ガジェット

iPad Pro純正キーボード付きカバー(Smart Keyboard)が使いやすい

iPad Proの純正キーボードが意外と使いやすいことに気づいたので、シェアしたいと思います。

ちなみに、この記事で扱っている”純正Smart Keyboard”で書いてみました。

iPhoneやiPadのキーボードって意外と使いにくい

Apple製品って、Macbookはパソコンなので問題ないのですが、iPhoneやiPad単体のキーボード、つまり、画面に出てくるデジタルキーボードはかなり使いにくいです。

例えば、矢印キーがないんですよね。

iPhoneにわざわざGoogleキーボードをダウンロードしても、それにも矢印キーが付いていません。

 

そんな頑なに矢印キーを搭載したくないのか、Appleよ。

 

個人的には・・・なのですが、Androidのほうがタイピングだけは圧倒的に使いやすいです。

矢印キーの差は圧倒的です。

アプリでShimejiとかダウンロードするのは悪くないのですが、日本製の文字入力アプリは英字タイプが超微妙です。

英語講師としては、英字を打つ時のストレスは抱えたくないんです。

なので、アプリでってのは選択肢にありません。

iPadの純正キーボードが意外と使いやすい

iPhoneやiPad単体のキーボード(画面に出てくるデジタルキーボード)は使いにくいですが、iPadの純正キーボード付きカバー(正式名称:Smart Keyboard)は使いやすいです。

気に入りました。

とにかく使いやすい。

  • iPhoneやiPadと連携ができる
  • 矢印キーがある
  • iPadだからタッチ操作できる
  • iPad Proだと処理速度がモンスター級
  • そして、どのノートパソコンよりも軽い

連携はApple製品をご使用の皆さんはご存知の通りです。

iPadのカバーのキーボードだと、英数キーとかなキーがスペースキーの両脇に別れて付いているのもGoodです。

サイズ的には、普通のテンキー無しのキーボードと同じサイズです。

キーピッチが狭くないので、タイピングしやすい。

マニアックなのですが、教材を作ったり、保護者の方にメッセージを送ったり、ブログ記事を書いたりと、タイピングを多用するので、キーボードは個人的にとても大切です。

生活の一部というか。

音声入力だけだと限界があるので、ちょっとiPadの使用頻度をあげてみて実験してみます。

最新モデルだと、Smart Keyboard Folioとなっていました。

Apple Smart Keyboard Folio (12.9インチ iPad Pro (第3世代)用) – 日本語
ABOUT ME
野村勇介
英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)