読書記録・感想

When 完璧なタイミングを科学する/ダニエル・ピンク|感想

最近は教養を深めようと、色々と本を読み始めています。

この本は面白かったです。

どうやってやるべきとか、何をやるべきとかではなく、「いつやるべき」なのかを指南してくれる本です。

ビジネス書は内容がわかりやすくていいですね。

さっき読んだ「ホモ・デウス」は過去の振り返りから、現代生活をどう生きるべきかの示唆がメインで、抽象的な内容ですが、こちらは具体的。

 

ダニエル・ピンクは動画のTEDでも有名な人ですね。

アール・ゴア元副大統領の首席スピーチライターです。

クリントン政権時代に政治の世界で仕事をしていたんですね。

知りませんでした。

ちなみに、さっきのTEDの動画はめちゃ面白いです。

そうか、プロのスピーチライターだから面白いんですね。

ダニエル・ピンクは有能な人なんだ。納得。

 

運動のタイミングはかなり参考になりました。

ダイエットのために運動するなら朝がよいらしい。

20%も多く脂肪が燃焼するとのこと。

毎日積み重ねれば、その20%が大きく結果を左右するはず。

また、午前に運動をすると、気分のムラが抑えられるみたいですね。

かつ、テストステロンは午前中によく出るので、早朝に筋トレすれば、筋肉がつきやすいそうです。

むむむ、運動は朝するべきとは聞いたことはあるけど、理由をすると俄然やる気が出ますね!

 

「最高の体調」でも読んだが、自然と触れ合うことが大切。

木や森、海、川何でも良い。

自然の良さはみんなが知っているのだけれど、過小評価をし過ぎらしい。

かなりの効果があると書いてある。

運動不足で鬱気味になりやすい人は、自然の中を散歩することを習慣にすべきだ。

 

あと、幸福感は30代後半から40代で下降し始めて、50代が最低らしい💦

私30代後半なので今のうちに頑張らないと❗️

 

転職のタイミング、結婚のタイミングなどについても書かれている。

不況時に就職すると、生涯賃金が下がるらしい。

これは面白い。

個人差はあるが、統計データでわかるのは説得力がある。

もちろん、個々が努力するしかないことはあるけども、タイミングというのは意外と大事ということ。

アスリートはアーティストなどは、何かしら願掛けすることがあるけども、タイミングと何か関連はあるかもですね。

 

最後に、P273-275に、この本に関連するテーマの本が六冊紹介されています。

この六冊気が向いたら今度読んでみます。

ABOUT ME
野村勇介(Bryce)
◉英語勉強法.jp編集長 ◉英語本評論家 ◉元大手英語系予備校・医学部予備校講師 ◉TOEIC985点 ◉TOEFL100+α 名古屋英語専門塾 4技能対策 塾長