英語勉強法

whileとuntilの使い分け

英語勉強法.jpの公式LINEからの質問に答える記事です。

今日(2019/12/14)はuntilとwhileの質問がありました。

 

 

質問の返信後にすぐにブロックされてしまいましたが、面白い質問だったので記事化しておきます。

英語勉強法.jp公式LINEを登録(^^)/

Add friend

untilとwhileの使い分けについて

untilとwhileは何が違うのか。

ざっとまとめると以下です。

  • untilの後ろには時の一時点を表す表現がきます。
  • untilは接続詞または前置詞として使うことが多い
  • whileの後ろには時の幅を表す表現がきます。
  • whileは接続詞として使うことが多い

 

untilは時の切れ目

untilは「いついつまでずっと」という一時点が明示されることが多いようです。

例文を見てみましょう。

♦I stayed in bed until noon.

私は正午まで(ずっと)ベッドの中にいた

引用元:『ジーニアス英和大辞典 用例プラス』 大修館書店

「正午という時の一時点を明示しています。

 

◆He read until his guests arrived.

彼は客が到着するまでずっと本を読んでいた

引用元:『ランダムハウス英和大辞典(第2版)』 小学館

こちらの例文も「到着する」という一時点の表現になっています。

 

上記のように、untilの後ろは点のイメージをもった表現が来ることが多いようです。

 

whileは時の幅

While I was in Tokyo, I worked hard.

東京にいた間は、一生懸命働いた。

whileの後ろには時の幅の表現がきます。

 

♦He came while I was out.

私の外出中に彼がやって来た

引用元:『ジーニアス英和大辞典 用例プラス』 大修館書店

こちらも「外出中」という時の幅を意味する表現を使っています。

 

whileは3つ覚えておくと便利

ちなみに、whileの意味は3つ覚えておくと便利です

  1. SVの間
  2. SVの一方で
  3. SVだけれども

 

今回はこれぐらいにしておきます。

 

英語塾をお探しの方(大学受験・英検・TOEIC・TOEFL)

JP英語塾|日本全国・海外対応のオンライン英語予備校

ABOUT ME
野村勇介
英語講師|英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、ゼロからの英語勉強法などを発信(^^)|医学部受験に強い『JP英語塾』を運営|個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PVを達成|高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています|TOEIC985点,TOEFLiBT100+α
YouTubeチャンネル登録者 増加中!

英語勉強法.jpはブログ&YouTubeという新しい形に進化しています。ぜひこの機会にチャンネル登録してみてくださいね(^^)/

 

英語の勉強法まとめはこちらのページへ

英語塾をお探しの方はJP英語塾へ