英語勉強法

動名詞(Ving)のみを目的語に取る動詞のまとめ[覚え方]【暗記用】

I enjoyed playing soccer.のように、動詞の後ろにVing形を取る動詞があるのはご存知ですか?

実は覚え方があるので、この記事でまとめて確認しておきましょう!

動名詞を目的語に取る動詞の覚え方

では、早速覚え方行きましょう。

iMacメガフェップスDQN」です。

アイマック・メガフェップス・ドキュン」ですよ。

アルファベットだと、

imac megaafepppss DQNです。

iimagine~を想像する
mmind~を気にする
aadmit~を認める
cconsider~を考慮する
mmiss~を逃す/し損なう
eenjoy~を楽しむ
ggive up~を諦める/やめる
aavoid~を避ける
aappreciate~を感謝する
ffinish~を終える
eescape~から逃れる
pput off~を延期する
ppostpone~を延期する
ppractice~を練習する
sstop~をやめる
ssuggest~を提案する
Ddeny~を否定する
Qquit~をやめる
N(need, want, require, deserve) 

 

注意

最後の「N」のneed, want, require, deserveはVingは特別な用法として扱ったほうが無難。

覚えるためにこの表に書いてあると思ってください。

need to V:Vする必要がある

need Ving:Vされる必要がある

など、意味も変わります。

ABOUT ME
野村勇介
英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)