日々の生活

あのバフェットも買うかも!? 仮想通貨Ripple/XRPと4つのコイン (邦訳版)

仮想通貨/暗号通貨に投資している友人から、記事を翻訳してほしいと頼まれたので、作ってみました!Google翻訳を土台に、誤訳を手直しした感じです。

間違いがあったらごめんなさい(;^ω^)

仮想通貨/暗号通貨ファンの英語学習者の方は、元記事を読んで、正確に読めているか確認してみましょう。

引用元はこちら:https://www.theindependentrepublic.com/2018/01/17/ripple-xrp-and-4-other-coins-buffet-would-buy/

ウォーレン・バフェットの暗号通貨に対する見解と姿勢

ウォーレン バフェットはBitcoinと暗号通貨には、投資することは基本的にまず有り得ないと宣言しています。彼はすべての暗号化通貨が悪い結末になる可能性が高いとも述べています。このような言葉から、the Oracle Of Omaha(=バフェット)は、仮想通貨(暗号通貨)界隈と仮想通貨が提供するものに、関心を持っていないと推論することができます。

このFortune Magazineの記事によると 、バフェット氏は、Bitcoinに投資する他の方法を見つけるかもしれないと示唆しています。投資選びの神様(バフェット氏)は、「全ての仮想通貨/暗号通貨の5年のプットオプションを購入することができれば、喜んで買うだろう」と述べています。プットオプションとは、現物資産の価格が落ちるにつれて価値が上がるので、投資家が資産に対して賭ける方法の1つです。(例えば、金などのことです)

今回の声明で、バフェットがもし仮想通貨に対して心変わりをすることがあるとしたら、どのコインを買うだろうかと私は考えました。

以下は、私がバフェットが所有しても不思議ではないと思う5つのコインのリストです。また、私が推薦するコインと、その理由もご紹介いたします。

バフェットなら買うかもしれない5つの暗号通貨

Ripple/リップル(XRP)

リップル社のXRPは、バフェットならば今すぐにでも全力で張るであろう、一番おススメの仮想通貨でしょう。

なぜでしょうか?

まず、リップル社のCEO、ブラッド・ガーリンハウスは、自分がしていることをよく理解していると思えます。多くの人は、彼の先見的なアイデアや未来の計画について、彼をAmazonのCEO、ジェフ・ベゾスと比較しています。ガーリンハウスとベゾスのこのような比較は、バフェットがXRPの親会社であるRipple Labsのビジョンを信じるように導く可能性があります。

上記に加えて、Ripple Labsには、さまざまなバックエンドマネートランザクションサービスを使用してグローバルに取引したい銀行とのパートナーシップが数多くあります。これは、それ自体が、リップルのコンセプト実証であり、バフェットならば、暗号通貨で見たいと思うものでしょう。Bitcoin(ビットコイン)が持っている弱点は、それが単なる価値の保管であるということです。ウォーレン・バフェットは、機能している製品やサービスを見たいのです。iPhoneや炭酸飲料のような有形のものです。(彼はApple社とコカ・コーラ社の両方に投資しています。)

バフェットならばRippleを買う理由の3つ目は、現在の市場是正が進む見込みのためです。今月16日にXRPが0.98ドル(108円ほど)で取引されているのを見ましたが、それは私が12月中旬以来見たことのがなかった数字なのです(XRPは暴騰し価格が一時的に上がったので、今現在は安くなり、今は買いだ、という意味です)。

 

Ethereum/イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、Bitcoinの(高い)取引手数料に対して、安価な手数料と取引の迅速化により、ユーザーの心をゆっくりと獲得しています。これにより、イーサリアムはピーク時に約1,345ドルまで値上がりしました。

これは、バフェットが仮に買うならば、イーサリアムを保持する理由の1つになるでしょう。商取引に多くの人がイーサリアムを使用しています。これにより、時間が経つにつれてその価値が評価されるでしょう。

もう一つの理由は、最近の市場の(暴騰後の)調整です(調整とは、暴騰後に価格が一時的に下がること)。イーサはこれを書いている時点で881ドルで取引しています。今年のイーサでは、一番安い価格帯です!

バフェットならば、イーサを購入するであろう第三の最終的な理由は…はい…推測済みでしょう…管理チームですね。

Vitelik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)が率いるファンデーションチームは、2013年にICOが始まって以来、常に提供してきました。これは一貫性の良い指標であり、バフェットは一貫性を好むのです。

 

TRON(TRX)

著者が、もしバフェットが買うならばこれだと確信しているもう一つのコインはトロンです。

第一の理由は、この記事の日課のようになっているのですが、トロンを支える経営陣です。トロンはJustin Sun(ジャスティン・サン)が率いる優秀なチームを擁し、ジャック・マーの申し子であると噂されています。これに加えて、トロンは2018年にいくつかの大きなパートナーシップを結んでいます。

トロンがバフェットの心に浮かであろう2番目の理由は、現在の価格です。TRXは過去2日間で約0.04ドルに落ちました。これは購入して数年長期保有するのにいいタイミングです。TRXの価格が2018年の12月にどうなるのか、誰が知っているでしょうか?誰にもわかりません。

TRXがバフェットの興味を引くだろう最後の理由は、コンセプト実証です。TRONチームは、2018年にウェブサイトとtwitter上で確認可能な明確な目標を持つ非常に精巧なロードマップを提示しています。

 

Stellar Lumens/ステラルーメン(XLM)

著者が言及したすべてのコインと同様に、XLMは、現在の低価格と、若干まだ知られていませんが、しっかりとした経営陣を理由に、今回の5つコインのうち4番目に上げておきます。

バフェットがステラルーメンに興味を持つであろう唯一の理由は、おそらくステラ―のオープンソースとなることと、実生活の経済問題を解決する助けるというゴールにあるでしょう。私がXLMについてもっと多くのことを読んだとき、私は、世界が効率的な経済システムの中で平等な権利を持つバラ色の場所になって欲しいと考えだと理解しています。つまり、そのゴールは人類のすべてに利益をもたらすことなのです。

以上の理由から、私はXLMがバフェットの慈善的性質と、彼の求める社会の改善に沿っていると考えています。これが彼ならばステラルーメンを購入し、多分彼の購入の一定割合を慈善団体に寄付する理由です。

 

Crypterium/クリプテリウム(CRPT)

クリプテリウムはここで上げる暗号通貨の中では、奇妙な存在でしょう!

さて、なぜでしょうか?

クリプテリウムはICOをこのほど完了し、そのコインはどの取引所にも配布されていないからです。ICOの参加者のみが、クリプテリウムをERC20というウォレットに安全に保管してします。

クリプテリウムについて聞いたことがあるなら、あなたは私のようなCrypto ninja(クリプテリウム忍者)でしょう!

そうでない場合は、続きを読んでみてください…

クリプテリウムのICOはインターネット上で衝撃を与え、仮想通貨界隈はそれまでに見たことがないCrypto Currency Bankingを約束しています。スーパースターの経営陣が運営するクリプテリウムは、暗号通貨の所有者が、フィアット(法定通貨:円やドルなどのこと)の使用と同様に商品やサービスを購入することを容易にしたいと考えています。

クリプテリウムのチームは、支払いのためのモバイルアプリを開発したいと考えています。それらは、暗号化ソフトウェアソリューションのApp Storeや、ブロックチェーンベースのローン、また一般的なフィアット(法定通貨)登録システムのように機能する販売管理システムなどがあります。

ステラがバンキングシステムに革新を起こしたいと望んでいるシンプルな理由は、ウォーレン・バフェットが伝統的で安定していると考えているものとは対照的であるかもしれない。しかし、バフェットはかつて遡ること1991年にBill Gatesのパーソナル・コンピュータというアイデアに、バフェットは買う気にさせれたと認めている。

2人の億万長者は、お互いの友人と会い、彼らが最高の仲間になるとは決して考えなかった。

クリプテリウムを「特定の方法で」提示された場合、ウォーレンが受け入れるチャンスはあるでしょう。

要約すると、私の以上の主張は、ウォーレン・バフェットはいつか仮想通貨(暗号通貨)を受け入れるであろうという、仮説的な状況に基づいています。このようなことが起こる可能性は今のところ非常に低いですが、仮想通貨がバフェットのような熟練した信頼できる投資の神様(バフェット)から大きな支持を得ることを、夢見て願うことが悪いだなんてことは全くありませんよね。

ABOUT ME
野村勇介(Bryce)
◉英語勉強法.jp編集長 ◉英語本評論家 ◉元大手英語系予備校・医学部予備校講師 ◉TOEIC985点 ◉TOEFL100+α 名古屋英語専門塾 4技能対策 塾長