【あなたに必要な恋愛フレーズ】片思い中のあなたに必要な英語フレーズ! by Midori

こんにちは!英語学習コラムライターのMidoriと申します。学習塾で英語講師をしていた経験や、自分自身の受験体験を通して英語の勉強法についてお伝えさせていただいております。

さて、英語でのコミュニケーションが上達してきてネイティブの友人が増えてくると、素敵な女性との出会いもあるかもしれません。日本人は、ただでさえ自分の想いをストレートに伝えるのが苦手だと言われていますので、英語で気持ちを表現するのはなおさら難しく感じると思います。

そこで、ネイティブの彼女が思わずきゅんとしてしまうような恋愛フレーズについてご紹介していきたいと思います。

 

▼もくじ
1. 英語で彼女を褒めてみよう
2. 英語で彼女をデートに誘ってみよう
3. 英語で告白してみよう
4. 素敵な英語フレーズで、素敵な恋をしよう♡

 

英語で彼女を褒めてみよう

恋愛のアプローチにおいて、「褒める」という行動は基本中の基本。相手の素敵な部分はどんどん褒めて、気になる彼女を喜ばせてあげましょう!

ところで、「可愛い、美しい」という意味の英単語は、カタカナ英語として日本でもよく使われますよね。しかし、ネイティブの彼女を褒めるときはその中でも彼女にぴったりの、とっておきの表現で褒めてあげたいものです。それでは、それぞれの単語の微妙なニュアンスの違いについて見ていきましょう。

cute(かわいい):チャーミングな印象

pretty(かわいい):少女のように飾り気がない

beautiful(美しい):外見だけでなく内面も美しい(心優しく聡明)

lovely(美しい):外見だけでなく内面も美しい(愛嬌が良い)

gorgeous(美しい):はっとするほど華やか

stylish(素敵):おしゃれでセンスがいい

hot(セクシー):性的魅力がある

sexy(セクシー):性的魅力がある

“hot”と”sexy”以外は、関係性問わず喜ばれる誉め言葉だと思いますが、外見だけでなく内面からにじみ出る美しさやかわいらしさを褒められると女性は喜びます。”beautiful””lovely”はぜひ使ってみていただきたい言葉ですね。

また、パーティーなどで相手がドレスアップして現れた時であれば、”gorgeous”はとてもうれしい褒め言葉です。いつもより気合をいれておしゃれしているからこそ人の目が気になりますし、褒められるといつもの倍うれしく感じるんですよね♪

 

英語で彼女をデートに誘ってみよう

デートのお誘いって、とっても緊張しますよね。日本語の場合でさえ、断られても後々気まずくならないように言葉を選んでしまいます。ここでは、英語で彼女をデートに誘うとき使えるフレーズについて、お付き合いのレベル別にご紹介してみたいと思います。

〇仲のいい友達レベル

「もっと相手のことを知りたいなー。気になるなー。」という段階ですね。お相手もまだ恋愛モードにはなっていない可能性が高いですので、警戒されないようにさらっと誘うのが大切です。

 

Do you want to hang out?(遊びに行かない?)”

Let’s hang out!(遊ぼうよ!)”

→“hang out”はカジュアルなお誘いに使いやすいフレーズですね。一歩進んでここで約束まで取り付けてしまいたい場合は、以下のように日時を後ろにつけて質問するとよりスムーズです。

Wanna hang out tomorrow?(明日遊ばない?)”

 

また、相手との関係性がそこまで深くない場合や、年上である場合などは、”hang out”ではややカジュアルすぎますので、以下のように聞いてみましょう。

Would you like to go to dinner?(夕食に行きませんか?)”

Would you like to go for a drink?(1杯飲みに行きませんか?)”

→”Would you like to~?”は、目上の方に使うのにも無難な、丁寧な誘い文句です。

 

〇友達以上恋人未満レベル

ここが一番難しい時期ですよね。丁寧さと気軽さを保ちつつ、異性同士としての特別感を出せる一言をご紹介しておきましょう。

 

May I buy you a drink?(1杯ごちそうさせてくれますか?)”

→映画やドラマのセリフでよくでてくるため聞いたことがあるかもしれませんね。お世話になった相手など同性の間で使われるケースもありますが、男性から女性へ個人的にこの発言をした場合はやはり特別な響きをもって相手に伝わります。バーで気になる女性を見つけたときの第一声にも使える言葉ですね。

 

*恋人同士レベル

お互いの気持ちが確認できて、ただの”hang out”や”drink”ではなくなってきた時に使いたいセンテンスを、2つご紹介したいと思います。

go out with ~

go on a date

意味合いとしては”date”というワードが入っている後者のほうがはっきりと「恋人同士」を意識させる言い方です。”go out”は、「出かける」という意味でも使われますので前後の文章によってニュアンスがずいぶんかわりますが、やはり”hang out”よりは「特別なおでかけ」であるようにとらえられます。

 

Do you want to go out with me?(僕と出かけない?)”

Let’s go on a date.(デートしようよ。)”

 

英語で告白してみよう

相手への想いが高まってきていよいよ恋人への一歩を踏み出す時、避けては通れないのが愛の告白ですよね。欧米人は日本人よりも表現豊かに愛情を伝えます。ネイティブ女子に伝わるよう、日本的感覚ではちょっとわざとらしく感じるくらいのロマンチックな言葉で彼女のハートをつかみましょう!

 

I can’t keep it silent any more.I truly love you.(もうこれ以上隠していられない。君のことが心から好きなんだ。)”

→二人で過ごしているとき、「やっぱりこの子が好きだなあ」と実感することってありますよね。そんな時想いに任せてこんなセリフを言われたら、女性は純粋にうれしいです。

truly(本当に、心の底から)”という単語が入っているのも、真剣な想いを伝えるのに効果的ですね。

 

Will you be my girlfriend?(僕の彼女になってくれる?)”

I’m in love with you.(君に恋してるんだ。)”

→ちょっとシャイボーイなあなたには、こんなフレーズはいかがでしょうか?ザ・シンプル!という感じの短いフレーズですが、遠回しにあれこれ言うよりもストレートに心に届くかもしれません。

 

You take my breath away.(君に夢中で息ができないほどだ。)”

→これは少し日本人にはハードルが高いフレーズかもしれませんが・・・。直訳すると「君が僕の呼吸を奪う」という意味で、息苦しいほど相手に夢中な気持ちを表します。3つの中では一番情熱的で素敵な表現ですが、相手の性格や関係性によっては「重たい・・・」と感じられてしまうかもしれませんので、よく考えてから使うようにしましょう。

 

素敵な英語フレーズで、素敵な恋をしよう♡

片思い中のあなたにぜひ使っていただきたい英語フレーズをご紹介してまいりました。使ってみたいと思うフレーズは見つかったでしょうか?

ただでさえ相手とのコミュニケーションが肝となるのが恋愛ですので、母国語の違う彼女にアプローチしていくとなれば、難しさを感じることもあるでしょう。

しかし、相手に気持ちを伝えたいという強い思いで、どんな単語を選んでどんな文章にして伝えれば良いか考えることは、英会話力アップにも大変効果的です。

ぜひあなたも、言葉の壁にひるむことなくすてきなネイティブの彼女にアタックしてみてくださいね♡

この記事を書いた人
Writer

九州大学経済学部卒業後、金融機関の営業職に従事。結婚を機に退職し、現在はフリーライターとして活動中。イギリスへの短期留学や学習塾での英語講師の経験をもとに、英語学習関連の記事を多数執筆している。 Twitter: @Midori_iw