Twitterで学ぶ英文法

Twitterで学ぶ英文法 #2【仮定法のwould】

Twitterで学ぶ英文法 第2回です。

このTwitterで英語学習リーズのまとめ記事はこちら

今回見つけてきたTweetはこちら。

Tech Insiderさんは、英語字幕付きで面白い動画を作ってくれているので、フォロー必須です。

英文&ポイント解説

仮定法のwould

Surviving an apocalyptic event would create a huge range of problems for you.

仮にこの世の終わりのような出来事を生き残らないといけない場合、あなたにはたくさんの問題が降りかかることになるでしょう

単語も難しいので覚えてきましょう。

  • apocalyptic|形容詞|この世の終わりのような、大惨事の、大事件の、
  • survive X|他動詞|Xを生き残る
  • a ~ range of X|~な種類のX

英文法のポイント

would仮定法といって「仮の意味」を出すことができます。

例えば、

He wouldn’t do that.

彼ならば、そんなことはしないだろう。

主語にifが付いていると思って、仮の話として訳してみましょう。

今回は、

Surviving an apocalyptic event

という名詞のカタマリが主語です。survivingは動名詞というやつです。

主語の直後にwouldが付いているので、「あ、仮定法だ!」と気づけるのがベストです。

英文法書にはどこに書いてある?

総合英語などの文法書には

【主語がif節の代わりをしている仮定法】

という感じで載っていると思うので、総合英語などを持っている人は見ておきましょう。

wouldを使っている他の例文

I wouldn’t do that.

私ならば、そんなことはしないと思う。(それはしないほうがいいと思うよ)

けっこう使えるフレーズなので、ぜひ覚えておきましょう(^^)

 

今回はこれくらいにしておきます。

 

このTwitterで英語学習リーズのまとめ記事はこちらです(^^)/

ABOUT ME
野村勇介
英語講師|英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、ゼロからの英語勉強法などを発信(^^)|医学部受験に強い『JP英語塾』を運営|個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PVを達成|高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています|TOEIC985点,TOEFLiBT100+α