英語学習用アプリ

独学英語学習 三種の神器(辞書アプリ, iPad, Audipo)

辞書アプリ・Audipo・iPadは独学英語学習の三種の神器です。

この3つは英語学習の道具(ツール)として必須だと思っています。

スマホ辞書アプリ

iPhoneやAndroidアプリが最高に使いやすいです。

先ほどのiPad、もしくはAndroidタブレットと一緒に使うのも超便利です。

オンライン辞書は画面が切り替わるのを待つ時間がもったいないですし、例文もほとんど載っていません。

オフラインで使える有料アプリは必携だと思います。

紙の辞書は読み物として使うといいと思うので、調べ物用の辞書アプリとは用途が違います。

辞書アプリは以下の3つがおすすめです。

この中だとウィズダムが安いので、節約したい人にはおススメです。

十分長く使えます。私自身はずっとウィズダムを使っていました。

Windowsアプリ版のウィズダムは、windows版ジーニアスよりも例文検索がしやすいので、ジーニアスのほうが良いかなと思っています。

ただ、長く使うにはジーニアスかなと思います。ジーニアスは「用例プラス」というのがあって、アプリはで例文が大量に追加されています。

つまり、例文の数ではジーニアスがウィズダムに勝ってるので、ジーニアスのほうが良いかなと。

あと、予算が許す人は両方用意したほうがいいです。

英作文やスピーキングの調べ物をしたい人は研究社の新和英がベストです。

Green Goddess「緑の女神」と言われるくらい必携の書と言われています。ただし、超高いです。

リスニング用アプリAudipo

Audipoはリスニング用に必須だと思います。

語学用ICレコーダの時代は終わったかなと思います。

・無料

・視覚的に巻き戻し繰り返しができる

・スマホで完結

という点で、ICレコーダーに勝っています。

ICレコーダーは1万円くらいしますが、アプリだと無料です。

スマホやタブレット以外持ち運び不要。

iPad

iPadは語学学習に便利だと考えています。

重たい本を持つ必要が一切なくなる

閲覧用と書き込み用になど、2冊同じ本を買う必要がなくなる

鉛筆・消しゴム・マーカーなどが不要になる

例文の文字検索ができる

辞書アプリと連携でき、タッチするだけで英単語の意味がわかる

iPadは絶対買いです。

iPadを買った当時は大した使っていなかったのですが、便利さに気づいてから「英語学習の神器」だと思っています。

動画授業も見れますし、高いですが、投資していいと思います。

最近は廉価版が出ました。

iCould Driveを使えば容量は少なくてOKです。

容量を最低のものにする

Appleペンシルは買う

・Apple Careには入る

・保護フィルムは貼らない

ケースはAmazonで買う① or ②

これで計6万円くらいです。

iPadで使えるノートアプリ

ノートはiPad・Good Notes 4・One Noteが便利

 

本を自炊する(PDF化する)ときにおすすめのツール

iPadやAndroidタブレット用に、本をPDFにする際は、以下の2点がおすすめです。

  1. ScanSnap
  2. 簡易的な裁断機

scan snap

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

裁断機 ペーパーカッター

カール事務器 裁断機 ペーパーカッター A4対応 10枚裁断 DC-200N

自炊代行

ScanSnapは高いので、買うのはちょっとなぁという方には、自炊代行サービスがおすすめです。

未来Book

スキャンピー

漫画スキャン王

の3つがGoogleで上位にありました。

私自身は地元の業者に頼んだことがありますが、大きなところが安くて確実だと思います。

ABOUT ME
野村勇介(Bryce)
◉英語勉強法.jp編集長 ◉英語本評論家 ◉元大手英語系予備校・医学部予備校講師 ◉TOEIC985点 ◉TOEFL100+α 名古屋英語専門塾 4技能対策 塾長