英語パーソナルトレーニング

英語パーソナルトレーニングジムまとめ|メリットデメリットと勉強法

英語パーソナルトレーニングやってみたいけど効果的なのかにゃ?

費用も高いから失敗したくないから下準備もどうすればいいのか知りたいにゃ。

という疑問にお答えする記事です。

この記事でわかるのは、

  1. おすすめの英語パーソナルジム
  2. 英語パーソナルの下準備
  3. 基本的な英語勉強法

これら3点です。

▼もくじ

✔この記事の信憑性

著者は独学で英語学習をし、以下の資格試験を攻略しました。

・TOEIC985点

・英検1級筆記は1発合格

・TOEFL iBTは3回連続100点オーバー

結果を出すのは大変でしたが、現在では、塾を経営して英語を教えたり、このウェブサイト「英語勉強法.jp」の編集長をしたりしております。

資格試験の点数を利用して、フィリピンで2年、アメリカで1年働いた経験があります。

独学で英語を習得したので、かなり苦労しました。

高校を中退しているので、本当にゼロから英語学習についてわかっているつもりです。

単に英語圏に住んでいるからとか、商材の一つとして紹介してるだけとか、そういう記事とは一線を画していると思いますので、ぜひこの記事を参考になさってみてください。

国内で英語を使えるようになりたい

この記事を見ている方は、留学行けないけど、英語を得意にしたいという方だと思います。

  • フィリピン留学に興味がある
  • 英語圏の大学や大学院に行きたい
  • MBAに行きたい

などなど理由は様々かもしれませんが、事情があって留学に行くことができない方々はいらっしゃるのではないでしょうか。

独学での経験から言えることは、英語に限らず、語学はある程度は投資をして、短期集中で攻略したほうがが早いです。

留学に行けるなら行ったほうがいいのですが、どうしても行けないとか、国内である程度得意にしたい場合は、英語パーソナルトレーニングはおすすめです。

私自身もマンツーマンで指導しているので、毎日パーソナルのようなことをしています。

講師目線で見ても、短期集中で学習される方のほうが伸びています。

そして、システムが整っている企業のプロに頼むがベストだと考えます。

長い記事なので、もくじからお好きなところに飛んでみてください。

あとで読みたい人はブックマークをすると便利ですよ^^

TORAIZ トライズ

個人的には、TORAIZさんがおすすめです。

色々と理由がありますが、まずはコースなどを見ていきましょう。

コース

入会金 5万円 
月々プラン月々8.9万円
6か月一括プラン割引等あり
1年一括プラン割引等あり

営業時間

開校時間:火~金12:30~21:00・土曜10:00~18:00

アクセス

0120-971-568
東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル西館30階

 

週1しか通えない通学制の英会話スクールや、1日30分弱しかレッスンを受けられないオンライン英会話を使っていると、どうしても英語が自由に話せるレベルになるまでは時間がかかってしまいます。特に週1の通学制スクールだと、数年経っても「自由に話せる」という域にはならないことも。

オンライン英会話は頻繁にレッスンを受けられますから、通学制スクールよりは英語習得がはやくなりますが、レッスン以外の時間の自習は自力で行うことになるため、誰もが効率よい英語学習ができるというわけではありません。

通学制スクールやオンライン英会話でのレッスンを受けていて、なかなか英語が自由に話せるようにはならないことに悩んでいる人におすすめなのが、「トライズ」の英語マスタープログラムです。

今回はこのトライズについて、どんなプログラムでどういったカリキュラムが行われているかをご紹介していきます。

トライズの英語マスタープログラム

トライズ公式ウェブサイトのトップ画像にもあるように、トライズのプログラムは1年間で英語を自由に話せるレベルになるようなプログラムです。

日本人が英語を自由に扱えるようになるには、中高の学校教育にプラスして1000時間の学習が必要だと言われています。トライズでは、その1000時間を1年間でおさまるようにプログラムが組まれています。

25分レッスンが主流のオンライン英会話のレッスンを、年間350日受けたとしましょう。

25分×350日=8,750分 つまり、年間約146時間ということになります。オンライン英会話のレッスンをほぼ毎日受けているという人は、自習をしない限り年間150時間も英語を勉強していない計算になるんですね。

1000時間という基準で考えると、オンライン英会話のレッスンだけだと英語が自由に話せるようになるまでには、7年近くかかってしまうことになります。

もちろん、オンライン英会話のレッスンを受けている人は自習もしているでしょうから、必ずしもそんなに長い時間がかかるわけではありませんが、トライズの1年1000時間のプログラムでは、その自習の部分もカリキュラムに含まれているため、効率的に英語を学習することができます。

ちなみにこれが通学制英会話だと29年程度かかる計算になるので、比較にならないでしょう。

トライズのプログラムは1年間で1000時間ですから、1日あたり3時間近くは学習時間を設ける必要があり、決して楽ではありません。しかし、その分効果が出やすく実際にプログラムを受けた受講生の満足度は96.9%と非常に高いものになっています。

トライズのプログラムスケジュール

前述の1日あたり約3時間という長さに、トライズへの入会を躊躇してしまう人もいるでしょう。しかし、トライズでは忙しい社会人でもすきま時間を使って効率的に英語が学習できるようなカリキュラムが組まれています。

公式ウェブサイトから引用した、下の画像を見てみましょう。

これはトライズ受講生のスケジュール例です。このスケジュールからもわかるとおり、トライズのカリキュラムは英語学習からの休日も作りながら、毎日隙間時間でちょこちょこ勉強するような形になっています。

通勤時間だけではなく、お昼休みも学習時間にすることができるので、3時間程度という学習時間はすぐに達成できてしまいます。

このスケジュールは受講生一人一人の生活スタイルに合わせて作成されます。ですから通勤に時間がかからない人や、お昼休みに学習することができないという人でも、安心してください。トライズでは、あなたの毎日のスケジュールに合わせて、効率良く学べる学習スケジュールを作ってくれます。

TORAIZ/トライズでの学習内容とサポート

1年間で1000時間の学習をするトライズの1年英語マスタープログラム。専属コンサルタントとネイティブ講師による徹底サポートで、英語を多角的に学んでいきます。

そのカリキュラムには、下記のような内容が含まれています。

  • コンサルティング(最適な学習プランの提案など)
  • 専属コンサルタントのサポートと学習方法についての質問(全営業日)
  • Skypeレッスン(週2回ネイティブ講師とマンツーマン)
  • グループレッスン(週1回ネイティブ講師+他の受講生と英語ディスカッション)
  • 英会話テスト「Versant」(1ヶ月1回)
  • 学習進歩チェック(2週間に1回)
  • スピーキング学習(週5回)
  • シャドーイング学習(週5回)
  • レッスンの復習・予習(週6回・ネイティブ講師とのレッスンの復習と予習)
  • 映像教材
  • テキスト教材

こんなにもたくさんの内容が含まれていて、その学習内容すべてをコンサルタントが管理してくれます。いつ何をやるかというスケジュールまで立てられていますし、毎日コンサルタントとの連絡をすることになるため、飽きっぽい人でも続けやすいプログラムでしょう。

英会話テストを月1で受けることになる点もポイントです。これにより、自分の成長具合を知ることができるからです。成長がスコアとして見えれば、モチベーションも保ちやすいでしょう。

トライズは一括払いがおすすめ!安心の3大保証制度とは

トライズを利用する際に知っておいてほしいのは、「3大保証制度」の存在です。これは、6ヶ月または12ヶ月の一括払いで入会する受講生だけに適用される保証制度となっています。

全額返金保証

受講開始後1ヶ月までの間なら、もしトライズのサービスに満足できなかった場合は全額返金してもらえるという制度です。こんな保証があることからも、トライズの自社プログラムに対する自信が伺えます。

無料延長保証

こちらは1年間学習しても思うように成果が出なかった場合、無料で3ヶ月受講期間を延長してくれるという制度です。

トライズのプログラムをしっかりこなしていることが条件にはなりますが、どうしてもあまり成果ができなかったときでも安心です。

途中解約返金保証

一括払いを躊躇する人は、もうお金が戻ってこないかもしれないことを心配しているかもしれません。しかしトライズなら、受講開始から1ヶ月以降で途中解約する場合、残り期間分の受講料を全額返金してくれます。

何かの事情でプログラムを中断せざるを得ないことになったとしても、お金が戻ってくるので心配いりません。

これだけしっかりとした保証がついてくるため、トライズに入会するなら一括払いで受講料を支払うことをおすすめします。

TORAIZ/トライズ基本情報

ここまでご説明してきた内容でトライズに興味を持った方向けに、トライズの基本情報もご紹介しておきます。

トライズでは無料カウンセリングも行っているので、まずは無料カウンセリングで詳しく説明を受けてみましょう。

 

◆トライズの料金体系

初期費用
入会金50,000円 コンサルティング費185,000円

月額受講料
98,000円
※6ヶ月・12ヶ月の一括払いプランを選ぶことで、前述の3大保証と受講料割引特典あり

◆トライズ スクール一覧:

東京六本木一丁目センター、東京新宿センター、東京田町三田センター、東京赤坂センター、東京銀座センター、東京秋葉原センター、横浜みなとみらいセンター、大阪梅田センター

TORAIZ/トライズまとめ

1年間で自由に英語が話せるようになる「英語マスタープログラム」を行っているトライズ。ネイティブ講師とのレッスンがあったりすることも魅力的ではないでしょうか。

3ヶ月など本当に短期集中で英語を上達させたいという人には向きませんが、1年というある程度の期間をかけて英語をマスターしたい人にぴったりです。

決して楽ではないけれど、しっかり身につく。それがトライズのプログラムなのです。

ライザップ/Rizap英語

【30日間全額返金】ライザップイングリッシュ

ダイエットで有名なRizap / ライザップが英語業界にも進出してきました。

3か月、完全マンツーマン制で、専属講師が付き指導してくれます。

毎日の宿題をオンライン上で、専属講師が管理してくれるので心強いですね。

30日間無条件全額返金保証という制度があるので、「続けられない」「入ってみたけど性に合わない」という人は、お金を無駄にすることがありません。

コース

入会金 50,000円

【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ

ベーシックコース   
ベーシックマスタープラン全8回1ヶ月149,000円
TOEICコース   
トライアルプラン全16回2ヶ月298,000円
ベーシックプラン全24回3ヶ月409,750円
プレミアムプラン全48回6ヶ月782,250円
スピーキングコース   
トライアルプラン全17回2ヶ月298,000円
ベーシックプラン全25回3ヶ月409,750円

その他 英会話コース、継続スコアアップコースあり

営業時間

7:00~23:00

アクセス

池袋店
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1丁目-25番9 MYTビル5F

新宿店
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイタマビル9階

RIZAPイングリッシュってどんな英会話スクール?

RIZAPと言えば、ダイエットや体づくりのための専任トレーナーがつくパーソナルジム。そういうイメージがある人も多いでしょう。

しかしそんなRIZAP。実は英語力を鍛えるための「RIZAPイングリッシュ」というマンツーマン英会話スクールも運営しているのです。パーソナルジムでおなじみのRIZAPが運営する英会話スクールとなると、興味が出てきた人もいるのではないでしょうか。

そんなRIZAPイングリッシュについて、どんなスクールなのか詳しくご説明していきます。

「結果にコミットする」とパーソナルジムと同じキャッチコピーが使われているRIZAPイングリッシュは、RIZAPのパーソナルジムと同様に、専任のトレーナーがついて英語トレーニングを行なっていく、まさに「英語のパーソナルジム」といったような英会話スクールです。

カリキュラムはマンツーマンで行われ、一人一人のライフスタイルや英語を使う目的などに合わせて、スケジュールが用意されます。あとは、そのスケジュールに合わせて英語学習を行なっていくようになります。

学習カリキュラムは、言語学や脳科学などで裏付けされた英語学習法をもとに作成されています。そのため、確実に英語力をアップできるような環境になっています。また、受講生の勉強のサポートも徹底していて、続けやすく達成感も感じやすいカリキュラムになっているのです。

RIZAPイングリッシュで開講されているコース

現在、RIZAPイングリッシュでは上の画像の4つのコースが開講されており、それぞれの目標や目的に合わせてコースを選ぶようになります。

TOEICスコアアップコース

TOEICのスコアアップを目指す人にも効果的なほか、特にTOEICを受ける予定がない人でも、語彙力・文法力・リスニング力という基礎力をアップさせたい人に向いているコースです。

【無料カウンセリング】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!ライザップイングリッシュ

スピーキングコース

その名のとおり会話力に特化したコース。英語の知識はあってもなかなか口がまわらないという人におすすめのコースとなっています。TOEICなどで高得点が取れるのに、会話となるとスムーズにいかないという人なら、このコースがいいでしょう。

英会話力養成コース

英語でのコミュニケーション能力を向上させるためのコースです。すでに中級以上のレベルがある人向けのコースとなっていて、聞く・話すというコミュニケーションにおいて重要なスキルを磨いていくコースとなります。ビジネスで英語を使わなければならない人にはとてもおすすめです。

ベーシックコース

その名のとおり英語の基礎力をつけるためのコースです。まったく英語を習ったことのない人にぴったりなこのコース。TOEICテストスコアが400点未満だという人はまずはこちらのコースがいいでしょう。ただし、このコースはTOEICスコアアップコース、もしくはスピーキングコースとのセットになったコースとなっています。

RIZAPイングリッシュでの学習方法

どのコースを選んだとしても、RIZAPイングリッシュでは毎日学習を行うことになります。基本となるのは、専属トレーナーが作成したスケジュールに合わせた毎日の学習、そして週2回(1回50分)のトレーニングです。そして、1日の最後にはオンラインで専属トレーナーに進捗の報告をしなければなりません。

毎日の学習は1日つき3時間程度のボリュームがあります。3時間というとお仕事をされている人にとっては、なかなかハードに感じるかもしれませんが、専属トレーナーがあなたの生活に合わせた時間の取り方などもアドバイスをくれるので、効率よく時間を使えるようになります。

RIZAPイングッリッシュでは専属トレーナーから「シュクダイ」と呼ばれる課題が送られてくるので、その課題をどういったスケジュールで達成するのかということも、専属トレーナーに知らせなければなりません。

常に専属トレーナーと二人三脚状態だというのは、パーソナルトレーニングジムのRIZAPと同じようなイメージになっています。

週に2回受ける実際のレッスンでは、自宅で学習していた内容がどれくらい定着しているのか、どのくらいスムーズに覚えたフレーズを使えるかなどのチェックを行います。このレッスンでは、英語がスムーズに口からでてくる状態を目指していて、「レッスン」というよりは「トレーニング」といったイメージになっています。

RIZAPイングリッシュのここがすごい!

RIZAPイングリッシュは完全マンツーマンの専属トレーナー制。そのため、それぞれのニーズやレベルにあった学習を進めていきます。単語力、文法力、リスニング能力、処理能力、反応速度などといった多角的な面から総合的に英語力を診断し、それに合わせたカリキュラムを作ります。

つまりRIZAPイングリッシュのカリキュラムは完全オーダーメイドなのです。

またRIZAPイングリッシュで働くトレーナーの方々も、元々の英語力に加え、しっかりした新人研修を1ヶ月も受けているので、どんな人に当たってもそのスキルは確かです。

実際の現場で働いているトレーナーの方々は、英語が話せる楽しさをわかってほしい、達成感を味わってほしいと思っている方ばかりのようですから、そういった意味でもしっかりサポートが受けられるでしょう。

内容の充実したRIZAPイングリッシュ。しかし、誰でも合う合わないがありますから、はじめてみたもののしっくりこないということもあるでしょう。そんなときにも、RIZAPイングリッシュなら安心です。

なぜなら、RIZAPイングリッシュでは、30日間無条件全額返金保証がついているからです。トレーニングを始めてみて30日以内なら、誰でも解約して返金を受けることができるので、万が一合わなかったというときでも安心なのです。

返金保証がついているというところに、RIZAPイングリッシュの自社カリキュラムへの自信が現れていると言えるのではないでしょうか。

そのほか、専属トレーナーからのサポートなど、ハードな勉強をこなしていけるサポートが充実しているのもポイント。一人でやるわけではないので、しっかりとした学習を続けやすく、結果を出しやすい環境です。

1日3時間の学習なんてつらいと思う人でも、RIZAPイングリッシュなら続けることができるでしょう。

RIZAPイングリッシュ基本情報

RIZAPイングリッシュに興味を持った方は、どのコースからにすればいいか考えているのではないでしょうか。もちろん興味のあるコースにすることも重要ですが、何より自分のレベルに合ったコースを選ばなければなりません。

ですから、まずは無料カウンセリングを予約して行ってみましょう。

RIZAPイングリッシュはコースごとに料金プランが異なります。コースごとの料金、そしてスクールの基本情報も併せてご紹介していきます。

◆コースと料金(税別)
入会金50,000円(全コース共通)

●TOEICスコアアップコース
全16回(約2ヶ月) 328,000円
全24回(約3ヶ月) 450,000円
全32回(約4ヶ月) 572,800円

●スピーキングコース
全17回(約2ヶ月) 328,000円
全25回(約3ヶ月) 450,000円

●英会話力養成コース
全24回(約3ヶ月) 450,000円

●英会話力養成コース
全8回(約1ヶ月) 149,000円

◆スクール所在地
新宿御苑店、新宿店、銀座店、池袋店

まとめ

体を鍛えるパーソナルジムで有名なRIZAPの英語版は、パーソナルジムと同じくきちんとこなせば必ず結果が出る「結果にコミットする」内容になっています。スクールが都心にしかないため、その近くに住んでいない人にとっては通いづらいでしょうけれど、少しくらい遠くても通うだけの価値はあります。

しっかりした英語力を鍛えあげたいなら、RIZAPイングリッシュで英語学習をはじめてみましょう。全く初心者の人からでも始められ、数ヶ月後にはしっかりした英語力が身につくというのはとても魅力的なのではないでしょうか。

PROGRIT(プログリット)

コメント

2カ月限定のビジネス英語特化型のパーソナルトレーニング。

終了率が90%以上のため、お金が無駄になる可能性が低い。

チャットでのサポートは毎日無制限に使用可能です。

忙しいビジネスマンでも、TOKKUNのサポートで「1日3時間」の勉強時間を確保可能です。

2か月のコース終了後のアフターフォローも非常に強力。終了後の1年間分の学習計画を作ってくれるので、コース終了後の勉強に迷うことがありません。

代表取締役社長の岡田祥吾氏は、マッキンゼー出身で信頼感があります。

日経ビジネスインタビューはこちら

News Picksの記事はこちら

ビジネス英語特化型PROGRIT(プログリット)で集中特訓! 仕事でどうしても英語が必要になったり、急に海外転勤することになったなどという時、いくら毎日レッスンを受けることができるといっても、オ...

コース

ビジネス英会話コース298,000円(税別)
TOEICコース298,000円(税別)

【入会金】50,000円

【営業時間】

アクセス

TOKKUN ENGLISH 新橋校
〒105-0004 東京都港区新橋2丁目2-7 新橋第一中ビル 3階

TOKKUN ENGLISH 池袋校
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3丁目27−12
池袋ウエストパークビル2階

 

PROGRIT(プログリット)についてもう少し詳しく

仕事でどうしても英語が必要になったり、急に海外転勤することになったなどという時、いくら毎日レッスンを受けることができるといっても、オンライン英会話では物足りないと感じる人は多いでしょう。

短期間でビジネスでも使える英語を絶対に習得しなければならないというときにおすすめなのが、ビジネス英語特化型スクール「PROGRIT(プログリット)」です。

そのPROGRIT(プログリット)(英語パーソナルトレーニング・パーソナルジム)について、どんなスクールなのか、どんな人向けなのかなど、詳しくご説明していきます。

PROGRIT(プログリット)に向いているのはこんな人

まずはどんな人がPROGRIT(プログリット)(英語パーソナルトレーニング・パーソナルジム)に向いているのかから、お話します。

なぜなら、PROGRITは人を選ぶスクールなので、向いていない人には無駄な情報になってしまうからです。

そのことはPROGRITの公式サイトのトップページからもわかります。

このトップページの文言からもわかるとおり、PROGRITは「海外旅行で英語が話せたらいいな」、「外国人と英語で会話をしてみたいな」と思っているような、趣味のレベルで英語を話したい人には向いていません。

PROGRITは「本気でビジネスで使える英語を、2ヶ月などの短期間で、どうしても身につけなければならない」というほど本気な人のためのスクールです。

またどんなに本気度が高くても、1日3時間の勉強時間が取れない人もPROGRITのカリキュラムについていくことは難しいでしょう。とは言え、PROGRITのカリキュラムは、隙間時間も上手に使って合計3時間程度の勉強時間になるように組まれているので、3時間まとまった時間は必要ありません。

ただし隙間時間も効率よく使って、英語を本気で学ぶんだ!というやる気がない人にはおすすめできないスクールです。

まるでネガティブなことばかり書いているように感じるかもしれませんが、それだけ本気の人のためのスクールだということなのです。

PROGRIT(プログリット)は「ビジネス英語特化型コーチングスクール」

そんな風に従来の英会話スクールとは対象が異なるPROGRIT。具体的にどんなスクールなのでしょうか。

通学制英会話・オンライン英会話は、決まった時間、または予約した時間にレッスンを受けるだけのスクールです。それ以外の時間は自由で、自習はしてもしなくても何か言われることはありません。ちょっとした宿題は出るかもしれませんが、あまり時間をかけるようなものではないでしょう。

一方PROGRITはあなたの生活に密着するようなスクール。月80時間集中して英語学習に取り組まなければならないようなカリキュラムが組まれていて、学習内容も管理されます。

もちろん従来の英会話スクールのようなレッスンも、カリキュラムには含まれているのですが、それだけではなく専属コンサルタントがついて、毎日英語学習をサポートしてくれます。

パーソナルトレーニングのあるジムに通ったことがある人なら、その雰囲気が理解できるかもしれません。ジムでもトレーニング内容や食事制限を厳しく管理されますよね。PROGRITはその英語版といったところでしょう。

PROGRITのカリキュラム内容

PROGRITでは、まず生徒1人1人のライフスタイルの確認からはじまります。たとえば、通勤時間はどのくらいなのか、仕事の時間は何時から何時までで残業はどのくらいあるのか、飲み会や習い事などに行くことがあるのかといったようなことです。

これは英語学習に時間がとれるかの確認、そして1人1人のライフスタイルに合わせた学習スケジュールの作成に使われます。

英語学習は通勤時間や起きてからの時間、寝る前の時間など、さまざまな時間を効率的に使うことになります。1日1回のオンライン英会話レッスンも、カリキュラムに含まれています。

1日の勉強量は、シャドーイング60分、リーディング30分、文法学習60分、英作文60~90分、オンラインレッスン30分という内容になっていて、英語に必要な読み書きからコミュニケーションまで充実した内容です。インプットをたくさんして脳内にデータベースを増やし、それをアウトプットさせるという、効率のよいやり方で英語を身につけていくことになります。

これらの学習内容は、応用言語学というものを用いたPROGRITならではのカリキュラムです。これを2ヶ月間毎日続けていれば、誰でも英語を自分の言葉として操ることができるようになるでしょう。

PROGRITは学習サポートも充実

こんなにハードな学習内容を2ヶ月も続けられないと思う人もいるでしょう。人間はどうしても疲れていたり、やる気がでなかったりすると怠けてしまうものです。

しかしPROGRITなら、そんな心配はいりません。なぜなら専属コンサルタントが毎日の学習をサポートしてくれるからです。

シャドーイングをすればそれを録音してコンサルタントに送らなければなりませんし、英作文なども送付します。そしてその全てにフィードバックが返ってくるという形になっています。さらに毎日どんな学習をしたのかの報告も必要なため、サボるということがとてもしづらい環境なのです。

そしてサボれないため、しっかり結果も出ます。本来英語はきちんと続けて学習していれば、誰でも話せるようになるものなのです。PROGRITでは誰もがその域に行き着くように、専属コンサルタントが最初から最後まで徹底サポートしてくれるので、続けられ、しかも満足のいく結果が得られることになります。

それは公式サイトで公表されているこのプログロム修了率(達成率)や満足率からもわかるでしょう。

プログラムをやりきった受講生が97.8%で満足率が97.5%ということは、プログラムを修了したほとんどの受講生が満足しているということになります。

これは単にPROGRITのカリキュラム内容が英語学習に非常に効果的だというだけではなく、専属コンサルタントのしっかりしたサポートも関係しているでしょう。

PROGRIT基本情報

最後にPROGRITに興味を持った人のために基本情報をご紹介しておきます。

◆PROGRITの料金体系
入会金50,000円
ベーシックコース 298,000円(2ヶ月)
スタンダードコース 372,500円(2.5ヶ月)

◆PROGRITコース内容
ビジネス英会話コース
TOEICコース
※料金は同じです

◆PROGRIT校舎
池袋校、新橋校、神田校、新宿校、横浜校(2018年3月オープン)、梅田校(2018年4月オープン)

まとめ

しっかりとしたカリキュラム内容で、ビジネスで使える英語を習得することができるPROGRIT。どうしても仕事で英語が必要だという人は、まずは無料説明会から参加してみて、より詳しい内容を聞いてみましょう。

今まで英語が身につかなかったという人も、PROGRITなら使える英語を身につけることができるはずです。

無料体験はこちらからどうぞ!↓↓↓

英語のパーソナルジム English Company 

コメント

Study Hacker烏丸学び舎といった会社を運営している恵学社が大元となっているのが、こちらのEnglish Companyです。

教育事業をいくつも手掛けているので、しっかりとした経験の蓄積があると考えます。

コースは、マンツーマンで90日がベースとなっております。

講師は、留学経験が豊富だったり、海外勤務経験を持つ。

他には、大学の専門が英語の講師。海外での英語教授法の有資格者。予備校経験者。英語のプロが集まっています。

第二言語習得(SLA)の知見をもとに学習プログラムを提案しているため、本格的なトレーニングを提供しています。

さらに、大学受験予備校を母体に持つため、日本人の苦手とするポイントをよく熟知した指導が可能となっています。

東洋経済「カギは第二言語習得研究と行動科学 3カ月の集中トレーニングでTOEIC高得点

ASCII Start up「海外出張に備え短期集中で英語学習!最新教育工学が話題の「English Company」を体験してみた

コース

集中プログラム

入会金50,000円 
月150,000円×3か月450,000円 

・授業45分 48コマ
・自習スペース3ヶ月間利用
・オンライン教材利用費
・教材費
・進捗サポート3ヶ月

営業時間

10:00-22:00

アクセス

東京都新宿区本塩町7 新井ビル4F
03-6274-8702
info.ebisu@englishcompany.jp

 

ALUGO

コース

2か月プラン198,000円
6か月プラン574,000円
10か月プラン950,000円

アクセス

アルー株式会社 〒102-0073
東京都千代田区九段北1丁目13-5
ヒューリック九段ビル 2階

本気塾レアジョブ英会話

コメント

オンライン英会話大手のレアジョブが始めた、オンラインとオフラインの融合型英語塾/英語パーソナルジムです。

ビジネスパーソンが仕事で使えるようになるためのコースが中心となっています。短期間で英会話ができるようになりたい方をターゲットとした学校です。

個人個人に合わせたオーダーメイドカリキュラムなので、ニーズに合わせて専属トレーナーがカリキュラムを作成してくれます。

【インタビュー】レアジョブ本気塾「オンラインとオフラインのブレンディッドが英語学習を超える」

コース

本気塾ハンズオン(約2か月)350,000円(税抜き)

アクセス

株式会社レアジョブ

原宿本社スタジオ
東京都渋谷区神宮前6-27-8京セラ原宿ビル2F
東京メトロ 明治神宮前駅 7番出口より徒歩3分

 

「オンライン型」英語パーソナルトレーニング会社

英語パーソナルトレーニングの中で、ネットやSNSを使ってオンラインで学習法を指導している会社もあるようです。

英語コンシェルジュ

コース

60日コース46,000円
90日コース(カップル・友達同時申し込み)66,000円
90日コース77,000円

営業時間

*火曜休/土日・祝日は営業
 9am–2pm、 5pm–10pm

問い合わせ

担当:後藤
info@englishconcierge.net
電話: 080-7899-6392

英語パーソナルトレーニング/ジムとは

「英語パーソナルトレーニング」「英語パーソナルジム」という名称は、筋トレなど、ジムのパーソナルトレーニングになぞらえてついた名称。

Rizap等でも有名ですが、ダイエット等で素早く結果を出そうということで、筋トレのパーソナルトレーニングが、最近ではTVなどでも取り上げられ、大流行しています。

英語業界も同じように、短期で結果を出すためのサービスに様々な企業が参入しています。

英語パーソナルは、オンライン(ネットやSNS)・オフライン(対面)を利用して、英語学習のサポートをしてくれるサービス全般を指します。

とにかく短期集中で、英語力を上げてくれることが一番の特徴だと言えるでしょう。

忙しい社会人は、回り道をしている暇はありません。

最短で効果を出すには、お金をある程度払ってでも結果を求める方も多いのではないでしょうか。

そのようなサービス全般を「英語パーソナルトレーニング」「英語パーソナルジム」と呼びます。

対面指導のメリット・デメリット

多面指導は、やはり講師と直接会えるため、色々なメリットがあります。

逆に、自宅近くでいい先生を見つけるのがなかなか大変なため、妥協して塾に通うと痛い目にあったりなど、デメリットがあるのも間違いありません。

そんなメリット・デメリットをまとめてみました。

対面指導のメリット

小中学生の親御さんは、まず間違いなく「通う」ことを好みます。

やはり、安心感があるのだと思います。英語パーソナルトレーニングも通うメリットは必ずあります。まとめてみました。

相手の表情や感情を把握しやすい

対面指導は、相手の表情や声のトーンなどで、生徒さんの気持ちや感情を把握でき、本当に理解しているのか、スカイプなどを通すよりも比較的把握しやすいという利点があります。

これは管理人も同様に感じていて、やはり対面での指導はスカイプ等よりも「若干」ではありますがやりやすいと思っています。

指示や指摘がしやすい

指で教材を直接その場で指さしできるため、生徒さんも視覚で指示が理解できるので、授業のテンポがオンラインよりもやや速いです。

またプリントなどをすぐにプリントアウトできるためスムーズに授業をすることができます。

対面授業のデメリット

対面授業のデメリットは、やはり、「通わなければいけないこと」でしょう。

家から遠いとか、時間のない社会人にとって、「通う」という行為は時間という限られたリソースを奪われるので、一番避けたいことの一つなのではないでしょうか。

その他に何がデメリットなのか。まとめてみました。

対面指導はかなり高い

対面指導は1時間安くても5,000円。高いと10,000円以上したりしますので、週1回通うだけで、4万円~8万円以上もかかる高嶺の花のような価格設定です。

受験生ならともかく、ちょっと頑張ってみようかなという社会人の方には、予算オーバーという感じです。

英語学習はマラソンに例えられるように、とにかく時間がかかります。費用を最初たくさんかけたのに伸びなかった・・・なんてこともありますし、中学1年生程度の復習であれば、社会人の方にとっては本気を出せば、意外とすんなり終わります。

やはり、何事も少し勉強が進んでから授業を受けたほうが費用対効果がいいのは間違いありません。

大人は自学自習に向いている

実はかなり見過ごされている方が多いのではないかと思いますが、中学や高校時代に勉強が苦手だったという方でも、社会人としてもまれ苦労してきた分、「思考力」や「理解力」は若いときよりも格段に向上しています。

管理人も社会人の方に指導をすることがあるのですが、理解が早いため授業がスムーズに行ってビックリします。

さきほどの「対面指導は高い」にも繋がってきますが、自学自習である程度は学習を進められる理解力があるため、まずは塾に通うのではなく、自分で勉強してみてから困ったときに塾の利用を考え始めるというほうが費用対効果がいいのです。

上記のようなメリット・デメリットを理解した上で、「よし!頑張るぞ!」という方は費用は掛かりますが、独学で勉強するよりもかなり早く学習が進むと思います。

オンライン指導のメリット・デメリット

オンライン指導は、今後ますます増えてくる可能性が高いサービスです。

オンライン英会話は最たるものですが、日本人の先生からの指導も今後当たり前になっていくだろうと予想されます。そんなオンライン指導のメリット・デメリットを考えてみます。

オンライン指導のメリット

  • スマホ1つで気軽に、いつでもどこでも、すぐに質問ができる
  • モチベーションを維持しやすい
  • 通学時間を節約できる
  • 自宅で学習できるので、他人と関わる必要がない
  • その都度、学習計画を考えてくれるので、何をやるべきか悩まなくていい
  • 効率的、効果的な学習法がわかるため、学習法に悩んで時間を浪費することがない

スマホ1つでできる便利さ

時代が物語っているというか、誰でも持っているスマホ1つで気軽に質問ができるのは、非常に便利です。

勉強でわからないときが出たとき、通勤中に、仕事の合間に、などなど、時間や場所を選ばないのが一番のメリットでしょう。

モチベーションの維持

友達感覚で利用できるサービスもあるので、勉強をしたくないなぁというときも、「今からやります!」と宣言したり、1日の終わりに授業報告をすることが可能です。

授業の日しかコミュニケーションを取れない塾などでは不可能なことが、オンラインのサービスを使ってしまえば、モチベーションの維持はよりしやすくなります。

通学時間の節約

日本の混んだ電車を使って通学するストレスたるや・・・。

これがないのは非常に楽です。逆に、通勤時間で質問をしたり、宿題をもらったりできるので、通学時間を節約どころか、通学時間に勉強できてしまいます。

他人と会いたくない人にはベスト

あまり自分が勉強を知られたくない人も多いのではないでしょうか。

オンライン型の塾だと、他人と会う心配はありません。講師と生徒のみの関係なので、他人の目を気にせずに勉強だけに専念できます。

すぐに学習計画をアップデート

学習計画を変更しようと思っても、授業まで待つ必要がありません。すぐに相談して、不安を解決できます。逆に、計画の変更の必要がないときも、理由を明確にしてくれます。

学習法に迷わない

英語の勉強中は、学習法が合っているのか不安になってきます。

そんな時にも相談ができるのは心強いですね!

リーディングの勉強の仕方、単語の覚え方まで、アドバイスをしてもらえるのは時間の節約にもなりますし、ストレスが減ります。

オンライン指導のデメリット

  • 指差しできないので、指示がしにくい
  • プリント類を自分でコピーしないといけない

指差しができない

オンライン指導と対面指導と比べると、一番のデメリットは、参考書などを「素早く」指差しできないことにあると思います。

オンラインでも画面を共有して、参考書のどこを話しているのかわかりますが、やはり、対面には勝てません。

プリンターが必須

宿題を紙でもらいたいときがありますが、郵送だと時間もかかります。

そうすると自分でプリントアウトしないといけません。

プリンターがない方は、コンビニのネットプリントを利用するなど、工夫しないといけません。

ただ、最近のプリンターは安いですね。

おすすめ「通学型」英語パーソナルトレーニング

英語パーソナルトレーニングの主流は「通う」学校がメインです。

通うと基本的にオンラインでのチャットサービスが含まれている会社がほとんどで、高いのでサポートも充実といった感じです。

あとは、人気の先生に教えてもらえるかどうかがポイントかなと思います。

ABOUT ME
野村勇介(Bryce)
◉英語勉強法.jp編集長 ◉英語本評論家 ◉元大手英語系予備校・医学部予備校講師 ◉TOEIC985点 ◉TOEFL100+α JP英語塾 塾長