「恋愛」英語フレーズ

”社内恋愛”にまつわる英語フレーズ

社内恋愛って憧れますよねー!

英語では社内恋愛のことを”office romance”と言ったりします。

今回は、社内恋愛中のカップルや、社内恋愛について話す友人同士で使える英語フレーズについてご紹介してみたいと思います。

映画やドラマで出てきた社内恋愛のシーンを織り交ぜながらご紹介していきますよ♪

海外ドラマ「フレンズ」タグ&レイチェルの場合

アメリカで大ヒットしたシチュエーションコメディ「フレンズ」では、ラルフローレンで管理職として働くレイチェルが年下のアシスタントと恋に落ちるエピソードがあります。

公私混同はNG!友達の助言フレーズ

アシスタントの面接を行った際、タグに一目ぼれしてしまったレイチェル。

しかしその話を聞いた友人たちは「社内恋愛はリスクが大きい」とレイチェルを引き留めようとします。

レイチェル:I-I just don’t know how you decide who to hire. I mean I’ve got it narrowed down to two people. One of them has great references and a lot of experience and then there’s this guy…

(私、誰をアシスタントに雇えばいいかわからないの。2人までは絞ったんだけど、一人は経験豊富で申し分なくて、もう一人の男性が・・・)

チャンドラー:What about him?

(もう一人の男性が?)

レイチェル: I love him. He’s so pretty I wanna cry! I don’t know what to do. Tell me what to do.

(彼のこと大好きになっちゃったの。彼ったら魅力的でもう泣きたいくらい!どうしたらいいのかしら。教えてー!)

フィービー:Come on you know what to do! You hire the first one! You don’t hire an assistant because they’re cute, you hire them because they’re qualified.

(どうすべきかなんて分かってるでしょう!1人目にしなさい!魅力的だから雇うなんてだめ、能力を見なくちゃ。

最もすぎる助言ですね。

友達なら公私混同を注意してあげることも必要かもしれません。

同僚には内緒♪2人きりになったときの恋愛フレーズ

友人の助言も聞かず、結局タグと社内恋愛することとなったレイチェル。

案の定公私混同のオンパレードで、同僚たちの目を盗んでは甘い会話を楽しみます。

レイチェル:Hi. Tag, I have a conference call today is that correct?

(タグ、今日は電話会議の予定だったわよね?)

タグ:Yes, at 4:00.

(はい、4時の予定ですが。)

レイチェル:Okay, thank you. That’ll be all.

(わかったわ、ありがとう。以上よ。)

~部屋にいた郵便配達員が退出~

レイチェル:Wait! Wait! Did you see that? That mail guy had no idea there was something going on between us.

(待って待って!今の見た?あの郵便屋さん私たちが付き合ってるなんて全然気づいてなかったわ。

タグ:I’d better get back to my desk.

(僕はそろそろ自分のデスクに戻ろうかな。)

レイチェル:Okay, you hard worker!

(はーい、わかったわ。働き者さん♡)

「付き合ってる」の英語表現はいくつかありますが、ここでは”something going on between us(私たちの間に何かがある)”という風に表現されていますね。

ちなみに”have no idea”は「アイディアを持ってない=(2人が付き合っているなんて)考えてもいない」といったニュアンスです。

映画「ケイト・レディが完璧な理由」ジャック&ケイトの場合

キャリアウーマンのケイト・レディが、仕事と家庭の両立に奮闘する姿を描いたこちらの映画。

仕事仲間であるジャックと大きなプロジェクトに取り組む中で、いけないと分かりつつも自然とお互いに惹かれ合っていきます。

社内恋愛の強い味方!友達の助言フレーズ

ジャックと過ごす時間がどんどん長くなっていることに不安を感じ、友人アリソンに相談するシーン。

アリソン:How does he sign his emails? “Best”? “Yours”?”Thinking of you”?

(彼のメールの最後はどうなってる?「ご多幸をお祈りします」?「真心を込めて」?「あなたを想っています」?)

ケイト:I don’t know.

(さあ、どうだったかしら。わからないわ。)

アリソン:Is it “XO”? It’s “XO,” isn’t it?

(まさか”キス&ハグ”じゃないでしょうね?あっ、”キス&ハグ”なんでしょ、そうでしょ!)

ケイト:Will you stop cross-examining me?

(尋問はやめてくれない?)

アリソン:This isn’t one of your depositions. Oh, my God, you’re blushing.

(それじゃ答えになってないわよ。あらやだ、あなた赤くなってるじゃない!)

ケイト:I am not.

(なってないってば。)

アリソン:Kate, promise me… promise me that you won’t do anything disgusting or immoral… …without telling me everything.

(ケイト、約束してね。モラルに反した、いけないことはしないって。・・・私の知らないところで!)

ケイトのことを信頼しているからこそのアリソンの言葉。

不倫はダメだと釘を刺しながらも「何かあったら絶対教えてよ!」という、いかにも女子同士の恋バナらしいフレーズとなっています。

メールはビジネスでもよく使われるツールですから、社内にいい相手が出来た場合は、最後の締めくくりの言葉でお互いの関係性を探り合うこともあるでしょうね。

最終的には、ケイトが夫の大切さを再認識し、ジャックには「いい友達でいたい」と伝えて終わるのですが、なんともハラハラドキドキする展開です。

海外ドラマ「Sex and the City」リチャード&サマンサの場合

次から次へと彼氏が変わっていくサマンサですが、中には長く付き合った彼氏も数人います。

そのうちの一人が、ホテル王として有名だったリチャード。

彼のホテルのPRを請け負うこととなったサマンサは彼の部下となり働きます。

深入りするのを恐れてロマンチックなデートを避けようとするサマンサを、リチャードが強引にダンスに誘うシーンがこちらです。

リチャード:Dance with me.

(僕と踊ってくれ。)

サマンサ:What did I say?

((ダンスはしないって)言ったでしょ?)

リチャード:I’m your boss. It’s an order.

(僕は君の上司だ。これは命令だよ。)

サマンサ:Richard.

(リチャード・・・)

リチャード:Dance with me.

(僕と踊ってくれ。)

相手の様子を見ながらでないとセクハラになってしまいますが、思いが通じ合っているのであれば「上司としての権限」を使うのもありなのかもしれませんね。

社内恋愛ならではのフレーズとなっています。

英語でドキドキの社内恋愛を楽しもう♪

社内恋愛にまつわる英語フレーズをご紹介してまいりました。

公私混同はいけないことですが、社内という特殊な環境だからこそ楽しめるドキドキ感を存分に味わいたいですよね♪

自分が社内恋愛中という方も、友達が社内恋愛中という方も、ぜひ今回ご紹介したフレーズを参考にしながらドキドキな会話を楽しんでみてくださいね!

ABOUT ME
Midori
高校時代にイギリス留学、大学~社会人時代に2度のNY滞在を経験。大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。 現在のTOEICスコア875点(リスニング満点)。英会話講師として勤務する傍ら、海外ドラマや洋画を用いた英語学習法に関する記事を多数執筆。