗記はSVL12000の中で、6000なり、9000なりと目標を決めて、それ以降は会話に集中しましょう。

スピーキングの訓練法

では、スピーキングには具体的に何をすればよいのか。

日本語→英語(口頭で英作文)

これをひたすら毎日行い、あとはオンライン英会話などで訓練するというのが最も効果的です。

すらすら出てくるようになるには、暗記の繰り返しと反復しかありません。

あとで紹介するQuizletやAnkiを使って、毎日訓練して覚え切れば会話でも困ることはほとんどなくなります。

英文法や読解はしっかり頭を使って理解しないといけませんから、暗記だけではダメです。

 

しかし、

 

スピーキングや語彙暗記は「暗記の繰り返しと反復」しかありません。

 

この点を無視して学習している人が非常に多いのです。

語学は圧倒的に暗記です。

その暗記をするには、日々の継続しかありません。

その点はぜひ覚えておきましょう。

また、日→英の訓練というのは、物凄く退屈です。

一人で延々と訓練するのですから、飽きるのは当たり前です。

よって、語学というのは孤独との戦いです。

環境を変える

では、どうすべきか。

英語で仕事をしましょう。

生活の中で英語を使う環境に置くこと最善です。

これでも伸び悩むのであれば、訓練していないのか、環境が悪いのか、学習法が悪いのか、それとも語学へのモチベーションがなくなってきたのか、、、原因を特定しないといけません。

ちなみに、勉強が続かない、学習の仕方を工夫できない人は語学はあまり伸びません。

リスニング

後述しますが、リスニングはシャドーイングで大半の悩みは解決します。

また、リスニングは海外で住む一番の恩恵を得られる技能です。

海外に住める人は、ある程度勉強したら(英検準1級くらい)、さっさと海外に住んで、日本語を話せない友達と英語で生活しましょう。

海外に行けない人は、シャドーイングを徹底することに加え、英文の素材を丸々暗記してしまうことで、英語がすらすら出てくるということを体感するときがあると思います。

つまり、この学習の仕方はスピーキングにも効果があります。

よって、自分が決めた素材を完全に理解して、シャドーイングしまくって、暗記してしまうということに最も時間を使うべきです。

チャンスがあれば英語圏に住む。

という感じでしょうか。

本物の英語リスニングにはPodcast

何かいい素材はないの?という方は、以下のPodcastを使いましょう。

ネイティブだけが話しているPodcastです。

英語関連で一番ダウンロードされているPodcastで、ダウンロード総数は1億回を超えています。以下のリンクから入手できます。

ALL EARS ENGLISH (iOS)

スクリプトは有料ですが、音声は無料でダウンロードし放題です。

英語圏に住みたい方はこれくらいの速度についていけないと、友人があまりできなくて、孤独で帰国したいと思うようになると思います。

リスニングの詳しい訓練法は、下のほうに書いてあるので、もくじから飛んでくださいね(^^)/

ゴールを明確に

先程のSVL12000のように、覚えるべきものが決まっていると人間は頑張れます。

なので、

  1. 単語
  2. 熟語
  3. フレーズ

この3つだけでも使うべきものは決めておくべきです。

この記事では、この3つを解決できる勉強の仕方と素材(英語本・辞書・教材など)を明示していきます。

そして、この3つを解決することを最終ゴールとしますが、

 

そもそもそれ以前の基礎が全然わからない・・・

 

 

英語本を買ってはやめて、買ってはやめての繰り返し・・・

be動詞とか、一般動詞とか・・・

という方にも有益な情報をまとめていきたいと思います。

これに加えて、発音とかライティングとかの概要を書くと、概要が概要ではなくなるので、概要の説明はここまでにしておきます。

以下に、概要のまとめを。

英語学習の概要とか大切なことを先にまとめておくと

ざっとここまでと、この記事の内容をまとめておくと、

  • とにかく語彙はひたすら暗記
  • 日本語と同じレベルで暗記を目指す
  • 100語程度の英文を理解して丸々覚える
  • シャドーイングしまくる
  • 日→英(口頭で英作文)をひたするする
  • 読解を得意にしたいは英文解釈はやるべき
  • 正確に速く読めるようになりたいなら、英文解釈を徹底することと、自分のレベルよりも簡単な素材を多読すること
  • インプットしたら、オンライン英会話などでアウトプット
  • 英文法はもちろんやるべき
  • しかし、英文法がわからないときは、とりあえず例文を丸暗記しておくと、ふと「なるほど、そういうことか」とわかるときがあるので、とにかく覚えるというのも必要
  • 理解できる人は理解を徹底すべきだが、暗記からは絶対に逃げるな
  • 単語はSVL12000とか3万語のリスト(ANC単語頻度準拠 英和辞典)など、各自目標を定めて、毎日ひたすら暗記する
  • 例文は数万例文、目標を決めて、毎日暗記は続ける
  • スピーキングもぶっちゃけ暗記から道のりは始まる
  • 理解は大切だが、暗記も超大切

という感じになると思います。

以下の記事に暗記用の素材をまとめてあります。

【英語の語彙・例文暗記】QuizletやAnkiに使える素材まとめ

QuizletやAnkiを絶対に使おう

まず、一番最初に伝えておきたいのは、単語暗記についてです。

とにかく、語学の習得には暗記が必要です。

しかし、暗記を避ける人がめちゃくちゃ多いです。

暗記を避けて語学習得できるだなんて、あり得ません!

暗記は絶対に乗り越えないといけない壁です。

では、どうすべきか。

解決策を言う前に、実は、英単語って単語帳だけでは覚えにくいんですよ。

覚えられる人もいますが、少数派です。

みなさん悩みます。

単語帳は覚えにくいというか、覚えるにはハッキリ言って最悪の形式なんです。

覚えられないのは当たり前です。

英単語帳は、

  • シャッフルができない
  • 順番で日本語を覚えてしまう
  • 知っている単語を省けない

これらが暗記を阻害する原因です。

では、何を使えばいいのか。

英単語帳はもちろん用意すべきですが、それに加えて、

無料の暗記アプリ

を使って、効率的に暗記を終わらせるのが大切です。

英語は暗記が苦手だと超不利です

語学は性質上、膨大な数の語彙(単語や熟語など)を覚えないといけません。

シンプルに言うと、暗記が苦手な人には不利です。

私は何年も英語塾を経営してきたのですが、暗記が苦手な人ほど英語の成績が悪いというのは、統計的に見ても確かだと思います。

でもですね、原因は頭が悪いから覚えられないのではなく、繰り返しの回数が足りないから覚えられないんです。

単語暗記に苦労される方はとても多いのですが、大半の方は繰り返しの回数が少ないし、やり方も悪い。

暗記の仕方を工夫していないし、そして今後も工夫をしようともしません。

なんなら、一番悪いのは『1、2回単語集を見れば覚えられる』と思っている方さえなぜかいらっしゃいます。

いやいやいや、1、2回見ただけで英単語を覚えられたら、たぶん東大に行けます。

とにかく、反復が足りない人が大半です。

単語暗記は回数が勝負です。

暗記の工夫にはある程度限界がありますから、そうなるとあとは覚えたい単語を繰り返し見た回数が勝負です。

3回、4回でも全然甘いです。

そもそも暗記に回数を決めてはいけません!

覚えるまで繰り返さないといけません。

また、覚えきった後もさすがにたま~~~には復習しないと、少しずつ抜けていきます。

メンテナンスも必要なんです。

一筋縄ではいかないのが言語だと肝に銘じておきましょう。

この単語暗記に関する心構えというか、考え方・姿勢こそが、語学学習では一番大切なのではないかなと思っています。

 

覚えられません・・・

 

ではなくて、

 

覚えるまで繰り返してください!!!

 

数回見て『覚えられません』って人は、まだ何もしていないと同じだと思っておきましょう。

この考え方は本当に大切です。

では、何を使うといいのかを確認していきましょう。

QuizletとAnkiで繰り返し・復習の負担を減らす

個人的にイチオシなのが、QuizletとAnkiという、暗記補助アプリです。

特にQuizletは基本的に全て無料です。

有料版もありますが、月数百円です。

AnkiはAndroid版パソコン版は無料で、iOS版が有料です。

本当に絶対に使ったほうが良いのですが、Quizletなどは何が凄いのか。

  • 自動発音のオン・オフの切り替えができる
  • 知らない単語に☆を付けて管理できる
  • ☆付きの単語だけを復習できるモードがある
  • シャッフル機能がある(無限にシャッフル可能)
  • 自分の覚えたい単語集などを学習できる
  • 他人が作った単語カードを使うことができる(打ち込み不要)
  • ExcelやWordから一気に単語カードを作成できる
  • 手打ちでの自作時も楽々作成可能

などなど、物凄い数のメリットがあります。

特に、☆機能が便利です。

いたって普通の機能なのですが、

自分の知らない単語に絞って学習できるのがメリットです。

毎回毎回すべての単語を確認していたら大変です。

やはり、覚えていない単語だけを何度もシャッフルをして確認したいですよね。

そのどちらも可能なのがQuizletです。

しかも、単語を打ち込むだけで音声も利用できちゃいます。

詳細はこちらの記事をぜひ読んでみて下さい(^^)/

英単語学習/暗記はアプリ『Quizlet』が最強!使い方と説明単語暗記の最強のアイテム! 『Quizlet』 をご紹介したいと思います。 Quizletは全世界で使われているオンライン上のフラ...

単語を書く必要はない

あと、これも先に伝えておきたいのですが、『書く』のは効率的だとは言えません。

効果的かもしれませんが、効率的ではない。

なぜかというと、書いている間に、何度も同じ単語を見たり、他の複数の単語を確認することが可能だからです。

つまり、費用対効果、コスパが悪いんです。

効果はありますが、『書く』という行為は時間がかかり過ぎます。

なので、目で見て音読、自動読み上げの音声を聞いて真似ることを優先すべきだと考えます。

そういった点で考えても、先ほどのQuizletを英単語学習のメインに据えるのは、物凄い効率的で効果的だと考えます。

単語暗記を徹底すべき理由

日々英語を教えていて感じるのは、語学の初心者の方にとっての壁は、圧倒的に

 

【語彙暗記】

 

です。

私みたいに大学受験英語なんかを主に教えていると細かい部分ばかりに目が行きがちですが、受験英語をちゃんと理解できる層は圧倒的少数(データは各社の模試の結果を見れば一目瞭然)なんですよ。

大半の方は暗記が足りません。

確かに英文法や受験英語などの知識があると、本当に役に立ちます。

威力は半端ないですよ。

私がTOEFLiBTのリーディングで満点を取れるようになったのは、受験英語の本で英文解釈ばかりしていたからです。

正確に素早く読めるようになる。

しかしですね、

世間一般の大半の方は、

  • 仕事で忙しい
  • 家族サービスで忙しい
  • お金をかけられない

の3点セットなので、単語も文法も解釈もリスニングもライティングも英会話も・・・なんて理想論です。

そもそも、大学受験英語等の指導って、猛烈に勉強した先生方が教えていますよね。

プロの方が毎日勉強した内容をどうやって独学で身につけられるのでしょうか。

もし一人では無理だからと言って習おうとすると、予備校では1講座数万円しますし、通年講座はもっとします。

マンツーマンなんて、ちゃんとした方に習うなら1時間1万円近くは飛びます。

それって大人になってから可能なんでしょうか。

大半の方はそんな予算は無いと思うので、独学ではないでしょうか。

社会人に教えていて、いくらでも英語学習にお金を払える・・・みたいない人には会ったことがありません。

つまり、語学なんてのは目的に応じて捨てるところは捨てたほうが良いです。

理想は全部やりたいところですが、人生は短い。

もちろん、趣味でやっている人は好きなようにやればOKですが、時間が無くて困っている方は、英語の専門家の理想論に振り回されないようにしましょう。

大半の方はTOEICもセンター試験すらも高得点を取れません。

よって、絞って勉強するなら

【徹底的な語彙暗記】が安くてリスクが低い

のでおすすめです。

語学はですね、語彙がわかるだけでもざっくりはわかります。

でも、大半の人は単語がわからないからやる気が出ないのではないでしょうか?

もし受けたい試験のほぼ全ての単語の意味がわかったら、少しはやる気出ませんか。

単語を知っていれば自然と文法に意識が行くだろうし、もし意識が行かなければ、それはそれでいいと思います。

必要な語数は?

センター試験で困らない程度の英単語の語数って、アルクさんのSVL12000でいうと約5000語程度だそうです。

語彙のレベルをリストにすると、

  • 高校入試/英検3級
  • センター試験/英検2級
  • TOEIC/英検準1
  • 英検1級
  • TOEFL/IELTS

という感じです。

下に行けば行くほど、覚えるべき語彙の量が増えます。

大半の方が目指す英語力って、英検3級とか、2級程度ですよね?

つまり、訳5000個は覚えないとセンター試験レベルでも知らない単語が出てきます。

TOEICだとさらにプラスで、TOEFL/IELTSだと1万語以上は覚えないと辛いです。

つまり、

資格試験突破や高得点を目指す場合、大半の方は

 

圧倒的に語彙暗記が足りてない

 

というのが実情です。

語彙暗記はリスクが少ない

語彙の暗記はお金がかかりません。

そして、覚えるだけなので、すき間時間にコツコツ繰り返すだけでOKです。

できれば、

  • 品詞を覚える
  • 語法も確認しておく

などもすると、本格的な英語学習に入るときに武器になります。

本当に初心者の人はまずはこの記事

本当に初心者の人は、まずこの記事に書いてあることを実践してみましょう。

発音・単語・文法が最重要事項です。

また、単に文法を理解するだけではなく、アウトプットを意識して学習することで、中学レベルだけでもかなり英語を話せるようになります。

英語超初心者のための3ステップ【本当にゼロからの人用】

辞書の使い方

辞書の使い方は4ステップ!効率的・効果的な引き方とおすすめ辞書

英語の入門知識編:まずはここから理解しよう。

発音

発音に関しては、こちらの記事にまとめてあります。

発音の独学勉強法

こちらの記事もぜひ読んでみてください。

発音矯正はできるだけ早くに受講しよう!使える英語を目指して

科学的な英単語の覚え方

2019年の4月にとてもいい本が出ました。

個人的には必携の本だと思います。

英単語学習の科学です。

「こう覚えなさい!」という本ではありませんが、英単語の暗記の最新の研究をまとめてくれています。

著者の中田先生は、第二言語習得とコンピューターを使った外国語学習の専門家で、法政大学の準教授をされている方です。海外の大学で応用言語学の博士号も取られていますから、信頼度はこの上ないでしょう。

ちなみに、私が大学院に在籍していた時の専攻も「第二言語習得」でした。

この本をじっくり読んで、どうすれば英単語の暗記が効率的なのか、効果的なのか、自分が非効率な学習をしていないか確認しておきましょう。

英単語というのは、日本語もそうですが、ハッキリ言って無限です。

英文法は『総合英語』という文法書を一冊頭に入れてしまえば、そこまで困りません。

一方、英単語は覚えては忘れを繰り返しますし、難しい単語はいくらでもあるので、覚えても覚えてもキリがありません。

経験上、だいたい2万語ほど覚えると満足できるレベルに達し、3万語ほど覚えると小説などもかなりスラスラ読めます。

やはり語彙力は多ければ多いほどいいのですが、効率が悪いとか、効果的な暗記法を実践しないと、何万語も覚えるにはいくら時間があっても足りません。

効率的かつ効果的な方法を科学の力を借りて実践していくために、専門家の書いたこの『英単語学習の科学』は間違いなく有益だと考えます。

語学学習も勉強が得意な人が有利です。

なので、こういった専門書からわかることを自分なりにまとめて、工夫できる人じゃないと語学を身につけるのは至難の業だと思います。

少し難しい本ですが、何度も繰り返し読むことをおすすめします。

また、小中学生や大学受験生がいるご家庭の保護者の方にもおすすめの本です。

自分のやり方が本当に科学的なのか、ちゃんと検証してから、お子さんの勉強のアドバイスをしたほうが得ですから、そういった方にもおすすめの本です。

おすすめ英単語帳&カード、そして英熟語帳

2019年の6月にこの単語集が出たことで、勉強がとてもしやすくなりました。

初心者の方は、まずこういうレベルの本を目標にしましょう。

高校入試 でる順ターゲット 中学英単語1800 四訂版

この本の単語カードも合わせて発売されました。

単語カードのメリットは、知っている単語を省いて、知らないものに専念できることです。

高校入試 でる順ターゲット 中学英単語 暗記カード

この記事で先ほど紹介した「英単語学習の科学」でも単語カードは非常に効果的だと説明されています。

私の大学院時代の研究テーマの一つが、単語カードでの暗記だったのですが、単語カードは本当におすすめです。

ただし、自作するのは時間の無駄です。

市販のものを買って「覚えることに」専念するのが効率的なので、ぜひこういった市販のカードをどんどん活用していきましょう。

以前はディズニーorスターウォーズの英単語カードをおすすめしていましたが、このターゲット英単語が出たことで、こちらも使っていくといいと思います。

ターゲットのカードは枚数が少ないのが特徴です。

枚数の多いカードを買いたい人は、ディズニーやスターウォーズのカードも買っておきます。

個人的には、アプリがあるので、ターゲットを先に使って、あとで総仕上げとしてディズニーやスターウォーズを使うといいと思います。

無料のスマホアプリも使える

また、ターゲットは無料のアプリが使えます。

発音やアクセントが確認できるため、リスニングやスピーキング学習の基礎になります。

この点は他の単語帳や単語カードとは大きく差があると考えて良いでしょう。

単語帳・単語カード・単語アプリの三つをセットで使い込みましょう!

しかも、このシリーズはその他の科目、理科や社会のシリーズもあり、小中学生には非常におすすめできるシリーズです。

熟語編も使おう!

さらに、ターゲットは熟語編もあります。

熟語編は、難しい単語を覚える前にぜひ確認しておきましょう。

英語は、動詞の「語法」や動詞の熟語、動詞句というものが得に大切です。

実際の英語の長文を読んだり、実際の英会話では、基本的な語彙や基本動詞と前置詞を組み合わせた熟語などがよく使われます。

しかし、英単語の暗記だけでは熟語が抜けてしまうことが多いんですね。

なので、必ず、どこかのタイミングで一気に確認しておきましょう。

見たことがあるだけでもとても効果的です。

『あ、これって熟語なんだ』と知っているだけで、出会ったときに気付けるようになります。

英単語のシリーズ同様、ターゲットの英熟語シリーズも、英熟語帳(本)、英熟語カード、英熟語アプリが使えます。

3つセットで使って、一気に確認しておけば、かなりレベルアップが期待できます。

公立高校入試を考えている人は、夏休みには単語も熟語も終えておきましょう。

具体的な単語の覚え方

特に、中学レベルの単語は一気に覚えたほうが効率が良いです。

英会話を目標としている人は、中学レベルだけでもかなり話せるようになります。

会話中心で勉強したい人は、無駄に資格試験の難しい単語を覚えるよりも、一気に中学レベルを覚えて、あとは発音・文法・会話に専念するというのがベストだと思います。

単語カードを使った具体的な覚え方は、以下の記事にまとめてあります。

効率的な「単語の覚え方」とその理由

 

品詞を覚える

単語学習時に気をつけて欲しいのが、品詞です。

英文法は品詞で分類されています。

単語の品詞を覚えないとずっと伸び悩むことになりますから、必ず理解しておきましょう。

品詞を覚えるべき3つの理由と学習法

英文を正確に読めないで悩んでいる人はこちらの記事で紹介している本がおすすめです。

『英語を正確に読むための基礎固め・英文解釈超基礎におすすめの本』

中学英文法

中学レベルの英文法を完璧にしていると、高校レベルやTOEICの文法は楽勝で終わります。

中学レベルという名前に騙されてはいけません。

中学レベルで習う文法事項が一番大切な基礎であり、深くまで理解しておかないといけないということをしっかりと認識しましょう。

【中学生のための英語勉強法】つまづく時期とその予防法と解決策

英語の基礎知識編:一般人より詳しいレベルに到達しよう。

前置詞を極める者は英語を極める

英語は「前置詞+名詞」がが30~50%占めているのを知っていますか?

「英文の中に前置詞が入っていない」ほうが少ないくらいなのですが、なぜか放置か苦手にしている人が多いのが前置詞です。

コツコツでいいので極めておいたほうがいいよ、というのが前置詞です。

前置詞は長文でも熟語でも必ず出会うから、ちゃんと極めておこう!

5文型を極めよう!

5文型は以下の表を活用して理解を深めてみてください。

この表に当てはめながら、総合英語などの例文を組み立てる訓練をするとよいです。

また、総合英語や文法書で5文型を勉強するときも以下の表を使いながら勉強をすると、だいたい理解できると思います。

文構造を理解しながら単語を覚えられる本はこちら

「高校入試 世界一わかりやすい中学英単語」は文型も学べるぞ!

 

5文型の例文集は以下のページにまとめてあります。

5文型の見分け方、例文まとめ、問題演習。なぜ必要なのか徹底解説

アクセントはルールを学ぶと楽になります。

NextStage(ネクステージ)のまとめがとてもわかりやすいです。

アクセントについてはこちらのページにまとめてあります(工事中)。

英語の初級知識編:スキルアップしつつ、やる気を維持しよう。

英語学習の方向性を決めよう。

話せるようになりたいのか。

それとも資格試験で点数を出したいのか。

方向性が明確じゃないと英語沼にはまることになります。

独学で英語を勉強するなら方向性を決めておいたほうがいいよ、という話

英語のカテゴリ別知識編:どのジャンルを攻めますか?

語法の独学勉強法

語法とは、

  • thank 人 for 理由
  • blame 人 for 理由
  • admire 人 for 理由
  • criticize 人 for 理由
  • punish 人 for 理由
  • get A from B
  • gain A from B
  • derive A from B
  • hide A from B
  • hinder A from B

など、動詞の後ろの形は一定のルールがある程度あります。

語法はある程度まとめて覚えたほうがよいです。

メリットは、

・長文を読むのが速くなる

・英文の次の形を推測しながら読めるようになる

・英作文がより正確になる

などがあげられます。

目を通しておくだけでも十分効果のある分野なので、気になったときに何度か勉強しておきましょう。

英語の語法おすすめ参考書

語法はメインが2つ・サブが2つという感じです。

  • メイン① 動詞の語法
  • メイン② 形容詞の語法
  • サブ① 名詞の語法
  • サブ② 副詞の語法

そして、ほぼ全てに前置詞が絡んできます。

ですので、前置詞が苦手だと英語が得意になることはないでしょう。

つまり、前置詞は避けることができませんし、最初のうちに得意にしておくのが望ましいです。

語法解説が詳しく、あとでも使える本だと、総合英語の『Vision Quest 総合英語 Ultimate』がおすすめです。

『英語コロケーション辞典』(小学館)は英語学習初期からコツコツ読んでおくのがいいと思います。

一冊だけ・・・という場合は、『成川の深めて解ける英文法 INPUT編』に付属している別冊の要点ハンドブックを使いましょう。そのPART1を読み込んでおくといいと思います。

語法に慣れてくると、「この動詞とこの前置詞って関係あるかも・・・」のように勘が働いてくるようになります。

そうなったらもう勝ちみたいなもので、辞書などでコツコツ確認していけば定着します。

英語講師になりたい人は、四大品詞(+α)別に、語法をエクセルなどにまとめておくといいと思います。

「英語の語法」に関するおすすめ記事

こちらの記事にまとめてあります。

語法の独学勉強法

英文法の独学英語勉強法

英文法は総合英語を最終ゴールとして、1冊極めると良いです。

しかし、最初のうちはかみ砕いて解説してある『理解本』を使うのもよいでしょう。

英文法の独学勉強法

英単語の独学勉強法

単語の効率的な覚え方をまとめてあります。

単語は一度見るだけでは覚えられません。

・1単語1秒で見ていき、光速で1冊回して、それを10-20周くらいするといい

・単語カードを高速で回す

などなど色々とやり方があります。

以下の記事をどうぞ。

英単語の独学勉強法

英単語帳おすすめ15選

こちらの記事におすすめの英単語帳をまとめています。

英単語帳はある程度中身の質が高ければ、どれを使っても構いません。

しかし、レベルが合っていないと苦労すると思うので、その点は気を付けましょう。

英単語帳 おすすめ15選【中高大学受験・英検・TOEIC等】

英熟語の独学勉強法

問題演習しながら覚えられる以下の本がおすすめです。

正攻の英熟語1000|おすすめ英熟語集|学びエイド代表の本

 

長文を読みながらだと以下の本がベストだと思います。資格試験にも役立つと思います。ピッタリ

英熟語って、どれくらい覚えればいいの?大学受験・英検・TOEIC

 

受験の英熟語に対する戦略はこちらの記事をどうぞ

「伊藤和夫の英語学習法」の感想と勉強法について

リスニングの独学勉強法

リスニングの練習は聴くことだと思っていませんか?

リスニングというのは複合的な技能が必要で、たくさん聴くだけでは聴けるようにまずなりません。

私自身も二十代後半でリスニングを始めてかなり苦労しましたが、リスニングの本格的な訓練を始める前に、以下のことをまずはある程度終わらせましょう。

  1. 中学レベルの単語を覚える
  2. 基礎的な文法を理解する
  3. 音の連結と脱落のルールを理解する

リスニングを伸ばすにはシャドーイングが一番効果があります。

シャドーイングについては以下の記事にまとめてあります。

シャドーイングがリスニングに効果的!その理由とやり方と勉強法

シャドーイングをするのにおすすめの本

シャドーイングはネイティブの自然な英語で訓練するのがベストです。

ナレーターが吹き込んだ英語だと、あまり自然とは言えません。

人間は息継ぎをしたりするので、英語本の音源のようには話さないんですね。

中上級者用ですが、以下の本がおすすめです。

内容も知的で興味深いものが多いです。

「英語で聞く知の最前線」でシャドーイングがおすすめ

『1000時間ヒアリングマラソン』ってどうなの?

実際に使ったことがあるので、言及しておくと、ヒアリングマラソンは間違いなく効果的だと思います。

ヒアリングマラソンは確かに一括で買うと高いのですが、一般の高価な英語教材とは全く違います。

何が違うかと言うと、

 

ヒアリングマラソンは月刊誌のまとめ買いだと思ってください。

 

1冊ずつの値段は普通の英語本とほとんど変わりません。

なので、普通に安いです。

まとめて買うから高いと思うだけです。

なのに間違いなく質が高いので、ある程度の英語力があって、(内容に面白みはない)TOEICなどを継続できない人にはとてもおすすめです。

1000時間ヒアリングマラソンについては、以下の記事にまとめてあります。

1000時間ヒリングマラソンまだ使ってないの?レビュー&買いか「ヒアリングマラソン」はアルクさんが出されているリスニング強化用の教材です。 一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 使ってみ...

独学で英語を話せるようになるには

英語を話せるようになるには、口語英語にいち早く慣れるのがベストです。

文法はどうせどこかのタイミングでコツコツやるしかありません。

では、読解ばかりしていて流暢に話せるようになるのかと言うと、確かに綺麗で教養あふれる英語の使い手にはなりますが、

 

物凄い時間がかかります。

 

みなさん、そんな時間はありませんよね?

(もちろん、時間がある人は読解にも力を入れましょう)

 

では、流暢性を高めるには、簡単な単語で会話ができるようにすればいいだけの話です。

会話と読解では使われる語彙の差があり過ぎます。

会話なら会話に絞って勉強したほうが、

圧倒的に暗記量が少なくて済みます。

話せるようになったら、自分の興味の引かれることを勉強すればいいだけのことです。

読解なり、文法なり、ライティングなり、です。

 

読解も英作文も、どれもとっても技術なので、かなりの時間の投資が必要になります。

 

スピーキングにおすすめの教材

私自身は、最近はYouTubeをメインに使っていますが、やはり本が使いやすいですよね。

本の形式なら以下のような本が良いです。

『The Avengersで英語が話せる本』

こういった本は映画のクリアな音声もあるし、本でスクリプトも確認できます。

スクリーンプレイというシリーズもこの本と似たような構成なのでおすすめです。

その他の、スピーキングの話は以下の記事がおすすめです。

スピーキング/英会話の独学勉強法

英作文の独学勉強法

英作文は、英文法の学習時に使う例文で練習するのが最初のステップと言えます。

  1. 「総合英語」と言われる英文法の参考書をの例文を理解する
  2. 理解した英文を和訳をできるようする
  3. その和訳から英語に戻せるようにする
  4. 単語を入れ替えて自分の言いたいことを表現できるようにする

この4つのステップで、ある程度は自分の言いたいことを言えたり書いたりすることはできるようになります。

なので、文法書以外に、英作文用の特別な本は学習の初期には必要がありません。

強いて言うなら、ロイヤル英文法の別冊英文集などを追加で使うのは悪くありません。

中学レベルからスタートする人は

中学英語から学習する人は、最初から総合英語を使わずに、中学レベルの英文を口頭で正確に言えるようにしましょう。

最初のころは書いて練習しても構いませんが、基本的には口頭で練習すると時間を節約できます。

中学レベルの本で例文集として使うのであれば、

  • 瞬間英作文(青)
  • コーパス口頭英作文
  • New Treasure(学校教科書)
  • マイクリア(教育開発出版・塾教材)
  • 新中学問題集(教育開発出版・塾教材)

こういった英文法別にリスト型になっている本をドリルなどと並行して、苦手分野を減らしていくのがおすすめです。

もちろん、Grammar in useなどでもOKです。その場合、自分で基本例文を抜粋して、分野別の暗唱例文集をexcelなどに自作するとよいでしょう。

また、「自分は大丈夫」と思わずに、一度は基礎をしっかりと確認し、知識の網羅性を確保したほうがメリットが大きいと考えます。

焦って急いで高校レベルの教材をやらずとも、中学レベルで英会話で使う英文法はほぼほぼカバーできます。

中学レベルを極めるだけで英文法の理解は十分に深まるので、まずは中学英文法に専念しましょう。

大学受験・英検準1級の基礎レベル

「新・英作文ノート」のドリル部分(表現ノート)が下知識の暗記用に使えます。まずは表現ノートを覚えましょう。

表現ノートで分かりにくい部分は、「Vision Quest 総合英語 Ultimate」の

  1. 2章
  2. 「動詞の語法」

の2つを読んでおきましょう。 

このレベルでは、すでに総合英語の例文レベルは書けるということを前提とします。

なので、「Vision Quest 総合英語 Ultimate」などの例文程度の英文をスラスラかけない人は、まずはそのレベルを完璧にしましょう。

闇雲に勉強しても仕方ないので、英文法の知識の網羅性を高めつつ、英作文の基礎を固めるようにしましょう。なので、総合英語の基本例文を使って英作文の訓練をするのが理にかなっていると考えます。

大学受験レベル・短文レベル

「竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本」がおすすめです。

この本はどういった表現が良くないのか、どういった表現なら許容範囲なのか、細かく教えてくれる本です。

ただし、分量が多いので、まずは例文の解答の1つだけを丸暗記するとよいと思います。類題は後回しにしましょう。最後の二問も難しいので、最初のうちは読むだけでOKです。

例文を完璧にしたら、原則に書いてある赤文字の例文を書けるようにしましょう。

こういった作業もできる限り口頭で行うのがベストです。時間の節約になります。

最終ステップ

タイミングが難しいところですが、大学入試や英検準1級を狙うレベルになってきたら英作文問題完全制覇を1冊使えば十分です。

準1級と1級がありますが、大学受験の人は準1級を。

それ以外の人は最初から1級だけに集中でいいと思います。

できるだけ手を広げずに、とにかく1冊と心中するつもりで完璧にしましょう。

それだけでTOEFLの英作文でも満点を狙えます。

ただし、量がが多いので、コンテンツブロックのところは飛ばして・・・実践問題の30題だけにまずは専念しましょう。

agree /disagreeの両方があるので、60の模範解答がありますが、まずは片方だけでOKです。つまり、30個の自由英作文ですね。

30個を日本語を見て英語にできるようにするだけで、英検準1級ならほぼ合格レベルです。

大学受験の場合は、大学によってはここまでは必要ないので、学習すべき内容の取捨選択が必要です。その取捨選択も大学受験で磨かないといけないスキルの1つです。

以下の記事でおすすめ2冊の特徴を紹介しています。

英検®1級英作文/ライティング対策とおすすめ参考書

英文解釈の独学勉強法

英文解釈のおすすめ本

苦手な人は『高校英文読解をひとつひとつわかりやすく。』をおすすめしておきます。

版が大きく、解答解説が詳しい本なので使いやすいです。

また、2019年7月に決定的な本が出ました。

この本は、本格的に正確に英文を読んでいきたい人にとっては必携の本だと思います。

先程の「英文読解ひとつひとつ」の次に使うのがいいと思います。

入門英文問題精講 4訂版

 

このシリーズが気に入った人は入門英語長文も新しくなり、解説が詳しいのでおすすめです。

この本のあとに、同著者(竹岡広信)の英文熟考(上)(下)と勉強してしまえば、あまり難しい英文で詰まることがなくなるでしょう。

(上)まででもセンター試験の英文なら、あまり困ることが無いと思います。

なので、英文熟考の下巻に行く前に、センター試験レベルの長文を正確に素早く読めるようになるまで、徹底的に精読を繰り返すといいと思います。

また、こういった英文解釈本に書かれている文法事項は、ほとんどが総合英語などの文法書や辞書に書かれています。

ですので、必ず総合英語などに立ち返りましょう。

英文解釈の超上級者

超上級者にはこの本がおすすめです。

大学受験生には不要だとは思いますが、偏差値が80くらいでやることがない人にはいいでしょう。

予算的な都合で「英文解釈教室」と迷う方は以下の本を優先して買いましょう。

英文解体新書: 構造と論理を読み解く英文解釈

解体新書の凄いところは、

  1. 紹介されている英文が非常に新しい
  2. 英文の難易度が☆で示されている
  3. 大学受験を超えた英文を中心に紹介されている

その他、英文解釈については以下の記事にまとめてあります。

英文解釈の独学勉強法|読解の最重要項目!演習問題と解説動画付き

長文の読解速度を上げるには

速読|長文の読解速度を上げる英語学習ツールはストップウォッチ!

英語長文の独学勉強法

ステップ別に学習していくことをおすすめします。

長文の学習は難しいところで、大半の方は実は誤訳をしています。

かといって全く読まないと読めるようにはなりませんから、単語と英文法がある程度身についてきたら学習を始めましょう。

ステップ1

問題演習と長文読解に関しては『中学英語レベル別問題集』をまずは使うといいでしょう。

中学レベルの英語長文問題集は構造解説があまりされていません。

しかし、学習初期から文法構造上の「カタマリ(句や節など)」に視覚的にだけでもいいので慣れておくべきです。

構造解説については「世界一わかりやすい中学英単語」などを時折読んで、英文の構造がどのようになっているのかを体感しておきましょう。

このレベルで困っている人は「スタディサプリ」などを活用しましょう。

ステップ2

ステップ2では、英文の構造が明示されているものを必ず使いましょう。

わからない時に自分で悩んで、しかも、間違えたまま理解してしまうことが結構あります。

しかも、間違えていることに気付いていません。

以下のようなシリーズが構造が全て書かれているので、とても使いやすいと思います。

どれも解説が詳しいのですが欠点もあります。

スピード英語長文は白文がありません。

ハイパートレーニングは白文が付いていますが、白文の文字が小さいので拡大コピーして使いましょう。

ステップ3

・センター試験の過去問

ステップ4

「ここからはじめる理系英語」は絶版ですが、書店に置いてあることあるので、見つけたら買いです)

出る出た英語長文については、以下のページにまとめてあるのでぜひ読んでみてください。

「出る!出た!英語長文18選 上級編」レビュー』 

英語の便利ツール編:持っておきたい必須ツール

どうせ後で買うことになると思うので、まずは形から入りたい人は以下を参考にしてみてください。

独学英語学習三種の神器(辞書アプリ、iPad、Audipo)

もし英語学習用に使わなくても、辞書は旅行に使えますし、アプリは無料ですし、iPadは読書やインターネット用に使えるので、あって損することはありません。

英文法・語法 知識編

英文法を解説した記事まとめです。

最近は、動画もセットで記事を作り始めているので、動画とブログセットで活用してみてくださいね(^^)/

英語学習法

なぜ前置詞と接続詞を優先して覚えるべきか

品詞を覚えるべき3つの理由と学習法

文法用語って覚えたほうがいいの?

実は・・・、総合英語に学校や予備校で習う文法事項はほとんど書いてあるよ

単語の意味だけ覚えて、前置詞+名詞カッコでくくって満足するな!

品詞

this [これは] とthis+名詞 [この〇〇] のポイントは4つ!

代名詞の活用とそれぞれの使い方を理解しないとつまづくよ|英文法

5文型

『There VS 構文』be動詞以外の動詞まとめ

自動詞か他動詞か、区別・判別できるようになる方法

『自動詞』まとめ!前置詞もセットで覚えよう

間違いやすい『他動詞』まとめ(目玉あるある)

SVOOがなぜ大切なのか+4文型(SVOO)をとる動詞まとめ

5文型[SVOC] 使役動詞/知覚動詞/keep, leave, findの語法

動詞の語法

動詞の語法まとめ|動詞は後ろの形も大切!前置詞は必須知識です

①SV人 of ~ ②SV人 to V ③SV人 that節を全部とれる動詞まとめ

sayの主要な語法+一緒に覚えたい動詞

動詞”marry”の形を確認しよう!

『話す』を表わす動詞 speak, talk, say, tell

askの語法まとめと例文

seemとappearは3パタ―ンで頭を整理!

時制

進行形にしない動詞(状態動詞)まとめ

完了形

現在完了形とは?【動画で全解説シリーズ】

不規則動詞変化表【中学生・高校生・浪人生・社会人やり直し用】

助動詞

助動詞はまず推量を覚えよう!

“might well V”と”might as well V”の区別の仕方・訳の覚え方

仮定法現在「提案・命令・要求・主張」を表す動詞

受動態

中学レベル英語 受動態で間違いやすい問題の考え方・解き方

受動態(受け身)問題演習 #1 ~動画付き~

不定詞

tough/タフ構文は形容詞とtoVの話|名詞が欠けるから頻出

繰り上げ構文は「to V ⇔ that節」の話(不定詞と接続詞)。

動名詞

動名詞(Ving)のみを目的語に取る動詞のまとめ[覚え方]【暗記用】

to Vではなくto+Ving/名詞をとる表現

不定詞 vs 動名詞

動名詞(Ving)と不定詞(to V)をとる動詞まとめ

関係詞

関係詞を楽勝で理解できる方法!小中学生・英語やり直し組必見

関係代名詞か関係副詞かを見抜く方法&解く手順

前置詞+関係代名詞|暗記しておくと楽なパターンまとめ

仮定法

仮定法現在「提案・命令・要求・主張」を表す動詞

否定

『否定』を強める英語表現まとめ

否定語を使わない英語の「否定表現」まとめ【例文付き】

強調

『否定』を強める英語表現まとめ

倒置

5文型の倒置は3タイプ|頻出8パターンをご紹介

5文型の倒置②|動詞が前に出るパターン

not… until「~してはじめて」は3ステップで理解できるよ。

amongで始まる文の注意点とポイント

省略

英語の省略は大きく分けて2つ

省略される (in) まとめ

接続詞

なぜ前置詞と接続詞を優先して覚えるべきか

接続詞は大まかに3つ!で頭を整理

時・条件の副詞節を作る『接続詞』まとめ

接続詞『as』は6つ覚える!覚え方・使い方・例文まとめ

接続詞『if』の代わりをする語彙9つ【暗記用】

as soon as『~するとすぐに』の接続詞はまとめて10個覚えよう!

whenの意外な意味と用法

前置詞

なぜ前置詞と接続詞を優先して覚えるべきか

前置詞まとめ一覧

「ネイティブはこう使うマンガでわかる前置詞」デイビッド・セイン

単語の意味だけ覚えて、前置詞+名詞カッコでくくって満足するな!

疑問詞

疑問詞にも品詞があるぞ~!まず3つ暗記【名詞/形容詞/副詞】

名詞

常に『複数形』で使う慣用表現まとめ

単複同形=単数形と複数形が同じ形の『名詞』まとめ

複数形になると意外な意味をもつ『名詞』まとめ

有名な『不可算名詞』・数えられない名詞まとめ

『料金・お金系』の英単語まとめ

宿題『homework』の使い方

代名詞

this [これは] とthis+名詞 [この〇〇] のポイントは4つ!

代名詞の活用とそれぞれの使い方を理解しないとつまづくよ|英文法

『再帰代名詞』を含んだ慣用表現まとめ

形容詞

まぎらわしい『形容詞』まとめ

語順・副詞

【形容詞+a+名詞】の語順になる表現 (as, so, too, how, this, that)

多義語

多義語『appreciate』の覚え方・使い方・例文まとめ

英語の構造把握・英文解釈ができるようになったら読む本

難関大志望の人は絶対に読んだほうが良い本です。

難しいです。

しかし、長文を読むときに何を考え、何を意識すればいいかわかりまs。

また、背景知識や英語の論理展開、頻出の英文テーマの知識が深まります。

難関大に行きたい人は絶対買ったほうがいい1冊です。

「絶対」という言葉はなかなか使いませんが、この本はおすすめです。

以下の記事におすすめする理由を詳しく解説しています。

「登木 難関大英語長文実況中継」を解説できるレベルを目指そう

投資できる人の英語勉強法

独学の最大の敵は自分です。

長期間モチベーションを維持するのは至難の業です。

私自身も野球の金本やイチロー、サッカーのキングカズのように、現役生活を長く続けられていてる人がどれだけ凄いのか、理解しつつあります。

語学を超一流のように続けられる人は本当に一握りです。

大半の人は、国内で熱意を保ち続けるのは難しいです。

私自身も英語のパーソナルトレーニングをしていますが、パーソナルの大手企業はケアが手厚いです。

お金に余裕のある人は、プロに頼んで一気に英語力を上げたほうがいいかもしれません。

何事も短期集中のほうが結果が出やすい

また、短期集中で勉強したほうが結果を出している人が多いと思います。

https://twitter.com/YSK_NMR/status/1056862759797673984

勉強法が合っているのかどうか悩むよりも、他人に引っ張って行ってもらって自信をつけてから、自習中心の勉強に戻ったほうが良いかもしれません。

以下におすすめの英語パーソナルトレーニングを紹介しています。

英語に投資できる人は、自分がある程度満足できるレベルになるまで、プロに頼んだほうが手っ取り早いと思います。

個人的にはProgritさんがおすすめです。

コストはかかりますが、1年続ければかなり変わると思います。

英語パーソナルトレーニングジムまとめ|メリットデメリットと勉強法

資格試験の独学英語学習法

英検の独学勉強法

英検記事はたくさん書いているので、好きな記事をどんどん読んでみてください。

長文記事が多いので、使える部分はかなりあると思います。

英検1級準1級2級準2級3級5級

英検〇級合格までにかかる時間は?

英検合格には品詞を覚えるべき3つの理由

英検1級対策におすすめのThe Economistとスマホアプリ

英検対策ができるオンライン英会話5選

TOEICの英語学習法

TOEICは短期集中で勉強して985点を取りました。

TOEICのような資格試験は一気に攻略して、自分に必要な英語力を上げることに専念したほうが個人的にはいいと思っています。

また、仕事で英語を使う人は、TOEICだけに絞るのも悪くありません。

TOEICに出てくるフレーズは、日常生活や仕事で使えるフレーズが非常に多く詰まっています。

特にPart3や4の内容をすらすら英語で話せるのであれば、日本国内だと超上級者です。

超難解な英文は時間をかければ読めますが、話すことは即興性が強いため、毎日の訓練が必要です。

その訓練の素材としてTOEICに絞るというのは戦略的にあるだと考えます。

TOEICの攻略法については、以下の記事にまとめてあります。

TOEICの独学勉強法|本当にゼロから990点までを徹底解説

TOEFLの独学英語学習法

TOEFL®iBT tests 100点超えできる勉強法

タイプ別の独学英語学習法

小中高校生から、大学生、社会人など、タイプ別の英語勉強法をまとめました!

英会話初心者の勉強法

この記事を参考にしてみてください。

スピーキングに特化するなら、レベルを絞ったほうが効率的

英会話初心者が陥りやすい罠は、TOEIC900や英検準1級などをめざすことです。

英語を「話す」だけに特化するなら、資格試験にこだわらず、基礎文法と単語、そして「話す」ことに専念したほうが良いです。

上の記事は、それを解説した記事です。

オンライン英会話の勉強法

オンライン英会話はネイティブキャンプが断然イチオシです。

・年中無休24時間使える

・授業受け放題

・予約不要ですぐ受講できる

・英検やTOEIC対策ができる

・ビジネス英語などのテキストが出版社と協賛しているので、質が高い

などなど、上げればキリがありません。

企業としても伸びているので、今後さらにサービスの質が高くなっていくと思います。

以下にまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

オンライン英会話ネイティブキャンプを使ってスピーキングを攻略!

大学生の独学英語勉強法

大学生はどうせ就活でTOEICが必要になるんだから、早めに始めておこうぜ!って記事はこちらです。

短期で攻略したほうが良い理由と、勉強のコツを書いています。

TOEICは大学生の間に短期集中でサクッと終わらせておこう

高校生・大学受験生のための独学英語勉強法

私は大学受験の塾や予備校で英語力を高めてきたので、大学入試の勉強法が専門と言えるかもしれません。

ただし、勉強法は大学受験に限っての内容なので、その点はご留意ください。

こちらの記事ではスタディサプリの関正生先生の英語本のレビューをしつつ、自分の英語勉強法について書いてあります。

とても長い記事なので何かしら発見があると思います。

スタディサプリ関正生の英語勉強法本と自分の学習法を比較してみた

中学生・高校入試の勉強法

大学受験で結果を出すタイプ

これまで数えきれないくらいの受験生を見てきましたが、大学受験で結果を出すタイプ、逆に出せないタイプはある程度パターンがあると思います。

自分が当てはまっていないかぜひ読んでみてください。

大学受験や資格試験で結果を出す/受かる人タイプ・落ちるタイプ

医学部受験の保護者の方・認識の甘い大学受験生はこちら

私立医学部受験生の中には、めちゃくちゃ認識の甘い人がいます。

例えば、医学部の倍率は知っていますか?

また、国立医学部受験をする人は東大を受けるのと同じくらいの難易度だって知っていますか?

そんな甘々な受験生に読んでもらいたい記事です。

保護者の方もぜひお読みください。

医学部受験って、自主性がないと受からないと思うよ


私立医学部受験って、物凄く大変になってきています。

以下の記事を読んで、認識を改めてみてください。

私立医学部受験に合格するには英単語を猛烈に暗記すべし!


私立医学部の偏差値って、年々上がっているの知っていますか?

私立医学部の偏差値が早慶の理工とほぼ変わらない件


しかも、英語の入試問題が難しくなっている大学も増えています。

私立医学部の受験英語のレベルが上がっている件


医学部受験の肝は英語です。

英語が苦手だと難関大の医学部には合格できません。

医学部受験・難関大入試合格の鍵は「英語」です。


じゃあ、いつから始めればいいの?という方はこちらの記事を読んでみてください。

大学受験は早めに始めないと全然間に合いません。


難関大学を目指す方や保護者の方はこちらの記事も合わせてお読みください。

難関大学受験に備えて中学から英語をマンツーマンでやるべき理由

中学生のための独学英語勉強法

中学生がまず用意すべきなのは、

  1. 教科書ガイド
  2. 傍用の単語集
  3. スマホ辞書アプリ(orおすすめではないが電子辞書)

の3つです。

左に英文、右に和訳という勉強法が最悪です。やめましょう。

まずは正確に読めること、正確に訳せること、和訳から英作文できることが大切です。

スペルの練習は書けないものに絞って練習しましょう。

「単語を10回ずつ書く」とかいう苦行?修行?的な勉強も不要です。

catとかdogとかを10回書いても何のご利益もありません。

以下のページに詳しくまとめてあります。

【中学生のための英語勉強法】つまずく時期とその予防法と解決策

高校入試・高校受験の勉強法

中学生の英語勉強法のところでも紹介しましたが、教科書と教科書ガイドの本文をまずは完璧にしておきましょう。

単語は、先ほど紹介した「ターゲット中学英語1800 四訂版」と「英熟語400 四訂版」を夏休みまでに一気に覚えておくといいです。

やる気のある小学生が覚えるのもおすすめです。

新中学問題集などを使って、文法の抜けを失くしておきましょう。

新中学問題集の例文集を塾の先生にもらうと良いです。

例文集の

  1. 例文の文法ポイントの把握
  2. 和訳(英→日)
  3. 英作文(日→英)

この3つができれば十分です。

単語・熟語・文法の基礎ができたら、すぐに過去問を解きましょう。

公立の高校入試は単語・熟語・文法の基礎がある人はすぐ解けるはずです。

語彙の注釈も多いので、解きながら英文を読むことに慣れて、読解速度を徐々に上げて行きましょう。

ただし、なんとなく読むのはよくありません。

英文の構造はしっかりとらえましょう。

  • 主語はどこまでで、動詞はどこなのか
  • 単語の品詞と役割を意識して覚える
  • 前置詞+名詞でセット
  • 接続詞SVのカタマリ
  • to Vのカタマリはどこまでなのか
  • Vingのカタマリはどこまでなのか

などなど、単語を繋ぎ合わせて、国語力で処理をしていないか気を付けましょう。

This is a pen which is ~.「これは~なペンです。」

This pen is ~「このペンは~です。」

この二つとも「このペンは~」と訳していませんか?

実はこんな簡単な文章も理解できていない学生さんは非常に多いです。

高校入試まではどうにかなりますが、大学入試になったら全く太刀打ちできません。

こういった細かい文章の読解は徹底しておきましょう。

公立の高校入試はとても簡単です。

公立入試は、90点以上、満点を狙うなど、英語が得意な人は点数が稼げる科目なので、学校の進度以上のことをどんどん勉強して、ぶっちぎりで合格しましょう。

本気で英語力を上げたい/留学したい人のための独学英語勉強法

本当に英語をしっかり勉強して、海外に羽ばたいていきたいと考えている人はこちらのページに考えをまとめてあります。

この本は、本当に英語をできるようにしたい人には決定版のような内容です。

大学受験英語の勉強とはかなり色が違って、やはり音声を重視しています。

語学は聴けたら勝ちです。しかし、10歳くらいまでにその語学を使用する国に住むことがないと習得率に大きな差が生まれるそうです。

日本で育った私たちが英語を習得するには大きな壁がありますが、以下のような学習法で海外の大学などに入学するという手段もあります。

大学受験英語の場合、リーディングや読解法に関しては強いので完全に捨てる必要はありませんが、アプローチとしては以下のほうが実践的な力がつくのは間違いないと思います。

世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法

日本で英語力を上げるための独学英語勉強法

日本で英語力を上げることは可能です。

リスニングは英語圏に行ったほうがいいと思いますが、英語関係の仕事につくのであれば、継続的なモチベーションになると思います。

以下の記事で日本で英語力を高めた著者の本をレビューしつつ、私の英語学習法についても語っています。

「純ジャパニーズの迷わない英語勉強法」レビュー

忙しい社会人・ビジネスパーソン・大人のための独学英語勉強法

もしあなたが社会人、バリバリのビジネスパーソンで、かつ英語力が低い状態から勉強してMBAなどを目指すのは本当に大変だと思います。

結婚しているかどうかはあまり関係がありませんが、お子さんがいて子育てのお手伝いをしないといけない状況であれば、スーパーエリートでない限りはほぼ無理でしょう。

ご家族のサポートなしに、勉強時間を確保するのは難しいからです。

以下の記事で紹介する本は、忙しい社会人やビジネスパーソン向けの学習法に特化していると思います。私の学習法についても触れています。

今からMBA留学するための英語勉強法というよりは、仕事をしながらどうやって英語を使えるようにしていくのか、どうやって使っていくのかに焦点をあてています。

「世界で活躍する日本人エリートのシンプル英語勉強法」レビュー

海外ノマドワーカーのための独学英語学習法

海外ノマドって、憧れる方も多いのではないでしょうか!

私自身が海外でノマドしている一人なのですが、英語ができると本当に快適です。

現地人が通うレストランとかに入り浸ると、生活費も激安。

最近は東南アジアのインターネットの速度もかなり上がってきていますし、タイのレストランやカフェなどは無料wifi標準装備という感じなので、インターネットを使って仕事をする時の場所選びに困ることがほとんどない状況です。

海外ノマドにするには環境が十分整っていると感じます。

現地には日本人もいますし、とりあえず行っちゃうっていうのもいいと思います。Twitterとかで知り合いになっておけばすんなりいくと思います。

最低限の必要な英語は学んでから行きたいって方、海外ノマドに行く前に何をどれくらい勉強しておくかということを知りたい方にはおすすめの記事です。

初心者だけど、英会話を独学で学びたい人にもおすすめの記事です。

海外ノマドのための英語学習法~最低限やっておくべき3つのこと

英語講師になりたい人の勉強法

英語講師になりたい人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

英語講師はたくさん教えることで伸びると思っている人がいるかもしれませんが、実際は違います。

やはり、自分の英語力が高くないといい授業はできません。

また、実際に授業をしなくてもいい授業を研究することはできます。

具体的にどういうことに気を付けるべきかまとめてみました。

若手英語講師は、実家暮らし・週2授業・週5勉強がおすすめ。

英語×IT留学を目指している人

セブ IT×英語留学を体験取材しています。

プログラミングの授業を英語で受けられるので、英語を磨きつつプログラミングスキルを身につけたい人には間違いなくおススメです。

語学学校って英語だけしか学べないので、けっこう飽きます。

効果って、個人のモチベーションに左右されてしまいます。

しかし、英語『で』何かを学べば、強制的に英語を使わないといけないので、英語だけを学ぶよりもはるかに集中して学ぶことができると思います。

IT×英語留学を考えている人、気になっている人は、ぜひ以下のまとめ記事を参考にしてみてください。

長期の体験取材なので、信憑性は高いと思います。

ウェブデザインを学びたい人

IT留学ができると知ったのは2016年です。

2017年に一度を下見しに行ったのですが、その際はまだインターネットがそこまで速くなく断念しました。

2018年12月からセブ IT×英語留学の『Kredo』さんに滞在し、プログラミングをひたすら学んでいます。

セブ IT×英語留学の『Kredo』体験記まとめ

Python / AIを学びたい人

Pythonや機械学習、AIなどを学びたい人はぜひこちらのまとめ記事を活用してください。

セブのIT×英語留学『Kredo』さんで体験取材しています。

Kredoさんの授業は全て英語です。

英語を同時に磨きたい人には良い環境だと思います。

【Python学習】英語×プログラミングで37歳が転職できるのか

絶対にしてはいけない学習法

中学校でやるような、ノートに、

「左に英文、右に和訳」というパターンですね。

「左に英単語、右にその訳」というパターンも同じです。

YouTubeでもそれを推奨している動画を発見して、PVもかなりあって驚きましたが、絶対にやめましょう。

しつこいですが、絶対やめましょう。

理由は書くのは作業」だからです。時間の無駄です。

明確にスペリングの練習をしたいときは除きますが、それよりも読んだり聴いたりすることに時間を費やしましょう。

ノートはiPad・Good Notes 4・One Noteが便利

英語に関するコラム:英語についてゆるく熱く語る

スピーキングってどうなの?

スピーキングって、目標がないとなかなか続けるのが難しいですね。

スピーキングを独学で学ぶなら、ぜひ知っておいて欲しい内容をまとめました。

ゆるく熱くスピーキングについて語る

日本人は英語ができるようになるのか?

日本で英語ができるようになるのは至難の業です。

日本語で生活ができてしまうからです。

どうしたらいいのか等々、ゆるく語っている記事です。

日本人は英語が話せるようになるのか。始めるなら覚悟が必要

今までやってきた独学を振り返ってみる

完全に時系列というわけではないですが、どのように英語学習をしてきたのかを振り返っている記事はこちらです。

今ならこの本を使うかなというオススメも合わせて載せています。ぜひ参考にしてみてください。

今までやってきた英語学習を振り返ってみた

英語は一生続けないといけない

英語って大変です。

この文を追記しているのは2018年の10月23日なのですが、アメリカから帰ってきて、3年半ほど経ちました。

今年に入ってから、英語で難しい議論をするのがかなり下手になったと思います。

英語を使う機会は多いですし、毎日読んでいますが、スピーキングの流暢性がどんどん失われている気がします。

日本国内に居ると、スピーキング力を維持するのはとても大変です。

読書をたくさんしてもあまり効果が無いように感じますね。

日本語でもスピーチなどをするには訓練が必要ですから、英語となると尚更です。

日頃から仕事で英語を話すことがないと、徐々にですが流暢性が下がると感じます。

日本は内需が強いですから、日本語でどうにかなってしまうというのが強みですが、英語学習者にとってはマイナスしかありません(^^;)

日々是精進の精神で頑張りたいものですね。

 

【英語勉強法.jp 公式】YouTube動画を始めました!

お陰様で【英語勉強法.jp】は月間20万PVほどのウェブサイトにまで成長しました。

今後はYouTube動画と連携した記事も増やしていきますので、長くて読むのはちょっと面倒だな・・・と思う方におすすめです。

YouTube動画は以下の記事にまとめたので、ぜひご活用ください。

【英語勉強法.jp 公式】YouTube動画まとめ当サイト【英語勉強法.jp】がYouTubeで動画解説を始めました!Twitterや問い合わせから連絡いただければ、英語の疑問点を可能な限りで解説を作りますので、どしどしご依頼ください(^^)/...
ABOUT ME
野村勇介
英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)