独学英語勉強法

166円からの英文添削・英語添削・英語日記添削【アイディー】

英語を学習中の人の中には、ライティングを添削してくれるサービスがあったらいいのにと思っている人もいるのではないでしょうか。オンライン英会話などでは、なかなかしっかりライティングを添削してもらうことは難しいため、ライティング添削サービスがあると便利ですよね。

そんな人におすすめしたいのが、英文添削・英語添削・英語日記添削をしている「アイディー」です。今日はこのアイディーについて、どんなサービスなのか、そのおすすめポイントとともにご紹介していきます。

英文添削アイディーのサービス内容

アイディーは非常に高度な英語ライティング指導をしてくれるサービスです。24時間いつでも英文を送ることができ、しっかりとした品質であるにも関わらず低価格での英文添削を実現しています。

アイディーで添削できる文章は、趣味で何気なく書いてみた英文から、試験対策用のライティングまでさまざまです。また、英語日記を添削してもらうこともできますし、アイディー事務局が厳選した英作文の日替わり課題に取り組むことも可能です。
さらには和文英訳の課題もあり、将来的に翻訳家を目指している人にはとても参考になるのではないでしょうか。

このようにアイディーではかなりフレキシブルに英文添削をしてもらうことができ、さらに自分で課題を選ぶことが難しいと感じる人のための課題も用意されています。そのため特定の目的があってライティングを添削してほしい人にとっても、とりあえず英文ライティングを鍛えたいという人にも、便利なサービスとなるでしょう。

どんな人がライティング指導をしてくれるの?

アイディーでライティング添削をしてくれる講師たちは、全員世界中で活躍する翻訳家、通訳、教員、校正者といった英語教育のプロフェッショナルの方々です。
インターネット上のサービスということもあり、世界中に講師が在籍しているため、時差を利用した24時間の対応ができる体制になっています。

講師はネイティブはもちろんのこと、日本人で英語専門家であるという講師も多数在籍しています。特に〇〇という日本語を英語でどう言えばいいのかわからないという場合、ネイティブ講師よりも日本人の英語専門家講師の方が適した指導をできます。ですからネイティブ講師も日本人講師も在籍しているというのは、とても心強いですね。

例えば、こんな講師が在籍しています。

この画像からもわかるとおり、ネイティブであっても居住国は出身国とは違うということもあり、アイディーが本当に幅広い講師を採用していることがわかるのではないでしょうか。

アイディーでのネイティブ講師と日本人講師の使い分け方

アイディー公式ページでも紹介されていますが、ネイティブ講師がいるという点はかなり大きなアドバンテージとなっています。なぜならネイティブ講師は、ネイティブならではの添削ができるからです。
たとえば、英文自体は間違っていないという場合、日本人の英語専門家講師なら添削をしないということもあります。しかしネイティブ講師なら、英文が間違っていなくてもより自然な言い方に訂正するということがあるからです。
ネイティブならではの、自然な言い回しを学べるというのはアイディーの強みでしょう。

そしてもちろん、日本人講師には日本人講師ならではの魅力があります。まだ英語に自信がないという人にとっては、自分の英語がちゃんと通じるかどうかというのは、大きな問題でしょう。しかし、日本人講師に添削をお願いするなら、元の日本語の文章も一緒に送ることができるので、その日本語の文章を元にして書いた英文が合っているかどうかの判断をしてもらえるのです。

アイディーの英文添削サービスは、そういった使い分けが可能なので、より効果的な学習をすることが可能なのです。

アイディーをおすすめしたい人とは


アイディーは英文ライティングを上達させたいすべての人におすすめですが、特に検定対策などでライティングが必要な人には有効なサービスです。
たとえば英検1級にはライティングの試験がありますが、「英検1級」という難易度を考えると、通常のライティング添削サービスでは十分とは言えないかもしれません。ですが、アイディーならそういった難易度にも対応することができるので、英検1級のライティングでしっかりと点を取れるようになります。

また、大学入試などで英文ライティングが必要になる場合もあるでしょう。大学入試のライティングとなるとこちらも難易度がアップしてしまうのですが、そういった高度なライティングでもアイディーには日本人講師もネイティブ講師も在籍しているため、しっかりと対応することができるのです。

どんなレベルの人でも利用できるアイディーですが、こうした難易度の高いライティングにも対応できるという英文添削サービスは、アイディーの他にはなかなかありません。

アイディーの2パターンの添削方法

アイディーには2パターンの添削方法があります。
1つは「お手軽添削」という添削方法です。こちらは英文法やスペルチェック、表現のチェックのみをしてもらえる添削方法で、詳細な解説はありません。そのため、比較的安価に利用できるサービスです。
ちょっとした英文でネイティブチェックを依頼したいという場合に有効な添削方法といえるでしょう。

もう1つは「学べる添削」です。こちらはしっかりと解説もついてくる添削方法になっています。講師が訂正した部分について、なぜそうした訂正が必要なのかを詳細に説明してくれる添削方法となっています。
そのぶんお手軽添削よりは価格が高くなってしまいますが、添削結果・解説・質問・画像添付というようなものまでセットになっているので、効率的にじっくりと英文ライティングを学びたいという人におすすめの添削方法です。

アイディー基本情報

ライティングを上達させたいと思っている人は、アイディーを是非利用してみたいと思ったのではないでしょうか。最後に、アイディーの基本情報をご紹介します。
アイディーのサービスはインターネット上のサービスなので、24時間利用することができます。ですからここでは料金面の情報を記載しておきます。

アイディーでは必要な時に添削をお願いできるイント制と、毎日ライティングを送れる定額制の2つの料金制度が採用されています。ちょっとだけ添削をお願いしたいというときにも利用できるため、とてもお手軽、且つ低価格でもあります。

◇ポイント制で利用する場合
お手軽添削:
日替英作文課題 、英語日記課題 、自由英作文課題、和文英訳課題 1単語あたり0.8pt(約7.12円)
持ち込み英文添削、写真描画課題 1単語あたり1.2pt(約10.68円)
学べる添削:
日替英作文課題 、英語日記課題 、自由英作文課題、和文英訳課題 1単語あたり1pt(約8.9円)
持ち込み英文添削、写真描画課題 1単語あたり1.5pt(約13.35円)
※50単語未満の入稿ポイントは50単語分として計算

◇定額制で利用する場合
お手軽定期券:
ライト 4,980円(1日1回50単語まで) 8,900円(1日1回100単語まで)
スタンダード 7,500円(1日1回50単語まで) 11,900円(1日1回100単語まで)
学べる定期券:
ライト 6,980円(1日1回50単語まで) 12,300円(1日1回100単語まで)
スタンダード 9,800円(1日1回50単語まで) 14,980円(1日1回100単語まで)
※購入日から30日間の自動更新
※定期券の規定以上の単語数入稿した場合は、オーバーした単語数分をポイントで支払い

まとめ

しっかりした英文添削サービスはなかなかないため、アイディーは英文ライティングを学びたい人にとってはとても便利で心強いサービスです。
今まで英文ライティングを練習してこなかった人や、検定や入試などで英文ライティングが必要だという人は、ぜひ一度アイディーの添削サービスを利用してみてはどうでしょうか。

ABOUT ME
poohish
過去のイギリス在住歴5年弱。現在はフリーランスでライターをしながら翻訳や英語教師をするかたわら、日本を拠点に各地に旅をして、各国の文化や英語教育状況なんかを眺めたりしている。