TOEIC®超シンプル勉強法まとめ by Bryce

英語パーソナルトレーナー/英語勉強法ライターのBryceです。塾・予備校講師を(20年弱)していた経験、アメリカ・フィリピンでの留学経験から、英語の勉強法についてお伝えさせて頂いております。

「そこそこ基礎はある/あったけど、だいぶ英語を忘れてきた大学生」などによく聞かれる質問の答えをまとめました。超短い記事ですが、シンプルでいいなと思ったのでシェアしておきたいと思います。

▼もくじ
とある大阪の大学院生との会話
TOEIC超シンプル勉強法まとめ

合わせて読みたい

とある大阪の大学生との会話

2017年10月23日。台風が去った秋の夜に、突然昔の教え子から連絡が。

とりあえず、なにやればいいですか!?の答えにいつも通りの回答をする私。

19:26 大阪の大学院生 こんばんは。質問があります。リスニングの練習、勉強としてはシャドーイング、聴きながら書くが重要ですよね?

19:27 Bryce 書くことはないかなぁ
19:27 Bryce 書くのは、文法を確かめたいときかな

19:29 大阪の大学院生 ディクテーションでしたっけ?は特に必要ないってことですか?リスニングをとにかく伸ばしたくて質問しています!

19:30 Bryce ディクテーションはしたことないなぁ
19:30 Bryce それでも伸びるよ。


19:30 Bryce ディクテーションって書くのが主体になるけど、書くのってリスニングの訓練ではないからね

19:31 Bryce もちろん、ディクテーションはしたことあるけど、公立(効率)が非常に悪い訓練だね

19:33 大阪の大学院生 そうなんですね!やめます笑

それと速単で日本語をの文を英語にする訓練等はどうでしょうか?

19:33 Bryce ゴールによるね
19:34 Bryce 何を書きたいか、何を書くためにライティングを勉強するのか、に合わせて教材を決めないと、続かないよ

19:38 大阪の大学院生 うーん、なるほど

留学した時のためと思ってたんですが、それだったらやはり何かしらの試験を目標にするべけですかね?


  

19:39 Bryce 試験受けないと、客観的な英語の学力はかれんぞ~

19:40 Bryce あと、留学するなら、試験の点数が全てだよ

19:47 大阪の大学院生 なるほど、TOEFLですよね

20:00 Bryce うーん、まだTOEICからのTOEFLでもいいかもね

20:00 Bryce 今の学力によるよー

20:01 大阪の大学院生 だとしたら、トイックになると思います

20:01 Bryce かな

20:13 大阪の大学院生 公式問題集を使って勉強していますが、主にやるべきことを教えていただけたら助かります。

20:14 Bryce 出てきた単語は全部覚えた?


20:14 Bryce とりあえず、1冊の中になる未知語は全て覚える

20:16 Bryce ・Part 1, 2 はリピーティング
・Part 3, 4はシャドーイング
・音読は全てのPartで
Part 5,6はとりあえず、解いて知らない表現、構造を特定。
Part 7も同様だが、ひたすら完璧になるまで読み返すこと。ただし、精読ができないなら使ってもあまり意味がない。

20:19 Bryce この会話、ブログに使ってもよい?名前伏せるで~

20:19 大阪の大学院生 単語はまだ全ておぼえられていないです。

なるほど、またやっていってどんな感じか報告してもいいですか?

全然大丈夫ですよ!


20:20 Bryce あざす
20:20 Bryce もちろんよ
20:20 Bryce ちょくちょく方向して~
20:20 Bryce 報告*

20:21 大阪の大学院生 大学行って勉強しなかった奴のなれはてとしてみなさんに参考になれば笑

ありがとうございます!させていただきます!

20:21 Bryce ははは。みんなそうやで・・・・(笑)

20:26 大阪の大学院生 目標としては変わったところもブログに載りたいです

20:28 Bryce どんな感じで載せればいいかな
20:28 Bryce スクショ使おうかなと思っていたわ

 

TOEIC超シンプル勉強法まとめ

音読は全てのPartで基本

必ずCDを使うこと

Part 1, 2

Part 1, 2 はリピーティング。

Part 1:500問

Part 2:1000-1500問

くらいはやってみる。Part 2は飽きるから、500問3セットとかがいいかも。

 

Part 3, 4

Part 3, 4はシャドーイング(なんだったらCDに勝てるまで繰り返す)

とりあえず、公式問題集1冊でよい

 

Part 5, 6

Part 5,6はとりあえず、解いて知らない表現、構造を特定して全て覚える。なぜその解答になるのか、必ず理由を言えるようにすること。わからないものできないものは何度も解き直す。

 

Part 7

Part 7もPart 5 ,6と同様だが、ひたすら完璧になるまで読み返すこと。

ただし、精読ができないなら使ってもあまり意味がない。文型が理解できるとか、基礎文法が入るまでは、ひたすら単語でも覚えておく。

苦手な人は、「大岩のいちばんはじめの英文法」とかを先に読んでおくこと。

 

こんな会話は毎年のようにある

ずっと塾の講師なんかをしていると、こんなような会話は何度も何度もされます。

ただ、大学生の皆さん、続けましょう!(笑)

質問と潜伏を繰り返して、そして社会人になっていく前に、留学の一つでもして、ぜひ英語を身につけてください☆

 

Bryceでした!

この記事を書いた人
Writer

英語パーソナルトレーナー。名古屋大学大学院中退(SLA)。元大手トフル予備校、医学部予備校講師。TOEIC985点。 私は高校を2回中退しています。そんな私ですが、コツコツ努力し、独学で英語を習得しました。やれば誰だってできるんです。英語が苦手な人のお手伝いをするのが私のミッションの1つです。