藤田保健衛生大学医学部の英語:入試予想問題1

私立医学部に出そうな英文を集めて訳してみました。

 

Childhood Roots of Narcissistic Personality Disorder

It’s estimated that up to 6% of the US population has narcissistic personality disorder (narcissism for short), which is more common in men and has its roots in childhood. Extremely resistant to treatment, this severe mental illness leads affected individuals to create chaos as they harm other people. Before discussing how demands for support of ego and desires can go off the rails, let’s start with an overview of pertinent normal child development.
Small children are naturally selfish as a normal part of development in which they work to get their needs met and can’t understand other people’s needs and desires. Then as teenagers, kids are still typically self-centered as they struggle for independence.
As opposed to self-centeredness that should gradually decline, children need to develop healthy, lasting levels of self-esteem to be able to protect and care for themselves while caring about others, to resist dangerous influences, and to stay connected to family and society. Healthy levels of self-esteem indicate a child’s belief that he or she is loved and worthy as a person in the family and in society, and thus doesn’t deserve and is more resilient to mistreatment. In a nutshell, self-esteem isn’t self-centeredness because it doesn’t lead to putting oneself first to the detriment of other people’s needs and rights.
Typical childhood self-centeredness must change to pave the way to mental health in adulthood. To grow up able to function well in families and society, kids must gradually gain both the ability to see other people’s viewpoints and empathy for other people’s suffering. So, healthy kids should gradually show sincere signs of caring about the well-being of others. Not developing empathy while growing up is a warning sign of developing a serious personality disorder as an adult, including the narcissistic type.
How do people with narcissistic personality disorder (narcissists for short) act? Besides showing lack of empathy (as judged not by words but by actions), narcissists filter information and react on the basis of effect on their egos. Their actions reflect grandiose beliefs of superiority and uniqueness as well as their need for admiration and worship.

Narcissists are arrogant and preoccupied with fantasies of unlimited self-importance, success, and power (including that they alone can do something) and exaggerate their accomplishments and popularity. They exploit or take advantage of people for personal gain including feeding their egos and thus require excessive admiration. They pit people against each other to get what they want—they divide people to conquer and gain power over them. They manipulate others by influencing emotions like fear and anger, and with threats and lies. Another manipulation technique used is redefining reality by repeatedly fabricating fiction and arguing about it as if it were fact (such as presenting alternative facts), which leads listeners to question their own understanding of reality. Victims often experience a “twilight zone” sensation that is accompanied by anxiety.

Narcissists make others miserable and get aggressive with people who won’t give them the agreement, admiration, and respect they feel entitled to, expecting automatic compliance. These traits are often found in dictators. Like most personality disorders, narcissism is very difficult to treat because people affected aren’t able to understand that anything is wrong with them and thus are not motivated to change.
A narcissist is toxic to situations and people, except perhaps to an inner circle of supporters—at least for as long as they continue to support the narcissist’s agenda.
Now let’s go back to youth. Preteens aren’t developed enough to manipulate and given that teenagers are typically self-centered, clinicians are reluctant to diagnose narcissistic personality disorder before age 18. Still, you might notice one or more of these warning signs in teenagers indicating risk of developing narcissism.

出典:Psychology Today

 

【題名】
ナルシシズム性人格障害の小児期の原因
 
【全訳】
米国人口の6%にはナルシシズム性の人格障害(略してナルシシズム)があると推定されています。これは男性でより一般的であり、子供時代に根付いています。治療に非常に抵抗力があり、この重度の精神疾患は、冒された人々が他の人に害を与えるように混乱を引き起こします。自我と欲望のサポートがどのようにレールから外れるかについて議論する前に、適切な正常な児童発達の概要から始めましょう。
 
小さな子供たちは、彼らのニーズが満たされ、他の人々のニーズや欲望を理解することができない開発の正常な部分として自然に利己的です。ティーンエイジャーのように、子供たちは依然として独立のために闘争しているので、依然として自己中心的です。

徐々に衰えるべき自己中心主義とは対照的に、子供たちは、自分を保護し、世話をしながら他人を気遣い、危険な影響に抵抗し、家族や社会とのつながりを保つために、自尊心の持続的なレベルを開発する必要があります健全な自尊心のレベルは、家族や社会の人として愛され、価値があると信じられており、虐待を受ける価値がなく、虐待を受けにくいという信念を示しています。一言で言えば、自尊心は自己中心的ではない。なぜなら、他者のニーズや権利を損なうことにまずつながるものではないからである。

典型的な小児期の自己中心性は、成人期のメンタルヘルスへの道を開くために変化しなければならない。家族や社会でうまく機能するように成長するためには、子供は徐々に他の人々の視点を見る能力と他の人々の苦しみを感情的に捉える必要があります。だから、健康な子供たちは、徐々に他人の幸せを気遣う誠実な兆候を示すべきです。成長している間に共感を育てないことは、ナルシシズム型を含む、成人として深刻な人格障害を発症する警告兆候です。
ナルシシズム性人格障害(略してナルシシズム)を持つ人々はどのように行動しますか?共感の欠如(言葉ではなく行動によって判断される)を示す以外に、ナルシシズムは情報をフィルタリングし、自分たちのエゴに対する効果の基礎に反応する。彼らの行動は、優越性と唯一性の壮大な信念と、称賛と礼拝の必要性を反映しています。

ナルシシズムは傲慢であり、無限の自尊心、成功、そしてパワー(彼らが単独で何かできることを含む)などの幻想に夢中であり、彼らの業績と人気を誇張している。彼らは、自分のエゴを食べることを含めて、個人的利益のために人々を利用したり利用したりして、過度の賞賛を必要とします。彼らは人々を敵対して欲しいものを手に入れ、人々を分けて征服し、権力を得る。彼らは恐怖や怒り、脅威や嘘のような感情に影響を与えて、他人を操作する。フィクションを繰り返し作成し、それが事実であるかのように論じる(代替的な事実を提示するなど)、リスナーが現実の自分の理解に疑問を投げかけることによって、リアリティを再定義することです。被害者はしばしば不安を伴う「夕暮れゾーン」の感覚を経験する。

ナルシシストは、自動的にコンプライアンスを期待して、合意、賞賛、尊敬を得ることができないと感じている人たちと、他の人を悲惨なものにし、積極的になります。これらの形質は独裁者によく見られます。ほとんどの人格障害のように、ナルシシズムは治療することが非常に困難です。なぜなら、被災者は何かが間違っていることを理解できず、変化する意欲がないからです。
ナルシシストは、ナルシシズムの議題を支持し続けている限り、おそらくサポーターの内部のサークルを除いて、状況や人々にとって有毒である。


さあ、青春に戻りましょう。 Preteensは操作するのに十分に開発されておらず、10代の人が自己中心的であることを考えると、18歳以前に自己愛的な人格障害を診断することには消極的です。それでも、十代の若者たちの中で、ナルシシズムを発症するリスクを示すこれらの警告徴候のうちの1つ以上に気付くかもしれません。
 
 

応援よろしくお願いします!
人気ブログランキングへ