独学英語勉強法

大学受験・医学部受験の英語学習法

この記事は、大学受験英語を効率的に攻略する方法が書かれています。

  1. 英語で伸び悩んでいる人
  2. どのように勉強したらいいかわからない人
  3. 英語を超得意にしたい人

に役に立つ記事です。

独学で勉強できる内容を全て無料で公開しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

また、発音や文法についてなど、この記事では解説しきれなかった細かい技能の解説おススメの参考書は全てトップページにシンプルにまとめてあるのでぜひ飛んでみてくださいね。

▼もくじ

英単語の暗記には何を使うか

英語学習で困るのが「覚える」ということですが、特に英単語はどうしたら素早く覚えられるのでしょうか。整理しまとめてみました。

単語帳

日本は単語帳大国ですが、単語帳って、みなさん覚えられるのでしょうか?

答えは全然覚えられませんが正しいです。

もちろん全員ではありませんが、

リスト型/羅列型の単語帳を最初は使うな!

ということを大前提にお話しします。まずは単語帳を使うなということを覚えておいてください。

では、何でどうやって覚えるべきなのか・・・

語彙暗記は

単語帳ではなく「単語カード」

覚えたい外国語を表に

母語を裏に

がベストという結果が既に実証研究で大量に出ています。

しかし、実際に市販されているのはほとんどが本形式の単語帳です。

なぜこれほどまで単語帳が書店に並ぶのか。推測すると3つの理由が浮かび上がってきます。

推測1: 出版社が高校一括採用のために作っている?

これは大人の事情ですね。

中高の先生は単語テストなどがすぐに作れるエディターや様々な特典をもらえるので、その特典の多いところから採用という場合もあるとかないとか。実際のところはわかりません。

中身勝負で選ぶ先生がほとんどだと思いますが、出版社は量を売らないといけないので、そもそも売り上げの低い単語カードよりも本媒体のほうが売り上げがよいため、単語帳という「本」という形式を選択せざるを得ないのだと思います。

これは以下の推測2・3に繋がります。

メリットも勿論あります。

本形式のほうが色々と情報を詰めることができるという点です。

雑学的なことや、接頭辞・接尾辞、眠くならないようにする工夫も著者や編集者次第でしょう。

推測2: 価格が安い

後述する単語カードと違い、単語帳は特殊な加工が少ないため、安価で作りやすいと言われています。

既に普及しているものは無駄なコストがかからないのも確かです。

中学や高校で一括採用するには予算の関係で値段も重要になってきます。

その点で単語帳という形式はメリットが大きいと考えられます。

推測3: 持ち運びが便利・失くしにくい

中高生の中にはよく物を失くす生徒がいます。

学校の先生にとっては大きな悩みの種でしょう。単語カードのほうが暗記効率がいいとわかっていても、学校で単語カードを配ることはおそらく不可能に近いのはこの理由が大きいと思います。

学校の先生方でどれくらいの方が「語彙暗記の実証研究」について知っているかはわかりませんが、知っていたとしても導入のハードルは非常に大きいと思われます。

単語カード1枚1枚に名前を書くわけにはいきませんので、学校ではやはり単語帳のほうがいいという結論になると思います。

単語カード

単語カードは一番効率がいいと言われていますが、実際に様々な実証研究で証明されています。

 

(大学受験用だと、この2つがメイン)

一番効率が悪いのは、なんとリスト形式の「単語帳」です。

なぜ効率が悪いのか。

  • シャッフルができない
  • 覚えたものを省けない
  • 順番で覚えてしまう

などなど、様々な理由があります。とにかく、リスト形式の本で単語を覚えるのは「最悪」ということになります。

単語カードは、知っているものを省けますし、知らないものをシャッフルできるので、順番で覚えてしまうことがありません。

しかも、カードは意味を1対1で素早く何度も確認して覚えるので、記憶が強く残ると言われています。

単語アプリ

単語カードや単語帳で覚えれたのかどうかを確認したり、暗記の補助に使うのがアプリです。

例えば、単語アプリで紹介している「ターゲットの友」などは、暗記の強い味方です。

モチベーションも保てて最高のツールだと思います。こういったアプリなどを併用して、ガンガン暗記するのが効率がいいのです。

ターゲットの友

  

単語王チェックテスト

アプリではありませんが、インターネットで確認テストができます。

単語王は早慶や私立大医学部受験などのレベルまでカバーしており、ターゲットよりも単語のカバー数が多いので、ターゲットで終わった人も使えますし、最初から気合を入れて単語をマスターしたい人も使えます。

単語王

単語王単語チェックサイト

単語カードの覚え方

覚え方が一番大切ですが、みなさん、かなり自己流になっていませんか?

学生時代に偏差値が高かった人は、要領がよかった人が多いと思うのですが、学生時代は勉強をサボってしまったのよね~~~という方は、覚えるという1つの作業だけを見ても、どうも効率が悪い方法で勉強している時があります。

では、ダメな覚え方・よい覚え方を解説します。

ダメな覚え方

50枚とか100枚など、まとめて大量に覚えようとする

これだと短期記憶に残りにくく、時間がかかり過ぎて、おそらくやらなくなるでしょう。

いったん覚えたものをまとめてチェックするには悪くありませんが、最初から大量に覚えようとするのはやめましょう。

発音記号が読めないのに、とりあえず単語学習を始める

これは非常に危険です。

まずは発音記号を読めるようにしましょう。

細かい発音の仕方は徐々にマスターすればいいのですが、最低限「あ・い・う・え・お」のどの音に近いのかくらいは読めるようにしておかないと、英語を得意にすることはできません。

よい覚え方と手順

5枚前後を1束で覚えましょう。

というのも人間の短期記憶はMAXで12くらいのものを覚えられると言われています。

脈絡のないものを覚える場合、この数を超えてしまうと記憶に残りにくとのことです。

① まずはカードを以下の3つに分けましょう。

  1. 知っている
  2. あやふや
  3. 知らない

② Aはまずは放置し、Bをまず覚え直しましょう。

見たことがある単語は記憶に引っかかりやすいので、Bをとにかく短期間で攻略です。

5枚ずつ覚えます。

 

③ 次にCです。

Cは時間がかかりますが、実力が上がるのはこのCです。

5枚ずつでしっかりと覚えていきましょう。

 

④ 最後にAです。

知っている単語でも学ぶ価値が実はあるんです。

単語カードの情報が少ない場合は、辞書を引いて以下を確認してください。

  • 「知っている単語の意外な意味」
  • 「派生語」
  • 「熟語」
  • 「反意語」
  • 「類義語」

などを確認して覚えてください。この作業は意外と大切です。

実際、基礎的な単語の運用幅が広がれば広がるほど、英語の実力が高まっていきます。

まとめ

単語帳だけで覚えようとするのは、はっきり言って「苦行」です。

単語カード、単語アプリをメインに学習し、単語帳をもし使うのであれば、

まとめの確認本として

例文集として

使用されることをおススメいたします。

英文法の学習法

英文法の学習というと、みなさん「ネクステージ英文法・語法問題」(桐原書店)のような4択穴埋め英文法語法問題集を中心に、学習を始められる方が多いのではないでしょうか。

実は、そのような問題集を使う前に、基礎固めをしないと非常に効率が悪いのは知っていましたか?

著者も実際に受験生の頃に、最初からそういった文法問題集を使ってしまい、時間の無駄をした経験があります。

そんな受験生のために、英文法の効率的な学習法・勉強法をまとめてみました。

はじめに

文法は理解をすることが最大の目標です。

まずは品詞を確実に覚え、文型をつけられるようにする。

その上で、文法を単元ごとに攻略していくわけですが、勉強している時は常に、「自分は今、何を勉強しているのか」を意識しながら勉強することがとっても大切です。

例えば、分詞は形容詞で、分詞構文は副詞のカタマリの項目なんだと理解し意識しながら勉強すると、頭の中が整理されます。

せっかくなので分類してみましょう。

文法の単元を4大品詞に分けると

動詞 文型、時制、完了形、助動詞、受動態、仮定法
名詞 不定詞の名詞用法、動名詞、関係詞whatとwhateverなど、接続詞that、名詞、代名詞、疑問詞
形容詞 不定詞の形容詞用法、現在分詞、過去分詞、比較、否定、前置詞+名詞、形容詞、疑問詞、形容詞、冠詞
副詞 不定詞の副詞用法、分詞構文、複合関係副詞、比較、否定、接続詞、疑問詞、前置詞+名詞、副詞

 

上記のような分類を自分でできるようになることも大切です。複数の項目にまたがっている分野もあります。

例えば、不定詞は、名詞にも形容詞にも副詞の役割をしますし、それによって訳が変わります。訳が変わるのですから、適当に読んではいけません。

以上を理解したら、次は以下の手順に従って勉強すると、比較的勉強がしやすいです。

英文法の学習手順

以下の3段階に分けて解説していきます。

  1. 英文法基礎レベル
  2. 英文法標準レベル
  3. 英文法応用レベル

苦手な人は、基礎から積み上げていくといいです。

伸び悩んでいる人も、全ての単元ではなくていいので、苦手な単元だけでも遡って復習すると得意になるきっかけになるかもしれません。

英文法基礎レベル

わかりやすい参考書で、まずは理解を深めることが大切です。

品詞の解説がある「大岩のいちばんはじめの英文法」などがおススメです。

この本は、とても解説が詳しいので、理解することに専念してみましょう。

特に、関係詞や疑問詞はとても分かりやすいです。

英文法標準

1.「チャート」や「Vision Quest Ultimate」などの総合文法書の例文を使用

Vision Quest 総合英語 Ultimateについては、こちらの記事を参照してください。

あわせて読みたい
Vision Quest 総合英語 Ultimateをおススメする理由とその勉強法著者自身は、英語があまり得意でない頃は「総合英語Forest」を使っており、英語の指導をする際もForestを使っていました。 しかし...
  1. 例文の文型がわからないものは必ず把握すること
  2. 前置詞+名詞が重要になってくるので、前置詞はしっかりと覚えておく必要がある
  3. <副詞>のカタマリなのか(形容詞)のカタマリなのかは必ず押さえる

 

2.例文のポイントを理解し言えるようにする(知っているものは飛ばす)

例文は1周目は見出しになっているもの。2週目以降は、解説中に提示されている見出し例文じゃないものまで2~4のステップを行うこと。

 

3.例文を英→日(知っているものはいちいち日本語の解説を読まない

訳せなかったもの、知らない単語は、英語にも訳にもマーカーで線を引いておく

 

4.日→英(簡単なのは各自で省く)

これ、やり始めて、一回くらいしか英文見てないのに、すぐに日本語見て「うーん」とかうなっては絶対ダメ。

 

何度も英語を見る・読む・音読する(周りに人がいるときは口を動かして黙読)。日→英で詰まっても、すぐに英語を見る。

 

英文と目が合ったら、挨拶代わりに必ず音読か黙読をする!!

 

唱える回数をひたすら多くするのがコツ。

 

ただし、英文の構造がわからないのに、単に丸暗記はしてはダメ。必ず理解すること。その理解のために、家庭教師や塾・予備校に行くのは、決して悪い投資ではありません。

 

5.上記が完璧になった状態で確認のために問題を解く。

逆に言えば、上記ができていないのに問題集をやってはいけない。

そして、この5をメインに学習しないこと

 

ちなみに、管理人はForestを(別におすすめというわけではないですが)、ページ数を覚えるまで何度も何度も読み込みました。

そのお陰で、以来、文法問題にはほとんど困っていません。

とにかく、この例文中心の学習法こそが最短最速で効果的・効率的な英文法の勉強法だと思っています。

4択穴埋めも、整序問題も、英作文ができれば楽勝です。

英作文まですることがとにかく肝要です。

瞬間英作文とか巷では言われていますが、音読・黙読をしまくって、瞬間英作文できるようになるまでするだけです。

シンプル。これはもうほぼ体育です。

英文法応用

ある程度基礎力がある人、

例えば、

  • マークで180点は切らない
  • 偏差値で65以下を取ることがない
  • 英単語帳で知らないものがあまりない

そういう感じの人は、難しめの英文法問題集を日→英の訓練教材として使ってしまえばよい。

おススメは、桐原「頻出英文法・語法問題1000」やZ会の「英文法語法のトレーニング2演習編」とかでしょうか。

桐原1000は古い本なのですが、文法のやや難易度が高い問題が詰まっています。

これらの問題冊子は封印していいです。

解説の例文を日→英しましょう。

結局、英語とか語学なんてのは、最初にしっかり理解することをして、あとはたくさん読んで、たくさん覚えたもん勝ち。

問題を解くのは時間がかかるのですが、理解して、ひたすら音読・黙読を繰り返すのは、そこまで時間がかかりません。

これはもうスポーツに近いです。ひたすら言えるようなるまで繰り返す。

英文一本に魂込める。

リスニングの勉強法

リスニングや英作文は、受験英語においては後手後手になるのが通常です。

英語以外に、数学・理科二つ、国語、社会などなど、時間が足りない受験生に、リスニングや英作文の対策をする時間は・・・・確かにありません。

しかし、実はリスニングや英作文の基礎は、独自の対策をする必要はほとんどないんです。

リスニングの配点は意外と大きい

例えば、筆記で180点を取ると90%ですが、リスニングで30/50点を取ると、合計で210点です。

50点が全く圧縮されない大学を受けると、210/250点はなんと84%になります。

筆記180/200点 得点率90% リスニング45点 計225/250点 総合90%
筆記180/200点 得点率90% リスニング35点 計215/250点 総合86
筆記180/200点 得点率90% リスニング25点 計205/250点 総合82

表を見てわかる通り、記述で9割を確保しても、なんとリスニングで45点を取らないと、総合点で90%を維持できないんです。

国公立組で「英語が得意!」と言えるのは、リスニングも含めてということになります。

国公立の医学部並びに難関理系でも、たいていはセンター対2次試験が1:1程度です。

2次試験で点数を稼げないのであれば、英語の場合、「癖もなく」「難易度が低目」のセンター試験で点数を取るほうが楽なわけですから、センター試験のリスニングで総得点率を下げるのは、得策とは言えません。

試験に要らなくてもリスニングはすべき

リスニングは、英文が「左から右に」「左に戻らずに」絶えず「右に右に」進んで行く問題と考えてみてください。

通常、リーディング時は、わからない時に何度も読み直すために左に戻ったりしますが、この返り読みは、長文で時間が足りなくなる原因になります。

リスニングをすると、その場その場で、英文をカタマリ毎に理解しないといけないため、

なんと、

読むのが早くなるんです。

つまり、リスニングのトレーニングをすることによって、リーディングの読解速度の向上に繋がります。

読むのが遅い人は、単にリーディングだけをするのではなく、リスニングも学習に必ず取り入れるようにしましょう。

リスニング独自の対策は不要

冒頭でも言ったように、実際のところ、受験生にリスニング独自の対策をする時間は全然ありません。

それどころか、日々、予習復習に追われ、リスニングをしようかなと思う頃には、理科の勉強に追われたり、社会や国語の勉強をしないといけないので、時間を割けないということになりがちです。

では、どのように時間短縮、つまり「時短」をすべきなのか。

答えは、

「長文読解時にリスニングも終わらせる」

です。

以下に具体的に書いていきます。

どのように学習すべきか

シャドーイングをする際に大切なのは、

「構造や語彙が完璧にわかったものを使う」

というのを忘れないでください。

つまり、長文学習時に、理解が甘い部分が無いようにするということです。まずは長文問題集として、通常通りに問題を解き、構造解析をしっかりして、単語を覚えます。

その後に、CDやダウンロード音声を使って、リスニングの訓練をするのですが、ただ聴くだけがリスニングの訓練ではありません。

音読とシャドーイングでセンターリスニングはほぼ満点を取れる

リスニングの問題をたくさん聴いて解いて、「聴けるようになったかな・・・?」という勉強法はある意味「神に祈る勉強法」と言えるでしょう。

では、どうすればいいのかというと、

先程の長文読解のあとに

「音読」「シャドーイング」

をすることで、リスニング問題を解きまくる・・・みたいな対策をせずに、得点率9割、つまり45/50点前後は間違いなく確保できるかと思います。

 おすすめ参考書

  • CD付きの長文問題集を買う
  • 英文の構造が全て書かれているものを買う
  • 単語の注釈が多いものを買う
  • 左に英文、右に日本語が書かれているものを買う

おススメは「スピード英語長文」

絶対これ!というわけではないのですが、このシリーズがシンプルかつ、長文中に出てくる英文の文法解説も程よくありつつ、訓練に集中できるレベルの英文の本数。

レベルが1~4まであり、各7題(7長文)なので、4冊×7題で28本。

28本を音読・シャドーイングすれば、センターレベルであれば、困ることはないでしょう。

長文問題集を使って、読解速度をどう上げるのか、リスニング能力をどう上げるのか、また、英作文をどう上げるのか、手順を紹介します。

スピード英語長文1を使って、読解速度、リスニング、英作文を全て攻略してしまいます!

 

 

以下、段落ごとに仕上げていきます

1.語彙注釈を使って単語チェックする
2.構造分析ページを使いながら、問題文を精読する
 (分からない部分は必ず質問して解決すること)
3.構造がわかったら、CDを使って音を確認する
4.ストップウォッチで音読のタイムを計る

スラッシュページに移動する

5.CDを聞きながら目で読む(意味は考えながら)
6.CDの音声に合わせて小声で、音を真似して読む(意味は考えながら)
7.音読や見てリスニング/シャドーイングをひたすら繰り返す
8.見ないでリスニング/シャドーイングができるようにする
9.(音読しまくって暗唱してしまう)

ここまで仕上げるだけで、格段に読むのが速くなっているはずです。

以下はすぐにやらなくても全然よく、1冊まるまる1~9の手順を終えたら、

10.問題を解く
11.答え合わせする
12.パラグラフ解説のページで、読み直しながら頭を整理する
13.要約を解く

イチから鍛える英語リスニング必修編

リーディング対策と兼ねなくてもよくて、時間のある人はこちら。一冊シャドーイングでこなすなら、この本でしょう。別冊の英文をシャドーイングできるようになれば、十分だと思います。

どうしてもさらに演習したい人はコチラ。ただ、メインに据えると時間が絶対に足りません。直前期でやるような本ではないし、1年しか時間がないときにやるような本でもありません。それなら、単語・文法・長文をこなすべきかなと思います。

私立医大 勝手に難易度ランキング~英語が簡単な大学はどこだ~

現役の医学部予備校講師が選ぶ、私立医学部で英語が簡単であろう大学を取り上げてみます。読むスピードが遅い人はあまり選択肢が無いのが現状ですが、とりあえず、主観でどんどん書いていきます。

福岡大学 医学部

<出題傾向など>
和訳 たまに難しい時があるが、まず問題なく解けるレベル
文法 典型題
長文 基本的な出題だが、長文の選択肢は細かいところを聞いてくるので注意。
並び替え ややひねっている問題が出るが、文法的にも解ける問題も多いので、1問ミスに抑えたいところ。

読むのが遅い人は福岡かな。

<目標点>
8割以上。できれば9割。

川崎医科

<出題傾向など>
文法は少しひねっているけど、得意な人には問題が無いレベル
長文も解きやすい。

<目標点>
8割以上は確保したい。

金沢医科

センター試験よりは難しいが、難易度は高くない。その代わり速く読めないと高得点取れない。

<出題傾向など>
文法は簡単な出題。
長文は長いので、とにかく正確に素早く読めるようにしておくこと。内容一致問題は、段落ごとに解いていくなど工夫が必要。

<目標点>
満点を狙うつもりで9割超え。

東海大学

全体的に簡単。英作文が出るが、とりあえず、なんとか文法ミスなく書ける程度か、そもそも捨てるという手がある。受験生のレベルを考えると、英作文で差がつくとは思えない。ちゃんと文法ミスなく書いた人には一定の点をあげるとかしているか、受験者数を考えると〇か×しかつけないのでは。※憶測です。

埼玉医科

上記の大学よりは難しい。
前半の長文はとても簡単なのだが、問5、6くらいからギアが上がって難易度がやや高くなる。しかし、所詮マークなので、読むのが速く時間が足りて、後半の長文も解き切れる人にはおススメ。

岩手医科

明らかに簡単だが、1次は通っても、2次はほとんど地元の人しか受からない。コネがあるとか、お金を出せる人なら受験してもいいが、それ以外はあまりおススメできない。

東北医科薬科

英語は全マークでとても簡単。新設校なので傾向が変わるかもしれないし、倍率も凄い高いので考えどころ。ただ、英語が苦手な人には選択肢としてあり。他の科目もそんなに難しくないが、化学が計算が多くて、計算ミスが多い人には向いていないのが落とし穴か。

ーーー難しいけど、満点を狙える大学ーーー

東京医科

<出題傾向など>
ひたすら正確に速く読む必要があるが、設問はいたって素直な問題。最後の読解問題は段落ごとに解いていく。〇△×を使い分けて、読み直ししないように気を付ける。

<目標点>
8ー9割だが、満点狙えるので、できるだけ取りこぼしが無いように。

東邦大学

こちらも東京医科と同じで、語彙力とある程度の読解力があればさえあれば満点取れる。東京医科のほうが時間に追われるので、英語が得意な人は医療系の英単語もガツンと覚えて、東邦大学の英語で満点を取り、数学と理科でリラックスして受験できるようにすべき。

最新の脳科学本から学ぶ 学習法と自習テクニック

夏前に脳科学本を買い込んで色々と読みましたが、面白かったので生徒に紹介した内容です。

医師の吉田たかよし氏が、机に一番長く座っているのに成績が伸びない学生のことを

「お地蔵さん受験生」

と名付けていましたが、どうも最近はそれが実証されてつつあるようです。英語学習や受験勉強に効きそうな内容をアップしておきます。

変化が大切

  1. 場所を変える
  2. 時間帯を変える
  3. 勉強の仕方を変えることにも効果がある
  4. 机に向かって顔を本に押し付けるだけが勉強ではないと知ること
  5. 音楽を聴きながら
  6. 匂いを変える
  7. 立って勉強する
  8. 歩いて勉強する
  9. 隙間時間を有効活用する
  10. 立ち話は5分以内で
  11. どのくらい勉強するかよりも、どのように勉強時間を配分するかのほうが重要

インターリーブ勉強法

  1. 勉強は細切れに
  2. どんどん科目を変える
  3. 今習っている内容に以前習った内容を1、2問混ぜる
  4. 今日の宿題をする際に昔習った問題や内容の復習を混ぜる
  5. 一気に勉強するよりも時間分割

忘れてかけてきたものを思い出すことで記憶は強化される

  1. (前段階として最初に・じっくり理解して暗記すること)
  2. 復習は翌日よりも翌々日、一週間後のほうが記憶強化の効果は高くなる
  3. ただし、月1メンテナンスは効果的だし重要
  4. 不安になって復習してもあまり効果はない
  5. できることを確認しても記憶の強化に繋がらない
  6. つまり、忘れることが記憶の強化に繋がる。
  7. 忘れることを恐れない → 逆に効果的

効果が低い勉強法

以下は、ダメな勉強の仕方です。

  1. 受け身の学習
  2. 授業を聞いているだけ
  3. 授業で聞いたもの・既に憶えているものをすぐ復習する
  4. 書き取ったノートを復習する際に線を引く
  5. ノートに取ったことを書き写す
  6. 教師が作ったまとめを見直し
  7. 覚えた直後に同じことを勉強する

名古屋の医学部受験 個別指導の料金

名古屋の医学部受験の個別指導は、かなり料金がバラバラですが、1時間あたりどれくらい費用がかかるのか!?まとめてみました。

メディカルラボ

富士学院

四谷学院

名古屋DDP予備校

メディカルトレナ

セント・メプレス

メディカルロード

KGS

ラムス予備校

東京メディカル学院

メディカルコーチ

ABOUT ME
野村勇介(Bryce)
◉英語勉強法.jp編集長 ◉英語本評論家 ◉元大手英語系予備校・医学部予備校講師 ◉TOEIC985点 ◉TOEFL100+α 名古屋英語専門塾 4技能対策 塾長