中南米・スペイン語圏

格安スペイン語留学先で人気のグアテマラ!治安はどう?

こんにちはpoohishです。

多くの人におすすめしたいグアテマラ留学ですが、どうしても治安の面が気になって踏み切れないという人もいるでしょう。実際、治安に対する不安から、グアテマラに行こうなんて思えないという人もたくさん見てきました。

そこで実際にグアテマラに滞在したことのある私が、現地の人やグアテマラ内を旅している人たちの話も参考にしながら、グアテマラの治安についてご説明します。

グアテマラに関するニュースは怖いものばかり!

日本語でグアテマラに関するニュースや、グアテマラの治安情報について調べてみると、あまり良い情報は出てきません。むしろ怖い情報が多くて、インターネットで検索をしてみたら震え上がってしまう人もいるのではないでしょうか。

特に2018年11月には、ペテンという場所で日本人女性が殺害される事件もあり、それに伴ってグアテマラの日本大使館が緊急警告を発表したりと、緊迫な状況にありました。

また治安とは関係ありませんが、フエゴ火山という火山の噴火による災害も記憶に新しいですよね。

そんな風にグアテマラに関するニュースや治安情報は、怖いものばかり。とても安心させてくれるような情報はありません。

でも私から見ると、何者かの工作で「グアテマラは危険」という意識を植えつけられているのではないかと思うほど。確かに日本に比べれば治安は悪いグアテマラですが、ポイントさえおさえていれば、震え上がるような怖い思いをすることはほとんどないからです。

グアテマラの治安について

グアテマラの治安について、もう少し具体的に詳しくみていきましょう。グアテマラの治安は、ニュースなどで目にするほど緊迫したものではありません。確かに治安が悪い場所もあるのですが、それは一部の地域。

ただ日本からすると、たとえ一部の地域だとしても、グアテマラはグアテマラなんですよね。きちんと気をつけてさえいれば、グアテマラでスペイン語留学をすることは怖いことではありません。

それでは具体的にグアテマラの治安がどうなっているのか、ご説明していきます。

現地の人も治安が悪いというグアテマラシティ

グアテマラが危険だという情報は、主にグアテマラシティの情報によるものです。グアテマラシティはグアテマラの首都ですが、本当に治安が悪いと有名で、現地の人もグアテマラシティは治安が悪いと言うほどです。ただし、そんなグアテマラシティも治安が悪い地域とそうでもない地域があります。ただ外国人だと、その違いはよくわからないかもしれませんから、初めてグアテマラに行くときには、宿泊先やスペイン語学校のタクシーサービスを利用して、グアテマラシティにある空港まで迎えにきてもらうのがおすすめです。

グアテマラシティの治安が悪い場所では、たとえ現地の人でも高価なものを人前で出したりはしません。雰囲気もあまり安全ではない感じがします。そんなところに、日本人が一人で歩いていたら目立つので、ターゲットにされやすいという問題もあります。

実際私もグアテマラシティは車でしか通ったことがありませんし、空港とバスターミナル以外で行動をしたこともありません。

グアテマラシティは殺人発生率も高く、強盗なども日本よりもずっと多いのが事実。首都なので大きなショッピングセンターや、さまざまなお店が集まっていますが、1人で行動するのは危険でしょう。

アンティグアやアティトラン湖などは穏やか

一方アンティグアやアティトラン湖周辺などは、比較的穏やかです。治安も中心街周辺ならとてもよく、日中なら日本とほとんど変わらない生活ができます。

そのほかの観光地である、ティカル遺跡やフローレス、アンティグアの次にスペイン語学校が多いと思われるケツァルテナンゴ(シェラ)なども、治安が安定している地域です。

このような地域の治安は、アジアのちょっと治安が不安な地域よりも、ずっと安全に感じます。「グアテマラが危険」というイメージは、こうした地域に滞在すれば払拭されることでしょう。

おすすめはしませんが、目立つ格好や露出度の高い格好をしていても、危険を感じるようなことは日中ならありません。人通りも多い地域ですし、街中にいるならのんびりと過ごせるでしょう。

ただし少し郊外に出ると、人通りがないためなのか事件が起きていることも。ただ日本でも殺人事件や暴行事件は起こっていますし、そのくらいの頻度か少し高めなくらいのように感じます。

周囲に人がいない場所は危険な目に遭う場合も

前述のとおり観光地として人気のエリアは、総じてグアテマラの中では治安が良いエリアとなっています。日中は大きな銃を持った警官などを見ることもあり、安心できるはず。(これを見ると治安が悪いのかも・・・と思ってしまいそうですが、彼らがいるから治安が安定していると考えるのがこちらでのスタンダードです。)

ただし周囲に人がいない場所だと、危険な目に遭う可能性もあります。やはり日本人ということで、非常に目立つのは否めません。そのため人がいない場所では、ターゲットにされやすいのはグアテマラ全土で共通しています。

記憶に新しい日本人女性殺害事件についても、彼女たちは田舎にぽつんと建った家に日本人2人だけで住んでいました。亡くなられた方を批判はしたくないものの、グアテマラという地でそんなことをしては、危険なのは当然です。

周囲に助けてくれる警察や住民がいなければ、殺人犯的には悪さをしやすい環境ですよね。

単に「人通りが少ない場所」というだけではなく、周囲に人があまり住んでいない地域も、危険な目に遭いやすいことを覚えておきましょう。

女性は注意!無神経なナンパについて

グアテマラの観光地は確かに治安が安定しています。しかし女性は男性よりも少し注意が必要かもしれません。グアテマラ人男性からのナンパは結構強引なこともあるからです。

特に危害を与えようと思っているわけではありませんが、グアテマラ人男性はナンパをしようとしてついてきます。日本でもナンパをしてくる人がついてくることがありますが、グアテマラ人男性は結構長距離ついてきたり、わざわざ引き返してきたりと、強引すぎて結構怖くなることも。

私自身の体験で一番怖かったのは、夜8時くらいに家の近くの静かでちょっと暗い道を通っていたら、後ろから車で追いかけられたことです。しかし窓を開けて話しかけてきた男性は、「昼もこの辺で会ったよね。覚えてる?運命じゃない?」と言ってきただけでした。

本当にただのナンパだったのですが、女性の方は怖い思いをするということを、グアテマラ人男性は考えていないと思います。

“No”とはっきり言っても、諦めきれずにずっとついてくる人もいますし、そうしたグアテマラ人男性の行動に怖い思いをすることはあるかもしれません。

明るい時間なら怖くはないかもしれませんが、かなり面倒ではあります。

こんな目にあったときのために、近辺にたくさん知り合いを作っておいたり、あまり人通りの少ないところは通らないように気をつけたりなど、対策は必要でしょう。

グアテマラで危険な目に逢わないために

上記でご紹介したとおり、グアテマラの治安は日本で報道されているほどには、緊迫していて危険なわけではありません。行動範囲さえしっかり決めていれば、日本とほぼ変わらない気持ちで生活ができます。

ただしそこは外国ですし、グアテマラ全土は日本よりも治安が悪いということに注意して行動することは必要です。

また現地の人が危ないという場所には近寄らないこと、少し人通りの少ない場所に住んでいる人は、1人の時には夜9時を過ぎたらタクシーを使って家に帰ることなど、しっかり自衛をすることは忘れずに。グアテマラの観光地では、レストランやバーでWiFiを使わせてもらえるので、WiFiをつないでUberを呼ぶのがおすすめです。

また住むところも重要です。できればシェアハウスやホームステイ、ホステルなど、自分以外にも人が住んでいてコミュニケーションができる場所に住むようにしてください。

危ない目に遭う確率がぐっと減ります。何かあったときも、誰かと住んでいれば安心できますよね。

グアテマラの治安が安定している地域では、比較的どんな格好をしていても特に問題はないのですが、とことん自衛をするなら、女性は派手な格好や露出度の高い服は控えた方が良いかもしれません。

とはいえ、朝晩冷え込む地域が多いグアテマラですから、真夏の格好とはあまり縁がないので、露出をしたくなることも少ないでしょう。

アンティグア近郊のフエゴ火山は危険?

グアテマラの治安も気になるところですが、アンティグアで言えば、フエゴ火山の噴火も気になるところではないでしょうか。

しかしこちらは、アンティグアに住むのであれば危険はほとんどありません。2018年6月に起きた大噴火も、アンティグアで火山灰を含んだ黒い雨が降ったものの、被害があって大変だった家はないのです。

なんだかアンティグアとフエゴ火山が近いような報道がされていますが、確かにアンティグアからフエゴ火山は見えますが、距離的にはそう近くありません。

また2018年秋にも、フエゴ火山が活発化した報道がありましたが、アンティグアの人は「綺麗だね」と言って、フエゴ火山を見ています。

活発化したのは事実ですが、活発ではないときでもフエゴ火山はよく噴火していて、アンティグアの人はテラスから噴火の様子を眺めるのが好きな人もいます。

確かに2018年6月の大噴火については、とても大変な出来事でしたが、フエゴ火山の噴火自体は日常茶飯事。ほぼ毎日噴火しているんではないかというほど、いつも山頂が赤いんです。誰もそのことに驚いたりしません。

なのでアンティグアに行くのであれば、フエゴ火山の噴火による危険にさらされることはほとんどないでしょう。

まとめ

今回はグアテマラの治安について、そして気になる火山の噴火についてもご紹介しましたが、グアテマラに対する「危険」というイメージは払拭できたでしょうか。

確かに中米特有の治安の悪い地域もあるグアテマラですが、観光地化されている場所については、非常に治安が落ち着いていて、穏やかに過ごせます。

「治安が悪い」と言われる国であっても、そこに住んでいる人はいるわけですし、安全に暮らす方法はあるんです。

気を抜きすぎるのはNGですが、日本でのグアテマラに関するニュースだけで「グアテマラは危険」と決めつけて、グアテマラでスペイン語留学しないのはもったいないことです。住みながら治安情報もチェックして、快適で安全なグアテマラ生活を実現しましょう。

ABOUT ME
poohish
過去のイギリス在住歴5年弱。現在はフリーランスでライターをしながら翻訳や英語教師をするかたわら、日本を拠点に各地に旅をして、各国の文化や英語教育状況なんかを眺めたりしている。 たびのごはん Traveling to eat the world
YouTubeチャンネル登録者 増加中!

英語勉強法.jpはブログ&YouTubeという新しい形に進化しています。ぜひこの機会にチャンネル登録してみてくださいね(^^)/

 

英語の勉強法まとめはこちらのページへ

英語塾をお探しの方はJP英語塾へ