プログラミング学習

プログラミングを学ぶために仕事を辞めるのはリスク高いです。

プログラミングを学ぶのに仕事を辞めようか迷っているんですけど・・・

という方のお悩みを解決できる記事です。

プログラミングスクールってどうなの?

フィリピンのセブ島にある『Kredo』さんで、プログラミングを学習しています。

授業はすべて英語です。

プログラミングスクールには一長一短あります。

間違いなく、メリット・デメリットがあります。

詳しくはこの記事では説明しませんが、ざっと上げておきます。

メリット

  • 質問ができる
  • 課題をクリアすることでレベルが上がる
  • 先生が元エンジニア
  • 年齢次第では就職先を斡旋してくれる可能性がある

デメリット

  • 費用が高い
  • 学校が合わなかったときの無駄金・無駄な時間感が半端ない
  • プログラミングが合わなかった場合、リスク高し

仕事を辞める前にプログラミングが自分に会うのか確認すべし

私は素人なので、プロの大変さはわかりませんが、基礎を学ぶ程度なら誰でもできると思います。

しかし、Pythonをやっていて思うのは多少の数学的な感覚は必要ということですね。

数字やコードを代入する的な感覚が必要になるので、数学が得意な人のほうが理解しやすいと感じます。

もちろん、初歩程度ならどうにか理解できると思います。

フロントエンドのHTMLやCSSは見た目でわかるので、とっつきやすいし、身につきやすいです。

一方、バックエンドになってくると、ある程度の頭の良さは最低限必要なのかなとも感じます。

なので、勉強が苦手な人はひょっとすると、使うプログラミング言語の深い部分になってくると理解が難しいかもしれません。

どのみちやってみないとわからないことばかりなので、しばらくやってみないと判断はつかないと思いますが、リスクは存在します。

仕事しながらまずはやってみる

では、どうすればいいのか。

仕事を辞めてからプログラミングをスタートするのではなく、

今すぐにでもまずはトライしてみましょう。

プログラミングは合う合わないが激しいと思います。

なので、仕事を辞めてから勉強をし始めるのは高リスクです。

1、2か月、仕事終わりや土日を使って学んでみましょう。

Progateやドットインストールなどを使えば、独学でもある程度学べます。

完全にゼロで学校に来ても学べることは少ないです。

なので、少しはやってみて、合うか合わないか判断してから学校探しをすればいいと思います。

全部学校で習おうというマインドの人は、何をやっても身につかないと思います。

英語も同様で、中高6年やっても身につかなかったじゃないですか。

学校外での勉強も含めて勉強です。

学校は加速度を上げるために利用するだけなので、学んだことを身に着けるのはあなた自身の努力によります。

「学校に行けば何かできるようになる」と思わないほうが無難ですので、ぜひそのことは念頭に置いて計画を立てておきましょう。

プログラミングスクールと英語勉強法まとめ

以下の記事に『英語勉強法』とプログラミングの主要記事をまとめてあります(^^)

留学前に英語の勉強をしておきたい人はぜひ参考にしてみてください。

セブ 英語×プログラミング『Kredo』体験記

筆者が体験取材してきた内容をまとめてあります(^^)

セブ IT×英語留学の『Kredo』体験記・体験談まとめ といった方のお悩みを解決できる記事です。 セブ IT×英語留学の『Kredo』に体験取材に来ています。 記事を作成したら、このま...

英語勉強法まとめ

技能別の英語学習法を詳しく解説しています。

高校中退でも独学で英語を話せるようになった僕が伝えたいこと挫折せずに『独学で』英語を勉強する方法を各技能別、資格試験別に網羅しました!大学受験や社会人の勉強法も。要望があれば追記も可能です(^^)...

国内でプログラミングを学びたい方はこちら

以下のような方はTechAcademyがおすすめです。

  • 独学でプログラミングがそろそろ限界の方
  • フィリピン留学に来るのが無理な方
  • 日本で仕事をしながら勉強したい方
ABOUT ME
野村勇介
英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)