独学英語勉強法

2019 金沢医科医学部医学科 後期試験について by JP英語塾

『金沢医科の後期ってどういう問題が出るの?』

という疑問にお

医学部受験のみなさん、ラストスパートですね。

“金沢医科 医学部 後期試験”の英語の特徴を知っている限りで書いていきます。

金沢医科 後期の特徴

後期試験は昨年始まったばかりで、過去問は一年分しかありません。

医学部予備校などは過去問を手に入れられます。

 

形式はほぼ前期と同じです。

 

ということです。

そこそこ英語が得意ならば現役生も戦えます。

 

試験内容

倍率(後述)は物凄く高いのですが、英語と数学1A2Bのみです。

数3と理科がないのが大きいです。

浪人生が強いのは数3と理科です。

それらを課さないということは、「優秀な現役生を確保したいのでは?」とも考えられます。

ですので、「あー、浪人確定か・・・」と思わずに、現役生も本気で戦ってください。

ワンチャンあります。

後期試験の英語

前期試験よりもやや簡単という印象です。

数学も受験した生徒によると「簡単だった」という学生が多かったです。

前期より簡単ということは、難易度は、

センター試験程度~+α

と考えればよいと思います。

前期試験同様、長文中に文法問題も入れこんでくる形式です。

意味だけでは解けない問題もあります。

しかし、傾向がコロコロ変わるのも医学部入試の特徴です。

傾向が変わることもあるので、気を付けましょう。

一応、前期の問題で高得点が取れる人は問題なく得点できると思います。

つまり、傾向が変わらないならば、実力が高い人が順当に点数を取れる試験の可能性は高いです。

時間はやや足りないかもしれません。

もし昨年同様の簡単な試験であれば、

 

正確に最後まで解ければ合格点取れます。

 

英語は最低8割。

ぜひ、8.5割-9割狙いましょう。

 

頑張ってください。

後期の合格発表日

1次試験:2/21 木曜

1次合格発表日:2/26 火曜


2次試験:3/4 月曜

2次合格発表日:3/7 木曜


合格発表まで、かなりスピーディーですね。

金沢医科大学 後期の倍率や合格率は?

  • 受験者:約1200人
  • 正規合格者:10人
  • 補欠合格者:70人弱
  • 繰り上げ合格者:4人
  • 総合格者:14人
  • 倍率:90倍弱

となっています。

一次試験の合格最低点

140/200点

= 70%

です。

ただ、これは一次合格者の最低点です。

倍率を考えると、合格には85%が必要だと考えます。

金沢医科の現役・浪人比率

現役10名強

浪人90名強

現役:浪人=1:9で、浪人生が圧倒的に受かりやすい大学です。

「ちゃんと勉強してから入学してね」ということでしょう。

まとめ

高得点勝負になると思います。

現役生も戦えるので、諦めずに頑張ってください。

各技能別の勉強法についてはこちらの記事を参考にしてください。

英語で伸び悩んでいる方、来年度、どの塾にしようか迷っている方は、こちらの記事から「JP英語塾」にお問合せ下さい。

今年も私立医学部受験合格者出ています(^^)

ABOUT ME
野村勇介
英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)