医学部受験に強い全国対応の英語塾はこちら
独学英語勉強法

5文型の倒置は3タイプ|頻出8パターンをご紹介

倒置がよくわからないんですけど・・・

というお悩みを解決できる記事です。

倒置自体が大きく分けて2つあります。

今回はそのうちの1つ、5文型の倒置を説明していこうと思います。

厳密に言うと、5文型の倒置は10パターン以上ありますが、頻出の8パターンをご紹介いたします^^

倒置は大きく分けて2つ

疑問倒置

否定語が前に出て、その後ろが疑問文の形になるときがあります。

これが疑問倒置です。

I never dreamed of such things.(普通の文)

Never did I dream of such things.(疑問倒置)

そのようなことは夢にも思わなかった。

neverが前に出て、後ろが疑問文になっていますね。

これが疑問倒置です。

前に出る否定語はパターンになっています。

↓こちらの記事にまとめていますよ^^↓

工事中ですm(__)m

5文型の倒置

ここが超重要!!!

5文型の倒置は3タイプあります。

タイプ①:5文型の要素(SVOC)のどれかが前に出る(or後ろに行く)

タイプ②SVがひっくり返る

タイプ③①+② つまり、①(何かが前に出て)+かつ②(SVがひっくり返る)

この3タイプを覚えておいてください。

【5文型の倒置】表で理解

頻出8パターン

自動詞3パターン
1文型 SVM MVS
2文型-① SVC CVS
2文型-② SVC CSV
他動詞5パターン
3文型 SVO OSV
4文型 SVO1O2 O2SVO1
5文型-① SVOC OSVC
5文型-②   SVCO
5文型-③   C(,)SVO

番外編

この他にVが前に出るタイプ・4つのパターンがあります。

上記の8つと合わせると、12パターンあるってことですね。

多いですね💦

この記事では紹介しません。※

2文型 SVC VSC
3文型 SVO VSO
4文型 SVO1O2 VSO1O2
5文型 SVOC VSOC

 

↓動詞が前に出るものは、こちらの記事で紹介しているので、よかったら読んでみてくださいね^^↓

あわせて読みたい
5文型の倒置②|動詞が前に出るパターン この動詞が前に出るパターンは、譲歩の意味で使われることが多いようです。 なので、訳に迷ったら 「たとえ~でも」 と訳せば正解に...

5文型の倒置は3タイプ

ここが超重要!!!

先ほど全く同じ説明ですが、おさらいです。

5文型の倒置は3タイプあります。

タイプ①:5文型の要素(SVOC)のどれかが前に出る(or後ろに行く)

タイプ②SVがひっくり返る

タイプ③①+② つまり、①(何かが前に出て)+かつ②(SVがひっくり返る)

この3タイプを覚えておいてください。

1文型 SVMの倒置 → MVS

At the back is the garden.

後ろには庭がある.

①要素が前に出る②SVがひっくり返るタイプです。

これはthe gardenに重点がある表現です。

文末強調、つまり、英語では強調したいことを後ろに持ってくる側面があります。

文の要素

M = at the back

V = is

S = the garden

となっています。

場所の副詞句[at the back]が前に出ることで、主語の[the garden]が後ろに回り、動詞の[is]が前に出ています。

つまり、MVSの語順になっています。

通常の語順は、

The garden is at the back.

(庭は後ろです)

これはat the backに重点があります。

ポイントを整理しておきましょう。

以下の条件があるときに倒置が起こりやすいです。

  • 場所の副詞句
  • 位置を表す動詞:be, lie, live, sit, stand
  • 動作を表す動詞:come, go, rise
  • 主語に重点を置く言い方

主語が代名詞の時は、SVのままです。

つまり、MSVなので、普通の文です。

<At the door> he was standing.

ドアのところに彼は座っていた。

2文型 SVCの倒置-① → CVS

Happy is the bride on whom the sun shines.

⦅諺⦆ 婚礼に日の照る花嫁は幸先(さいさき)がよい.

引用:『新英和大辞典 第6版』 研究社

これは①要素が前に出る②SVがひっくり返るタイプです。

CであるHappyが前に出て、VSとなっています。

Sはthe bride (on whom the sun shines)ですね。

ちなみに、on+whom(関係代名詞)です。

2文型 SVCの倒置-② → CSV

Very happy they were.

彼らはとても幸せでした。

タイプ①です。

S(主語)が代名詞の時はCSVとなり、Cが前に出ます。

※SVはひっくり返りません。

他動詞の倒置

他動詞の倒置は、文末にあるOが前に出るのが基本のパターンです。

つまり、タイプ①ですね。

まずはOが前に出る倒置を先に覚えるといいと思います。

あとは、

  • 5文型のOが後ろにいく(タイプ①)
  • 5文型のCが文頭に出る(タイプ①)

これらもタイプ①です。

つまり、SVOCのOかCが、前や後ろに移動するってことですね。

3文型 SVOの倒置 → OSV

All his jokes fell flat, but those, however flat they did, he seemed to like.

彼のギャグは全部すべったが、どれだけすべっても、それらのネタをどうも彼は気に入っているようだった。

タイプ①です。

he seemed to like those.
 S          V             O

thoseが前に出ていますね。

もっと簡単な文章だと、

Dogs I like; Cats I dislike.

犬が好きで、猫が嫌いなんです。

という感じになります。

4文型 SVO1O2 → O2SVO1

A car I gave her, not a bag.

車を彼女に上げたんです。バッグではありません。

※追記します

5文型 SVOCの倒置① → OSVC

Even the things that I’m not proud of, I accept as part of my journey to where I am today.

引用:Chicken Soup for the Soul: My Resolution

けっして誇らしくないことも、今の私になるまでの道のりの一環として受け入
れている。

タイプ①です。

Oが前に出ています。

S accept O as C

→ [O ———– ], SV as C

になっています。 

5文型 SVOCの倒置② → SVCO

There are people behind the scenes who make possible the splendor of the stage.

華やかな舞台を裏で支える人たちがいる.

『新和英大辞典 電子増補版』 研究社

タイプ①です。

Oが後ろに移動しています。

~who make [the splendor of the stage] possible.(SVOC)

が文法的には普通の語順ですが、「~が可能にしているのは○○なんです」というように○○の部分を強調したいと考えられます。

つまり、Oである[the splendor of the stage]を強調したいので後ろに来ていると思われます。

もう1つご紹介しておきます。

Please find attached a file of the system development contract.

システム開発契約書のファイルを一部添付いたしました。

『説得できる英文Eメール 200の鉄則』 日経BP社

こちらは、find OCの形が、

find C [O —————– ]

となっています。

Oが長いからですね。

この例文、次のように、attached(=C)が前に出るときもあります。

5文型 SVOCの倒置③ → C(,)SVO

Attached please find a detailed statement.

⦅商用文などで⦆ 明細書を添付いたします.

『ランダムハウス英和大辞典(第2版)』 小学館

これもタイプ①ですが、Oではなく、Cが前に出ていますね。

S find OC

= S find 名詞 attached

がふつうですが、

attached S find 名詞

Cが前に出てCSVOになっていますね。

※pleaseで始まっている命令文なので、主語は書かれていません。

Vpp(過去分詞)は形容詞扱いなので、「あれ、主語じゃないのが文頭に来ている・・・」と思えるかどうかが肝要です。

ただ、この文章は理解というよりも、頻出表現として押さえておくほうがいいかもしれません。

TOEICでよくみる表現の1つです。

まとめ

けっこうありますね(^^;)

でも、表のところで頭を整理しておけば、意外と簡単ですよ^^

 

↓動詞が前に出るものはこちらの記事で紹介しているので、ここまでたどり着いたあなたは要チェックです!↓

あわせて読みたい
5文型の倒置②|動詞が前に出るパターン この動詞が前に出るパターンは、譲歩の意味で使われることが多いようです。 なので、訳に迷ったら 「たとえ~でも」 と訳せば正解に...
ABOUT ME
野村勇介(Bryce)
◉英語勉強法.jp編集長 ◉英語本評論家 ◉元大手英語系予備校・医学部予備校講師 ◉TOEIC985点 ◉TOEFL100+α 名古屋英語専門塾 4技能対策 塾長