マレーシア留学

クアラルンプール英語留学(マレーシア首都)がおすすめな理由

こんにちは。英語勉強法.jpの野村です。

11/5からマレーシアのクアラルンプールに来ています。

来てみて、クアラルンプールに語学学校がたくさんあることに気付きました。

集団授業ではあるのですが、環境がかなりいいのでシェアしたいと思います。

クアラルンプールで英語学習する4つのメリット

  1. 学費が安い
  2. 学校も住居も都心部
  3. 日本人がいない
  4. 街中でも英語が割と通じる

クアラルンプールの語学学校は学費が安いです。

クアラルンプールの語学学校の一日の流れ

  • 9-13時 4コマ
  • 13-14時 お昼休憩
  • 14-16時 2コマ

こんな感じで、6コマの授業を受けられます。

学費が安い

平日週5回授業を受けられて、(2019/11/15のレートですが)、学費は約8万円しないくらいです。

もちろん、長期滞在すると割引もあります。

長期滞在者には学生ビザが出ます。

また、半年以上滞在する人は、学生ビザで個人の銀行口座などを作ることができますが、外貨を貯めておきたい人にはけっこうメリットだと思います。

立地はクアラルンプールの都心部

マレーシアの首都はクアラルンプールです。

マレーシアの都心部は賃貸が豊富で、高級コンドミニアムでもかなり安く借りることが可能です。

学校も都心部にあり、周辺に大きなショッピングモールがあるので、生活必需品などの買い物で困ることがありません。

学校での授業が終わったら、自習室で勉強したり、近隣のショッピングモールのカフェなどで勉強したりすることが可能です。

都心部で格安で授業が受けられて、かつ滞在もできる環境は、意外と多くありません。

その他の東南アジア諸国と比較しても衛生面は抜群に良いです。

日本人がいない

東南アジアで一番有名なのは、明らかにフィリピンでしょう。

猛烈にたくさんの学校があり、日本からも近くて人気なので、日本人がめちゃくちゃいます。

クアラルンプールは正直、語学学校があるだなんて(私は)聞いたことがありません。

私が先日取材してきた語学学校には日本人は一人だけで、その方も「もう帰国する」と言っていたので、要はクアラルンプールの大半の語学学校には日本人はほぼゼロのようです。

クアラルンプールの生徒さんは、中国、韓国、ロシア、アラブ系の人が多いようです。

友達になっても日本語が使えませんから、英語を使わざるを得ないので、英語学習環境としては最高だと感じます。

日本人ばかりの環境だと、やはりスピーキングは伸ばしにくいです。

私自身、フィリピン留学に行ったときは、できるだけ韓国人と台湾人の友達と一緒にいるようにしましたが、やはりそうでもしないと留学の効果は限定的です。

言語は必死にならないと身につかないので、周囲の環境が本当に大切です。

フィリピンで日本人がゼロの環境ですと、韓国人経営のところか、バギオなどの田舎になりますが、生活するには田舎はやることもないですし、割と不便します。

その点、クアラルンプールはかなり環境が良いです。

クアラルンプールの公用語は英語

クアラルンプールは普通に英語が通じます。

多国籍企業が多いのと、観光客も多いので、大半の人は英語を使うことに抵抗が無いようです。

語学学校の講師はネイティブスピーカーか、ネイティブ並みの人が多いので、その点は安心です。

正直、ネイティブが一番いい先生かと聞かれると、そうでもないので、別に先生の国籍は関係がないと思います。

それよりも英語が身につく環境かどうか、それが一番大切です。

クアラルンプールは語学学校に日本人がとにかく少なく、日常的に英語を使う環境があるので、その点は問題ないでしょう。

クアラルンプール留学のデメリット

  1. 日本からやや遠い
  2. 集団授業

この二点はデメリットでしょう。

フィリピンはやや近い

フィリピンのほうが物理的に近いのが良いですね。

飛行機のチケットは、住んでいる地域によると思います。

近場の国際空港から直行便が出ている国が一番便利だと思います。

飛行機のフライト時間は、正直寝ていればあまり変わりないですね。

それよりもLCCなどのチケットが安くて、かつ直行便があるかどうかが重要だと思います。

マンツーマンならフィリピン

また、フィリピンは個別のマンツーマン授業で、先生の歴が長い人がかなりいます。

コールセンター出身の人も多いので、英語はかなり堪能で、特に若い先生はYouTubeでネイティブの英語に触れているので、英語が流暢な人がどんどん増えている状況です。

マンツーマンで授業を受けたい人はフィリピンのほうが間違いなく軍配が上がると思います。

 

まとめ

ざっくりですが、クアラルンプールの語学学校についてご紹介しました。

もしマレーシアでの英語留学が気になる方は、滞在先や学校の手配が可能なので、お気軽にお問合せください。

お仕事の依頼・英語学習相談・留学サポート・お問合せ等はこちら当サイトへのご訪問ありがとうございます。 英語勉強法.jpでは以下のサービスをご提供しております。 広告の設置(ブログ&T...

 

今回はこれくらいにしておきます。

英語塾をお探しの方(大学受験・英検・TOEIC・TOEFL)

JP英語塾|日本全国・海外対応のオンライン英語予備校

ABOUT ME
野村勇介
英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)