Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズで学ぶ英語勉強法

みなさんも一度はビジネス関連本を手に取ったことはあるのではないでしょうか。

私も仕事が一段落し、自分の人生について、働き方について、色々と見つめ直そうと思い、最近また本を読み始めました。

でも、ビジネス書や自己啓発本を読んでも、どれも同じようなことばかり書いているなぁ・・・と思っていました。

その日は、たまたま夜も遅くなり、Netflixを見てリラックスして寝ようと思い、いつものようにアクションでも見ようかなと思って、作品を選んでいました(私はアクションものが好きなので)。

たまたま、どのタイミングで見つけたのかわからないのですが、「Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズ ー あなたが運命を変える」を見つけて、見てみました。

今回は、そのアンソニー・ロビンズの紹介と英語のフレーズで勉強してみたいと思います。

▼もくじ
1. Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズ
2. Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズの英語で学ぶ
3. 同時通訳者小熊弥生さんが選ぶAnthony Robbins / アンソニー・ロビンズの英語フレーズ

合わせて読みたい

1. Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズって誰?

Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズ自体は、通訳者の小熊弥生さんがTwitter(@Interpreteryayo)で昔よくつぶやいていたので、頭の片隅にあった感じです。そうでなければまず100%この番組は見なかったと思います。

 

Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズとは

カリフォルニア州ノースハリウッド生まれ。

貧困の家庭に生まれ、大学入学を断念し、ビルの清掃員として働き始める。

高校の時の恩師に、スピーチの才能があると言われたのを覚えていて、スピーチで人を変えることができると信じていたようです。

700冊もの成功哲学や心理学書を読み、様々なセミナーに参加し研究し、自身もセミナー等を始める。

「Unlimited Power」は全世界で1000万部超えだそうです。

2007年にはフォーブスの世界で最も影響力を持つ著名人「Celebrity 100」に入っている

 

という感じですね。めっちゃ有名人みたいですが、今まで意識していなかったので、全然知りませんでした。セミナーには興味ないですが、英語は力強い英語のようなので、彼の使う英語に焦点を当ててみました。

 

Netflixで見れる「Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズ」

Netflix利用者の方はこれです。※画像にリンク付いています。

 

最初、動画を見た時は、一瞬だけですが、なんか宗教的な匂いがして、「大丈夫かいな」と思ったのですが、とりあえず見続けました。

うーーーん、これはある意味すごい。

私がアメリカに居た時も彼の本がベストセラーでしたが、お金に関する本だったので特に興味なく読みませんでした。当時は他の小説関連のベストセラーばかり読んでいて。

ちなみに、当時売れていた本はこちらです。

以下はアメリカのAmazon.comですが、2627件のコメントで、星5が70%と星4が12%で、8割以上は高評価ということになります。お金の本でこんな感じです。

彼のセミナーには人生で困っている人がたくさん参加しているみたいですね。

アンソニー・ロビンズは宗教家じゃないけど、宗教家みたいなオーラです。

宗教家って会ってみるとわかりますが、カリスマ性が半端ないですよね。個人の持っているパワーが凄すぎて見える感じというか。大御所芸能人とかもよくそう言われますね。そんな感じです。

あ、安心してください。自分の見る限り、アンソニー・ロビンズに宗教色はないと思います。そして、私も宗教には全く興味ないので(笑)

本は元気になるフレーズがたくさんあります。私はこういったセミナーには興味ないですが、英語には興味があるので、英語を勉強しながら元気になれるならいいかなと思って読んでみました。

中身はとにかく、本題の英語を見て見ましょう。

 

2. 「Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズ」で英語の勉強

「Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズ」自体に興味を持ち始めたので、本を一冊買って読んでみました。私は本を買う派なので、気になったらすぐ買います。最近はすべてKindle版がほとんどですね。

著作の冒頭から英文法が詰まっているフレーズを発見したので、出題です。

 

タイトル「Awaken the Giant Within」の英語

英文に学びが多いので、コツコツと紹介していきますね。

接頭辞・接尾辞 en- / -en

まず、Awaken the Giant Within「心の奥底に眠る巨人を呼び覚ませ」という感じでしょうぁ。

awaken:呼び覚ます

en-」とか「-en」が付くと、

動詞になります。例えば、

enjoy

tighten

enable

とかです。

within

withinは前置詞で有名かもしれませんが、なんと名詞があるんですね。副詞もあります。

名詞は「心の奥底」という意味です。

 

英文解釈してみよう

本文から引用した文を読んでみましょう。

例題

For far too many, the dream has dissipated – and with it, so has the will to shape our destinies. —“Awaken the Giant Within”から引用

単語

dissipate【動詞】消す/消える、消散させる/する

will【名詞】意思、遺言

destiny【名詞】運命

解説

far too + 形容詞/副詞

too+形容詞/副詞で「あまりに~だ」ですが、これをさらに強調したいときは、far

【例文】You watch far too much television. (テレビの見すぎだよ。)

farがmuchを強調していますね。

farの代わりにmuchを使うときもあります。

【例文】The question was (much) too difficult. (その問題は難しすぎた。)

(×The question was too much difficult. としない).

 

so V S「Sも(また)そうだ」

後半の文、so has the will to shape our destinies.

これは倒置です。

A: I like dogs. 

B: 私もです。

という返答をする際に、3つ言い方があります。

1. me, too.

2. I like dogs, too.

3. So do I.

今回は3番のパターンですね。

For far too many, the dream has dissipated – and with it,

「あまりにも多くの人にとって、夢はすでに消え失せてしまっています。そして、それとともに」

この部分を受けて、

so has the will to shape our destinies.

「自分の運命を形作る意思もまた消えてしまっているのです。」

the will (to shape our destines) [S] has dissipated [V].

hasの後ろにdissipateが省略されています。

ちなみに、総合英語だとこちらの参照ページを載せておきます。

Vision Quest 総合英語 Ultimateの参照ページ: P403, 676-678

 

英文を再掲しておきます。

例題:For far too many, the dream has dissipated – and with it, so has the will to shape our destinies.

全訳:「あまりにも多くの人にとって、夢はすでに消え失せてしまっています。そして、それとともに自分の運命を形作る意思の力もまた消えてしまっているのです。」

 

3. 同時通訳者小熊弥生さんが選ぶAnthony Robbins / アンソニー・ロビンズの英語フレーズ

同時通訳者の小熊弥生さんが、「Anthony Robbins / アンソニー・ロビンズ」の英語フレーズを解説している動画を発見したので、こちらでも勉強できます。

強調構文

It’s in your moments of decisions that your destiny is shaped.

「決断の瞬間にあなたの運命は形作られる」

It is と thatで、in your moments of decisionsをいうカタマリをはさんでいますね。

これは強調構文と呼ばれます。

 

合わせて読みたい

 

大学受験・医学部受験・各種英語資格試験等の個別指導にご興味のある方は、こちらのページをご確認いただき、【お問合せより】ご連絡くださいませ。

この記事を書いた人
Writer

英語パーソナルトレーナー。名古屋大学大学院中退(SLA)。元大手トフル予備校、医学部予備校講師。TOEIC985点。 私は高校を2回中退しています。そんな私ですが、コツコツ努力し、独学で英語を習得しました。やれば誰だってできるんです。英語が苦手な人のお手伝いをするのが私のミッションの1つです。