映画・ドラマ

韓国の時代劇を2倍、3倍楽しむ方法

みなさん、こんにちは☆

今日は韓国の時代劇を2倍、3倍楽しむ方法をご紹介したいと思います♪

わたしは今、U-NEXT でユ・アインさん主演の『六龍が飛ぶ(육룡이 나르샤)』とIUさん主演の『麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜(달의 연인-보보경심 려)』を見ているのですが、

登場人物が増えてくると関係性が混乱してしまったり時代背景がわからなくて理解しづらい部分が出てくることがあります。

その都度、Google先生の聞くということもひとつの方法ですが、

わたしは『韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史』という本を活用しています。

出演者のインタビューも載っているので、韓国の俳優さんが好きな方にもオススメの本です。

<活用方法1.> 人物相関図が載っている

時代劇に出てくる名前って、あまり馴染みがないので、なかなか覚えられないんですよね。

さらに俳優さんの顔の見分けもつかないときがあって、「あれっ、この人誰だっけ?」ということがちょくちょく出てきます。(見ているうちにわかるのですが、前半は混乱しがちです)

『麗』なんて、8人もイケメン皇子出てくるので、

「イ・ジュンギってワン・ム?ソ?ヨ?」

「えっベク(EXOのベッキョン)何番目の皇子だっけ?えっカン・ハヌルは?」

ってなります(^^;)

人物の関係性を整理してみるだけでも、より楽しんで見ることができると思います。

この本がなくても、公式ホームページなどで人物相関図は載っているので気になる方はチェックしてみてください♪

<活用方法2.> 時代がわかる

「六龍が飛ぶ」は、高麗末期から朝鮮王朝誕生期を舞台にした激動時代のドラマです。

ドラマはあくまで史実を基にしたフィクションなので、実在した人物とそうではない人物がいますが、

この本にはその時代の史実や豆知識が書かれているので、基礎知識をつけて見るとより深く理解してみることができると思います。

ただし、時代劇は歴史を知っていることで、ドラマのネタバレにもなります。

韓国の方や歴史に詳しい方は次の王様は誰がなるとか知りながら見ているのでしょうが、

ネタバレなくストーリーを楽しみたいという方は、ドラマを見終わってから史実との違いや詳細を見るのも良いかもしれませんね。

<活用方法3.> 同じ時代のドラマの見比べ

ドラマ対比年表が載っているので、同じ時代のお話でも視点が変われば違うストーリーがあって、見比べてみるのも面白いです。

たとえば、イ・ドンウクさん主演の『天命(천명)』では、ソン・ジヒョさん演じるホン・ダインの師匠としてあのチャングムが出てくるので、

「あっチャングムの誓い(대장금)と同じ時代なんだ!」

とそれぞれの時代劇の共通点や相違点を発見していくのも楽しみのひとつです。

暴君と呼ばれた朝鮮王朝15代の光海君なんて、映画やドラマによって描かれ方が全く違いますよね。

こんな感じで年表を参考に次にどのドラマを見るか選んでみるのも良いですね♪

<番外編> 衣装や髪型も見どころのひとつ

この本とは関係ないのですが、私はそれぞれの時代の衣装や髪型も見どころのひとつだと思っています。

たとえば高麗時代以前は、華やかだけどシンプルで柔らかいイメージ。中国の歴史ドラマの衣装とよく似ていますね。髪型もおろしているところをよく見かけます。


(シワン、ユナ、美しすぎる・・・)

朝鮮時代になると、きらびやかで厳かなイメージ。髪型もカチッとアップにしていますよね。韓服ということこのイメージですね。

 

朝鮮時代末期になると、韓服の人と洋服の人がいてなんだか不思議な光景で、

 

ストーリーだけではなく、時代背景から生み出される文化などが衣装や風景からも感じ取ることができるので、そういったところも気にして見てみると一層時代劇を楽しむことができるかもしれませんね(^^)/

★朝鮮王朝のイラスト★
戦国未満 https://sengokumiman.com/より

 

ABOUT ME
パランのママ
学習塾・幼児教室の教室長を経て、結婚を機に家庭教師にシフトチェンジ。趣味の雑学やオタク気質を活かして執筆活動中(*^^)φ
YouTubeチャンネル登録者 増加中!

英語勉強法.jpはブログ&YouTubeという新しい形に進化しています。ぜひこの機会にチャンネル登録してみてくださいね(^^)/

 

英語の勉強法まとめはこちらのページへ

英語塾をお探しの方はJP英語塾へ