勉強について・雑記

英語は「船が沈んでいるのに気づいていない」ような科目です。

最近、新規問い合わせがよくあるので、ご面談をさせて頂きます。

せっかく来て頂いて、お時間を頂くのですが、私からすると原因は明確です。

ほとんどの学生が、

「品詞を覚えていない」

これに尽きると思います。

英語を正確に読むには、品詞の知識が大切です。

文法を体系化するには、品詞の知識が大切だからです。

これは講師側も認識の甘い人がいますので、要注意です。

船が沈んでいるのに気づいていない科目、英語

英語は気付いたときには手遅れ・・・

という科目です。

挽回が非常にしにくいんですね。

基礎がないのに、〇〇大学対策とか、本当に意味ないですね。

毎年、それにすがって受講される方もいるかもしれませんが、基礎がなければ逆転は不可能です。

英語は中1からの積み上げが全て

中学1年生からコツコツ積み上げないといけない科目なのですが、中1、中2くらいまでは感覚で解ける問題ばかりなので、みなさん余裕で学生生活を過ごしているんです。

60-80点くらいだと油断しませんか?

実力問題はいいとしても、文法を問う基礎問題、発音・アクセント問題などは満点か満点近くを取らないとダメです。

あと、単語ですね。

単語はテスト範囲のをクリアするだけではダメです。

定期的に習った全ての単語を復習しないといけません。

定着するまで何度でも復習です。

定期テストの点数はシビアに見ましょう

お母様、お父様方、中1でお子様が70点とかだったら、超注意です。

船はもう沈んでいます。

中学レベルは完璧にしましょう!

中1の夏頃からでもいいので、英語を集中的に強化すべきです。

本当にできるだけ早いほうがいいです。

私は中1の学生に品詞をずっと教え続けましたが、中2になる頃には、品詞を使って問題を解けるようになっていたので、効果は間違いなくあります。

英語塾は英語の指導は、ハッキリ言ってコスパが悪いですが、それは数学も英語も国語も同じです。

勉強ってコスパが悪いです。

学問の基礎ですから、コスパが良いはずがありません。

それでも塾などでサポートを受ける価値はあります。

大学受験の英数のスタートは早いほうがいい

大学受験って、中学受験の1億倍くらい難しいです。

英語は定期テストの点数で満足して、高2の終わりや高3で受験勉強を始めたら、だいたい間に合いません。

中3か、遅くても高校1年生の間には、大学受験の勉強を必ずスタートさせたいです。

ずっと勉強ばかりはお勧めしないですが、英数だけでもいいので、というか英数ができればどこの大学でも対応できますから、英数だけは早め早めに対策して、抜けが無いようにしておきましょう。

英数は1年では全然仕上がりません。

ABOUT ME
野村勇介(Bryce)
◉英語勉強法.jp編集長 ◉英語本評論家 ◉元大手英語系予備校・医学部予備校講師 ◉TOEIC985点 ◉TOEFL100+α 名古屋英語専門塾 4技能対策 塾長