英語勉強法

“as it is”など、暗記したほうが早いものまとめ

as関連の表現で、暗記しておいたほうがいいものをご紹介します。

“as it is”など、暗記したほうが早いものまとめ

以下の4つをまず覚えましょう。

実は他にも意味がありますが、最初から全部は覚えられません。

とりあえず、これらを覚えましょう。

単数形の現在形と過去形。

複数形の現在形と過去形。

計4つですが、要は全て同じです。

  1. as it is=(それが今)あるように
  2. as it was=(それが過去に)あったように
  3. as they are=(それらが今)あるように
  4. as they were=(それらが過去に)あったように

他の意味は別記事で紹介いたします。

as it is=(それが今)あるように

You have to accept the situation as (it) is.

状況をありのまま受け入れないといけない.

引用:ジーニアス英和辞典

My blood pressure’s bad enough as it is.

私の血圧は今のままでも十分ひどい。

引用:ウィズダム英和辞典

Leave the chair as it is.

椅子をそのままにしておいてください・現在あるように

as it was=(それが過去に)あったように

Everything’s just as it was.

すべて昔のままだ。

引用:ウィズダム英和辞典

as they are=(それらが今)あるように

You should see things as they really are.

物事をあるがままに見るべきだ。

as they were=(それらが過去に)あったように

Put the books back as they were.

本を戻しておいて・元にあったように。

ABOUT ME
野村勇介
英語講師|英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、ゼロからの英語勉強法などを発信(^^)|医学部受験に強い『JP英語塾』を運営|個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PVを達成|高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています|TOEIC985点,TOEFLiBT100+α
YouTubeチャンネル登録者 増加中!

英語勉強法.jpはブログ&YouTubeという新しい形に進化しています。ぜひこの機会にチャンネル登録してみてくださいね(^^)/

 

英語の勉強法まとめはこちらのページへ

英語塾をお探しの方はJP英語塾へ