TOEIC対策を行っているオンライン英会話3選

TOEIC対策にオンライン英会話は効果的なのか

日本ではTOEICがとても有名で、進学や就職、転職をするときにTOEICのスコアを求められることがあります。そのため、TOEICでの高得点を目指しているという英語学習者はとても多いでしょう。

通学制の英会話スクールでは、このTOEIC対策クラスが設けられていることも多いのですが、実はオンライン英会話スクールでもTOEIC対策のあるスクールがあるのです。

会話が主体となるオンライン英会話で、TOEIC対策は効果があるのでしょうか。今回は、オンライン英会話とTOEICについて考えてみましょう。

▼もくじ
1. TOEICとオンライン英会話
2. オンライン英会話のTOEIC対策ってどんなもの?
3. オンライン英会話をしているとリスニング力がアップする
4. オンライン英会話は語彙力アップにも有効
5. TOEIC対策にもオンライン英会話がおすすめ
6. TOEIC対策を行っているオンライン英会話
    6-1. レアジョブ
    6-2. ネイティブキャンプ
    6-3. QQイングリッシュ
7. TOEIC対策のあるオンライン英会話の選び方
8. まとめ

1. TOEICとオンライン英会話

TOEICはリスニングセクションとリーディングセクションから構成されている英語のテストです。最近では従来のリスニングとリーディングだけのテストに加え、スピーキングのテストやスピーキング&ライティングのテストなどもできています。

多くの人が受験するTOEICとは、リスニングとリーディングから構成されるTOEICとなります。多くのオンライン英会話スクールでTOEIC対策のレッスンが行われているものの、リスニングはともかくリーディングセクションの点数はオンライン英会話ではアップしないと考える人も多いのではないでしょうか。事実、オンライン英会話をしてもTOEICには関係ないという人もいます。

しかしTOEIC対策をしているオンライン英会話のTOEIC対策レッスンは、なかなかしっかりした内容になっています。

2. オンライン英会話のTOEIC対策ってどんなもの?

TOEIC対策をしているオンライン英会話スクールでは、1回のレッスンで1つのセクションが終わるように、教材が分割されていることが多く、1つの問題にじっくり取り組むことができます。もちろんTOEIC対策を担当できる講師は、TOEICについてしっかりと学んだ講師です。そのため、同じオンライン英会話スクールでも、TOEIC対策ができる講師とできない講師が在籍している場合もあります。

リスニングセクションが特にオンライン英会話向きで、講師と一緒に問題を解きながら、聞き取れない箇所や苦手な問題に取り組むことになります。

自分一人でもできそうだと思うかもしれませんが、疑問点などがあったときに、教材の解説だけでは不十分なこともあるでしょう。そういった場合に、オンライン英会話なら講師にわかるまで説明してもらうことができるのです。

音の違いがわからないときや、解答文を見てもなぜそれが正解なのかわからないときなど、しっかり講師に説明をしてもらえる方が、一人で勉強するよりもずっと力になります。

リスニングセクションで、教材の読み上げ音声が早いと感じた場合、講師がいればゆっくり読んでもらうこともできるので、まだまだTOEICに慣れないという人でも、まずはゆっくりしたスピードから練習ができるということもメリットです。

リーディングセクションについても、同様に、TOEICの実際のテストを想定したような教材を使うことになります。こちらの場合も、なぜそうなるかが理解できないという時に、講師にしっかりと説明をしてもらえるでしょう。

TOEICでは英文を読む速さが、スコアアップにつながりますが、英文をどうすれば速く読めるようになるか、どうすればリーディングのスキルをアップすることができるかなどといったことにも、アドバイスをもらえます。

一人ではなかなか教材に手をつけられないという人にとっても、オンライン英会話でのTOEIC対策は有効です。講師がしっかりとリードし、勉強させてくれるので、やる気ばかりで実行できない・・・ということになりにくいのです。

3. オンライン英会話をしているとリスニング力がアップする

TOEIC対策があるスクールでも、ないスクールでも、TOEICに対してメリットもあります。それは、オンライン英会話を続けていると自然とリスニング力がアップするということです。

何度もオンライン英会話でレッスンを受けていると、自然と講師の話す英語をたくさん耳にすることになります。講師がフィリピン人講師などの外国人講師であったとしても、ネイティブ講師だったとしてもこれは同じことです。

なんとなく英語の音に慣れてくるので、今まで聞き取れなかったことが次第に聞き取れるようになります。

ですから、特にTOEIC対策レッスンというわけではなくても、どんどんリスニング力がアップして、ある日TOEICを受けてみたらリスニングセクションのスコアが100点以上アップしていた・・・なんてことは、全く珍しいことではありません。

たとえTOEIC対策レッスンではなかったとしても、そういった効果があるので、オンライン英会話はTOEICのリスニングセクションのスコアアップには効果的だと言えます。

そしてTOEIC対策レッスンを受ければ、TOEIC独特の出題傾向や問題の形式に慣れることができるので、さらにその効果は倍増するのです。

4. オンライン英会話は語彙力アップにも有効

TOEICでスコアアップを目指すなら、語彙力のアップは必須条件です。オンライン英会話を続けていれば、語彙力だって、どんどん上がっていきますよね。

自分のレベルが上がるにつれて、講師が使う語彙の種類も増えてきます。そうして、徐々に語彙力が増えていけば、TOEICのスコアアップにもつながります。

知っている語彙力が増えれば、リーディングスピードも速くなるので、TOEICの問題を最後まで解けるようになると人もいるでしょう。

リーディング面からも、オンライン英会話はTOEICスコアアップに有効です。

しかし、TOEICはビジネスで使うような表現などがたくさん出てくるテストです。その点を考えると、ある程度レベルが上がってきたという人は、ビジネス英会話のレッスンを受けることをおすすめします。

ビジネス英会話のレッスンを受ければ、TOEICでも見るような表現やシチュエーションが出てくるので、TOEICスコアアップに直結しやすいのです。

その点については、TOEIC対策レッスンを取れば、TOEICのための練習問題を解くようになりますから、完璧ですよね。語彙力的な面も、TOEIC用のものをカバーできるので、TOEICでハイスコアを目指す人は、オンライン英会話でもTOEIC対策のあるスクールを選ぶといいでしょう。

5. TOEIC対策にもオンライン英会話がおすすめ

TOEICの出題形式や傾向には、TOEICのクセがあります。そのため、オンライン英会話で普通の会話レッスンを受けているだけだと、600点程度のミドルスコアは狙えたとしても、ハイスコアは少し難しいかもしれません。普通の会話レッスンでは、そこまで難しい語彙を使わないからです。

それよりもハイスコアを狙うなら、TOEIC対策レッスンを受けるようにしましょう。

狙っているスコアが500点程度の人だと、オンライン英会話で普通の会話レッスンを受け、まずはそのスクールで中級と言われるレベルを目指しましょう。中級に達したら、自分で何度かTOEICの模擬テストを解いて出題形式に慣れるという程度でも、十分目標スコアを達成できます。

ですからTOEICでスコアアップを目指している人にも、オンライン英会話はおすすめです。

6. TOEIC対策を行っているオンライン英会話

TOEIC対策にオンライン英会話が効果的だというのは前述のとおりです。しかしそれには、TOEIC対策専用の教材やコースがあった方が良いというのも事実。
TOEIC対策のあるオンライン英会話は意外とたくさんあるので、どのオンライン英会話を選べばいいか悩んでしまう人もいるでしょう。
そこでここからは、しっかりとしたTOEIC対策コースが設けられたオンライン英会話をご紹介していきます。

6-1. レアジョブ

毎日話せる格安オンライン英会話の老舗とも言えるレアジョブは、もう10年程度前からある安定したオンライン英会話スクールです。レアジョブが出来た当時、まだ「毎日レッスンが受けられる」というのは稀でした。そう考えると、オンライン英会話業界は、価格競争が激しく価格が下がってきたのだと感じるところですね。

そんなレアジョブには、TOEIC対策のプロフェッショナルとして知られる濱崎潤之輔氏監修のカリキュラムに沿った、TOEICコースが設けられています。このコースはTOEICで600点を目指す人のためのコースとなっていて、初級者でも受けられるような内容です。教材自体は、初級用と、中級~上級用にわかれています。

多くのオンライン英会話のTOEIC対策は、リスニングが主になっていたりするのですが、レアジョブのTOEICコースはリーディング問題にもしっかり取り組む本格派。実際のTOEICに沿った問題がたくさん用意されています。

レアジョブには日常英会話コースとビジネス英会話コースがありますが、TOEIC用教材はどちらのコースでも利用することができます。単にTOEICを受けてみたい、600点を取りたいというだけなら日常英会話コースで十分でしょう。しかし、TOEICはビジネスで使う英語の検定であることを考えると、ビジネス英会話コースの方が合っている人もいます。

例えば仕事で英語を使う機会があったり、TOEICでもう少し上のスコアを目指したりする人は、レアジョブのビジネス英会話教材も使えるビジネス英会話コースがおすすめです。

ちなみにビジネス英会話教材は、ビジネス認定講師のみの対応となっていて、よりプロフェッショナルな英語を学ぶことができるので、それが実際のTOEICでも役立つことがあるでしょう。

信頼のおけるオンライン英会話で効率よくTOEICのスコアアップを狙いたいなら、レアジョブがおすすめです。

◆レアジョブ料金体系

日常英会話コース:
月8回 4,200円
毎日25分 5,800円

ビジネス英会話コース:
毎日25分 9,800円

6-2. ネイティブキャンプ

2つ目にご紹介するのは、オンライン英会話界では知らない人はもういないというほど有名なネイティブキャンプです。ネイティブキャンプがここまで有名になった背景には、月額料金でレッスン受け放題という点があります。

そんなネイティブキャンプには豊富な教材が用意されていて、その中にTOEIC対策用の教材もあります。教材の種類は、「TOEIC600点対策」「TOEIC800点対策」「TOEIC公式問題集」の3種類。

ネイティブキャンプでは、すべての講師がTOEIC対策のレッスンができるというわけではありませんが、レッスンを受ける前に教材を指定して対応できる講師を検索することができるので、とても便利です。

また厳選された講師だけが、TOEIC対策レッスンをすることができるというのも、より効果的なレッスンが受けられる証明にもなっているでしょう。

ネイティブキャンプのTOEIC対策教材では、リスニングパートが対象になっています。そのため、リーディングパートについては、日頃から自分で長文読解をしたりすることが必要です。ただし語彙力については、ネイティブキャンプのビジネスコースの教材を使っていれば、自然とTOEICで役立つような語彙が増えていくでしょう。

リスニングパートに問題がある人には、ネイティブキャンプのTOEIC対策が点数別にもなっていておすすめです。

ネイティブキャンプのすごいところは、やはりレッスンが受け放題だということでしょう。TOEIC対策についても講師が空いてさえいれば、受け放題です。そのため、毎日のようにTOEICのリスニングパートを講師と勉強できるというところも魅力的です。

◆ネイティブキャンプ料金体系

プレミアムプラン 月額5,500円
レッスン回数制限なし・予約レッスン有料

6-3. QQイングリッシュ

カランメソッドで知られているQQイングリッシュには、TOEIC講座もあります。QQイングリッシュのTOEIC講座は、TOEIC満点の講師とともに開発されたTOEIC特化カリキュラムになっていて、リーディングやリスニングだけではなく、スピーキングやライティングという、TOEIC SWというテストにも対応した内容になっています。

QQイングリッシュのTOEIC対策は、オンライン英会話スクールの中では特に幅広い人向けになっていて、自分の弱点科目から勉強することもできますし、720点などのハイスコアを突破することをターゲットにしたコースもあります。

語彙力強化のためのコースもあり、TOEICに関してさまざまな角度から学習することができます。

公式サイトの受講者の声を見てみると、「目指せハイスコアラー」というコースを受講し、800点を突破した方や900点突破を目指す方などがいて、幅広いレベルの人に対応した教材だということがわかるでしょう。

しっかりしたカリキュラムの中で、段階的にTOEIC向けの学習をしたいという人にQQイングリッシュがおすすめです。

ちなみにQQイングリッシュの通常クラスは25分ですが、TOEIC講座を受けるなら1回50分となります。

◆QQイングリッシュ料金体系

月会費プラン:
価格 3,685円 レッスン単価460円から 毎月400ポイント分

毎日プラン:
毎日25分 価格5,780円 レッスン単価186円
毎日50分 価格9,680円 レッスン単価156円
毎日100分 価格15,800円 レッスン単価127円
※1レッスン=25分の単価

7. TOEIC対策のあるオンライン英会話の選び方

ここで紹介した3つのスクール以外にもTOEIC対策をしているスクールはあります。今現在利用しているオンライン英会話スクールでTOEIC対策があるなら、まずはそこのTOEIC対策レッスンを受けてみることをおすすめします。

それが気に入れば、そのスクールを使い続けるのが便利です。

しかしもし、TOEIC教材が十分ではないと感じたり、なんとなくしっくりこなかったりしたら、ここで紹介したような他のオンライン英会話スクールのTOEIC対策をのぞいてみることをおすすめします。本気でTOEICでハイスコアを狙うなら、TOEICに強いオンライン英会話スクールを利用したほうがいいからです。

TOEIC対策のあるオンライン英会話を選ぶときには、そのTOEIC対策講座に自分の弱点分野の対策が含まれているかを確認しておきましょう。どの程度TOEICに力が入っているかもチェックポイントです。

特にハイスコアを狙う人は、カリキュラムがしっかりしていなければあまり意味がありません。そういった面も見比べながら、自分にとってベストなオンライン英会話スクールを選んでみてください。

8. まとめ

TOEICはビジネス寄りのテストですが、TOEICのクセさえわかっていれば、オンライン英会話を受講し続けることでスコアアップができます。

どんなテストでも自習をすることも重要ですが、安価なオンライン英会話ならその自習を講師にほぼ毎日サポートしてもらうこともできますし、自分ではなかなか勉強できないという人は、オンライン英会話のTOEIC対策レッスンを受けてみてはどうでしょうか。