独学英語勉強法

英語や中国語、語学はスキルじゃない。

『英語ってやる価値ありますか?』

という疑問にお答えする記事です。

英語学習は価値があるかもしれません。

価値がないかもしれません。

それはあなたの目的と戦略次第です。

語学は趣味としては最高

語学は永遠に学び終えることができません。

なので、娯楽としては最高です。

しかし、忙しい社会人が学ぶとしたら大変です。

泥沼です。

いったんはまると何年も浪費します。

目標を定めないと無限に英語に時間を取られます。

下手したら5年、10年無駄にしてしまうこともあります。

確かに、語学を学ぶのは楽しいです。

しかし、社会人の皆さん、楽しいだけではダメなときがありますよね。

結果を出さないといけない時ってありますよね。

できるだけ短期間で目標を達成し、自己実現を果たしたい場合も多々あると思います。

英語自体はスキルではない

ぶっちゃけですが、

英語自体はスキルではありません。

私のように英語を教えるとか、大学教授とか、通訳・翻訳の方とか、英語を使って、何か価値を提供するのはスキルと言えます。

『英語ができる』がスキルじゃないかもって話は、以下で理解可能です。

 

英語が物凄くできる人の全員が、英語を上手に教えられるわけではないですよね?

数学者の全員が、良い数学教師になりますか?

 

と同じです。

そういうわけではないですよね。

英語ができるだけでは、価値提供ができないこともあるんです。

忙しい人こそ『英語+α』が大事

忙しい社会人の方は、ある程度は妥協が必要です。

英語の学力というのは、到達目標を定めて、そこに達したら、他に必要なスキルを身につける。

これが大切です。

例えば、私は最近はプログラミングを勉強していますが、プログラミングができると就職することが可能な場合があります。

エンジニアを企業が募集していますよね。

フリーランサーとして、仕事を受注できることもあります。

それに加えて英語ができると、日本以外でも働くことができますよね。

では、英語だけできると、エンジニアとして働くことはできるでしょうか?

できません。

英語だけできるただのおっさんを雇う理由は無いからです。

上記に書いた通り、英語自体はスキルじゃないことがあります。

というか、

大半の人は、英語とそれ以外の付加価値と組み合わせて、仕事をするわけです。

英語学習自体を目的とすることのリスクが大きいのは、これが理由です。

語学学習が趣味の人はいいですが、

お給料を上げたいとか、海外移住したいとか、目標がある人は、英語学習自体を目的にするのはおすすめしません。

もう皆さん気付いていると思いますが、

 

「一年ってあっという間」

 

ではないですか?

もちろん、無駄は無駄で楽しいんだけども、無駄をせずに前に進むべき時もあります。

何のために英語を学ぶのかが大切な時期も人によってはあります。

時間というリソースは限られています。

英語だけでは役に立たないかもしれませんから、投資する時間配分には気を付けましょう。

まとめ

『英語自体はスキルではない』ということをぜひ覚えておいてください。

※厳密には、スキルとしては役に立たないことがあるってことです

なんだかんだ、英語+αが大切ですよ。

ABOUT ME
野村勇介(Bryce)
◉英語勉強法.jp編集長 ◉英語本評論家 ◉元大手英語系予備校・医学部予備校講師 ◉TOEIC985点 ◉TOEFL100+α JP英語塾 塾長