中南米・スペイン語圏

スペイン語留学中のアンティグア・グアテマラでの1日

こんにちはpoohishです。

私が絶賛おすすめ中のグアテマラ・アンティグアでのスペイン語留学。

もっと具体的に想像ができるように、今日はスペイン語留学で

アンティグアに滞在した場合の1日の過ごし方を平日・週末にわけてご紹介します。

これを見れば、アンティグアでは意外と日本とあまり変わらない生活をしているということがわかるかもしれません。(実際の私の日本での生活はもっと外食や夜遊びが多いのですが・・・)

私はインターネットを使ってライターをしているので、同じくネットでお仕事が完結する人にとっては非常に参考になるかもしれません。

多くのスペイン語留学生が、1日4時間・週20時間のコースを取っていますが、私はあまり長時間勉強に集中することができないこと、仕事もしているので余力を残しておきたいことから、

1日3時間・週12時間(月〜木)

もしくは

1日2時間・週10時間(月〜金)

でクラスを取っています。

こんなことができるフレキシブルさもグアテマラでのスペイン語留学の魅力です。

それはまた他の記事でご紹介するとして、今回は1日3時間のレッスンを取った場合のスケジュールをご紹介します。

アンティグアでの1日:平日・学校がある日編

ではまずは平日、スペイン語の授業がある日をご紹介します。

起床 6:00

私はホームステイをしているので、平日は食事が出てきます。朝食の前にシャワーを浴びたりするので、6時には起きて6時過ぎから行動をし始めます。

アンティグアは水事情がそれほど良くなく、多くの家庭が水を使う時間帯(午前中)は、水圧が強くありません。

特に私の使うシャワーは2階にあるので、1階より水圧が弱めなんです。

早朝ならしっかり水が出てくれるので、頑張って早起きしてます。

生活リズムが整うのでちょうどいいかと。

 

ちなみにシャワーが出ない時間があることに不安を感じる人は、ホームステイリクエスト時に学校側に事情をきいてみるといいかと思います。

私が滞在しているおうちは、夕方以降と早朝は問題なくシャワーを浴びられるので、特に気になっていません。

朝食 7:00

うちの朝食時間は7時です。

多くのスペイン語学校では8時から授業が始まるため、それに合わせて7時になっているようです。

グアテマラの典型的な朝食というと、フリホーレス(こしあんの塩辛いバージョン)とチーズとパン。

それに加えて卵料理という感じです。

私の滞在先ではフルーツとアベナという穀物でできたあったかい飲み物(Atolといいます)かシリアルなことが多いです。

私はアベナにバナナを入れて食べるのが好きなので、アベナが頻繁に出てくるのは嬉しいです。

 

朝食を食べたら、少しごろごろしたりしながら、学校に行く準備をします。

私はSkypeで日本人相手に英語を教えているので、日本時間の23時にあたる午前8時台にレッスンが入っていれば、急いで学校に行って、学校のWiFiを使ってレッスンをしています。

授業 9:00-12:00

他の生徒たちの授業は8時に始まりますが、3時間コースの場合は9時からです。

ちなみに、

4時間コース

10時に20〜30分くらいの休憩が入ります。

3時間コース

10時〜11時の間に10分くらい休憩が入りますが、ない場合もあります。

 

授業はプライベート(マンツーマン)なので、完全オーダーメイド制です。

望めば一緒に公園まで散歩しながら会話することもできますし、メルカド(市場)に行くのも可能。

もちろん、みっちりお勉強もできます。

すでにある程度スペイン語知識がある人は、自分が何を学びたいのかを明確にしておかないと、満足度は低いかもしれません。

 

ちなみに私の場合はニュース記事を読んだり、フリートークをしたり、気分が乗れば苦手な文法の練習をしたりと、その日によってまちまちです。

トランプで遊ぶこともあります。

遊び方の説明をスペイン語でしたり、「カードを切る」「カードを配る」などの言葉が学べるので、意外と実用性高めです。

昼食 13:00

学校のあとは家に帰って昼食です。

少し時間が空くので、私の場合は仕事関係のメールチェックをしたり、ちょっとした仕事を片付けたりします。

スペイン語留学だけで来ている人は、この時間に学校の宿題を少しやったり、昼寝をしたりとさまざまです。

 

グアテマラでは昼食が一番豪華。

私のステイ先のママは、とても料理上手なので毎日昼食が楽しみです。

昼食は伝統的なグアテマラ料理や季節によってはワカモレなどのアボカド料理、それにサラダが定番です。

グアテマラ料理はトマトの出現率が高く、トマト煮込み的な料理が多いです。

私が一番好きなのは、鶏とインゲン豆のトマト煮込み。

パクチーが入っていてとても美味しいです。

インゲン豆やもやしのピカタ(卵と小麦粉にまぶして焼く料理)やワカモレも美味しく、とりあえず何でも美味しくいただいています。

ただこれは、私がとてもラッキーでご飯の美味しいおうちにステイしているからだと思います。

お肉が出ない家(でも自分たちはお肉を食べている)や、毎日ほぼ同じメニューの家などの話も聞くので、当たり外れがあるんだと思います。

 

私のステイ先は毎日色々な料理を食べさせてくれますが、昼食には味付きご飯とトルティーヤは必須。

グアテマラに限らず、中米は炭水化物まみれです。

仕事・習い事など 14:30-18:30

昼食を食べたら、スペイン語留学中の人は休憩したり、学校の宿題や復習をしたり色々です。

6時間以上のコースの人は、午後にも授業があります。

 

私は仕事があるので、昼食後少しゆっくりしたら学校に行って仕事を始めます。

学校のWiFiがそこそこ安定しているので、使わせてもらってます。

そこでたまに先生たちと話したり、インターネットで遊んだりしながら18時半くらいまでお仕事です。

 

サルサのレッスンやスポーツジムでのスタジオレッスンを取りたい日は、17時くらいからそっちに行きます。

どちらも学校からとても近いので、重たい荷物は学校に置き去りにすることも。

 

ちなみに学校がある日は1日合計3時間〜4時間くらいしか仕事をしていません。

金曜・土曜は朝から夜まで仕事をするので、それで週30時間くらい働いている計算になります。

夕食 19:00

夕食は19時からです。

グアテマラの夕食は軽めです。

夕食を食べ過ぎると太りやすいので、理にかなってますね。

夕食のメニューは、フリホーレスと卵だったり、スープとパンだったり、パスタが出て来たりと色々です。

じゃがいもや野菜を蒸したものも出て来ます。

ステイ先のママは本当に料理上手で、そんな簡単なご飯でも、本当に美味しいです。

夕食は朝食や昼食よりも時間に余裕があるため、この時間にママや同じ家に住んでいるスペイン語留学生たちと楽しく会話したりします。

自由時間 20:00-24:00

夕食後は自由時間です。

私はご飯を食べると眠くなるので、大抵ここで2時間くらい寝てしまいます。

この時間の間に手洗い洗濯や、シャワーをすませることも。

同じ家でステイしている人たちは、この時間にシャワーを浴びている子が多いです。

 

ライターの仕事に遅れが出ていたら、この時間に仕事をすることもあります。

やっても1時間くらいでしょうか。

メールの返信やちょっとした事務処理なら、気づいたときに片付けます。

寝ていない時間は、購入した電子書籍を読んだり、オフラインでできるスマホゲームをしたりします。

私の部屋はWiFiが弱いので、あまりネットサーフィンをできないのが難点です。

LINEはできることが多いので、日本にいる友達とLINEしていることも。(日本は午前中です。)

就寝 24:00~26:00

寝る時間はまちまちですが、24時になると寝ることを意識し始めます。

夕食後の仮眠をしなければ、24時には寝てしまいますが、仮眠をした場合は26時(午前2時)まで起きていることも。

6時には起きるので、午前1時までには寝たいところですね。

ちなみに同じ家にいる他の学生たちは、23時くらいに寝ちゃうそうです。

健康的ですね(^^)

アンティグアでの1日:土曜日

さて次は授業がなく、ステイ先では朝食しか出てこない土曜日についてご紹介します。

起床 7:00

土曜日は朝食の時間が8時なため、7時に起きます。

土曜日は平日よりも行動を始める時間がみなさん遅いのか、この時間でもまだまだシャワーが元気に出てくれます。

朝食 8:00

朝食は8時です

土曜日でも特にいつもと変わりない朝食です。

マメに料理をしてくれる私のステイ先ですが、土曜日はシリアル+フルーツ率が高いのでママも土曜日はちょっとゆっくりしたいのかもしれません。

仕事 10:00-12:30

土曜日は授業がないので、午前中から学校に行って仕事をします。

朝は比較的簡単なお仕事や時間を取らないお仕事から片付けていきます。

遊んだりしながらなので、2時間も仕事していないかもしれません。

Skypeレッスンが入って入れば、9時には学校に行きます。

 

他の留学生たちは宿題を片付けたり、だらだらしたりとさまざまなようです。

友達とお出かけすることもあるようですね。

私はグアテマラで一番仲良しの友達がSkypeでスペイン語レッスンをしているので、その子の休憩中におしゃべりしたりします。

オールスペイン語なので、練習になっているかと!

昼食 13:00

大体13時前におなかが空くので、一旦お仕事を切り上げてご飯にします。

私はメルカド(市場)でカツ丼を売ってるお肉屋さんで買うか、フライドチキンを買うか、ちょっとお高めのデリでサンドイッチを買うかまちまちです。

誘われれば誰かと昼食を食べに行くことも。

 

他の留学生たちも、友達とご飯を食べたり、パン屋でサンドイッチを買ったりと色々のようです。

仕事15:00-20:00

土曜日は少し多めに昼休憩を取ります。

食後はお昼寝をしていることも。

でも、大抵は15時には学校に行って仕事を再開します。

土曜日はステイ先で夕食が出ないため、いつもより遅くまで仕事をしています。

こちらも調べ物をしたり、遊んだりしながらなので5時間ぶっ続けではありませんが、この間3時間〜4時間は作業をしているかと。

土曜日はこの時間帯にSkypeレッスンをすることも。

グアテマラの19時が日本の朝10時なので、その時間にレッスンをしています。

夕食 20:30

土曜日の夕食はいつもより遅めです。

そして軽くすませます。

昼食の残りがあれば、それとお味噌汁という夕食だったり、パンと果物だったり、たまにインスタントラーメンを食べることも。

グアテマラで売っているインスタントラーメンは、辛いものが多く、変な後味が残る物が少なくて結構好きです。

日本でも人気の辛ラーメンや、中国系の辛いラーメンなんかがグアテマラでは人気のようです。

 

すごく優雅な氣分のときは、スーパーでハムやチーズとワインを買ってくるか、フライドチキンとビールを買ってくるかしていることも。

日本ではこんなにフライドチキンを食べないのですが、グアテマラはフライドチキンが美味しいです。

自由時間 21:00-24:00

軽く食事をすませたら、その後は自由時間です。

土曜日はいつもより仕事をしている時間が長いので、この時間に仕事をすることは滅多にありません。

納期直前だったり、仕事がたまっていたりするときくらいです。

一人で過ごす場合は、平日と同じような過ごし方をしています。

 

時々知人たちと飲みに行ったりもします。

夜ご飯を一緒に食べることも。

小さいですが、サルサを踊れるクラブもあるので、そこに行っていることもあります。

就寝 24:00~26:00

夜遊びをしても寝るのはこの時間帯です。

アンティグアではクラブも24時か25時くらいには閉まるので、閉店間際にUberを呼んで家まで帰ります。

アンティグアでの1日:日曜日

日曜日はステイ先では食事が出ないので、朝早く起きる必要がなく、割と遅くまで寝ていることもあります。

また私はライターの仕事をほぼ毎日していますが、日曜はよほどではない限り午前中しか仕事をしません。

 

そんなわけで日曜日のスケジュールは、朝8時くらいに起きること以外は土曜の午前中のルーティンをこなして、あとは自由です。

日曜はどこかで買ってくるよりも、外食率が高めです。

あとお昼寝をよくしています。

 

他の留学生たちは、日曜もしっかり勉強をしたりしているみたいです。

友達と遊びに行ったり、ご飯を食べに行ったりすることもあるとか。

私は日曜日は一人でゆっくり過ごしたいので、基本的にずっと一人です。

なぜか日曜日はWiFiの調子が良いことが多く、部屋からでもインターネットが使えることもあったりします。

 

お気に入りのカフェに昼ごはんを食べに行って、そのままネットサーフィンをしたり、スマホゲームをしたりして遊んでいることもあります。

アンティグアは、WiFi使えないお店の方が少ないんじゃないかというくらい、多くのカフェ・レストランでWiFiが使えるのがいいですね。

アンティグアでの休日の過ごし方:国内外に旅行をする

ここまでご紹介したのは、特に特別な用事のないアンティグアでの生活ですが、時間に余裕があるときには、旅に出るのがおすすめです。

土日だけでも、アティトラン湖お隣のホンジュラスなど、行けるところはさまざまです。

場所によっては日帰り旅行もできるので、土日のどちらかだけでもそんなおでかけが可能です。

アンティグア近郊にも、可愛い村があるので、そういったところに遊びに行ってみてもいいでしょう。

 

1日学校を休んで、金土日かけるなら少し遠いセムック・チャンペイやティカル遺跡エルサルバドルなんかにも行けるでしょう。

LCCが飛んでいるメキシコやコスタリカもおすすめです。

まとめ

今回はアンティグアでのスペイン語留学中の過ごし方を、ノマドワーカーな私の生活を中心にご紹介してみましたが、いかがでしょうか。

スペイン語のレッスンがある以外は、割と日本でやっていることと変わりません。

私の場合はアンティグアに友達が少ないのと、友達に小さい子供がいるため、あまり一緒に遊ぶことがないこともあり、日本にいるときよりも仕事がはかどっています。

また私は学校のWiFiを使って仕事をしていますが、家によってはWiFiが普通につながりますし(私のステイ先も部屋によっては問題なくWiFiが使えます)、カフェやレストランで作業や勉強をしている人もよく見るので、そんな風に仕事をすることもできるでしょう。

 

勉強にも仕事にも集中して取り組めて、その上生活リズムが整いやすいアンティグアでのスペイン語留学+ホームステイ。

スペイン語を極めたいノマドワーカーには、かなりおすすめです。

ABOUT ME
poohish
過去のイギリス在住歴5年弱。現在はフリーランスでライターをしながら翻訳や英語教師をするかたわら、日本を拠点に各地に旅をして、各国の文化や英語教育状況なんかを眺めたりしている。 たびのごはん Traveling to eat the world