英語勉強法

必携英単語Leapをおすすめする理由と使い方

「必携英単語Leap」は大学受験生や英検、TOEFL、IELTSなどを受ける方にイチオシです。

その前に、筆者は英語塾を2つ経営(1つは売却)していまして、毎日大学受験生や社会人に教えているという感じです。

生徒さんの中には、マーク模試満点、偏差値70超えがけっこう多い、という感じです。

TOEICは1問ミスで985点でした。

さて、本題に入りましょう。

Leapをおすすめする理由と使い方

必携英単語Leap

個人的には、ターゲット・シスタン・鉄壁よりもオススメです。

理由を箇条書きにしておきたいと思います。

  • 基本動詞の解説が詳しい
  • 自動詞or他動詞、どちらで使われることが多いのかがわかりやすい
  • 語源・熟語・フレーズの解説が詳しい
  • 例文/フレーズ内の暗記すべき語法が青字でわかりやすい
  • 例文/フレーズが英作文の猛烈に効果がある

詳しく解説していきます。

基本動詞の解説が詳しい

まず、基本動詞を14ページにわたって、42個詳しく解説してくれています。

飛ばすかもしれませんが、このページは読み込んでおきましょう。

英語は基本動詞が物凄く重要なので、この点は意外と大切です。

自動詞or他動詞、どちらで使われることが多いのかがわかりやすい

これも大切です。

単語によって、自動詞or他動詞、どちらかで使われることが多い単語が存在します。

これを意識して覚えれらるのはメリットが大きいです。

語源・熟語・フレーズの解説が詳しい

かなり内容が充実しているので、長く使える単語集です。

ターゲットやシスタンはこのあたりがシンプルで、見出し語をとりあえず覚えよう!というコンセプトなので、1単語1見出しで覚えるにはいいのですが、上級者になるためには情報が足りません。

なので、ターゲットやシスタンを覚えた人でもLeapを読む価値はあると思います。

Leap > ターゲット ≧ 鉄壁 >シスタン

という感じで評価しておきます。

例文/フレーズ内の暗記すべき語法が青字でわかりやすい

Leapのいいなと思う部分がこれです。

文字の色で覚えるべき語法や副詞との組み合わせなどが、わかるところです。

見出しの単語は赤ですが、セットで覚えるべき前置詞や副詞などは青になっています。

これがかなり効果が高いです。

例文/フレーズが英作文の猛烈に効果がある

また、用例のフレーズが日→英の訓練を意識して作られているため、日→英できるようにしておけば、スピーキングにもライティングにも役に立ちます。

大学受験関係の本で、これ以上質の高いフレーズ集を見つけることは、なかなか難しいと思います。

私の塾では、このフレーズを暗記させることにしています。

本で日→英、またはQuizletやAnkiに入れて訓練するのがおすすめです。

鉄壁・ターゲット・シスタンとの比較

鉄壁は熟語や語法も含めるとかなり内容が充実しています。

読み物としては鉄壁はLeapよりも読みごたえがあると思います。

しかし、鉄壁よりもLeapのほうが高評価です。

理由は、音声です。

Leapはアプリを使って音声を聴けますが、鉄壁はCDなので使い勝手が悪いです。

また、ターゲット1400/1900はアプリも含めた評価だと、やはり鉄壁よりも高評価です。

内容だけなら鉄壁が明らかに秀逸なのですが、あの本を使うと発音が矯正されないのが痛いところです。

もちろん、鉄緑会に行っている人は鉄壁一択でしょう。解説に鉄壁の番号が書かれていますから。。。

 

今回はこれくらいにしておきましょう。

 

ABOUT ME
野村勇介
英語×プログラミングを実践しているフリーランス英語講師/医学部受験に強い『JP英語塾』を運営/個人メディア『英語勉強法.jp』は月間約20万PV。高校中退でも独学で英語を克服した勉強法をまとめています/TOEIC985点,TOEFLiBT100+α/英語が苦手で困っている生徒さん1000人以上を指導した経験から、英語勉強法などを中心に記事を書いています(^^)