格安で英語をマスターできるのはフィリピン留学

英語をマスターするために留学したいとは思っても、いざとなったら費用面が心配に成ったり現地の食事や治安が心配になって、「やっぱり留学は無理だな」という結論になってしまうという人は少なくありません。英語をマスターするには現地で英語漬けになるのが王道ではありますが、住み慣れた日本を離れるとなると二の足を踏んでしまうというのは仕方がないことなのだと思います。その点、最近話題のフィリピン留学では、格安かつ安全に英語をマスターできるようになるので、「留学はちょっと厳しいな」と思っていた人たちも続々と留学という夢を叶えているようです。気になるフィリピン留学のあれこれをご紹介していきたいと思います。

 

1.フィリピンの基本情報
2.フィリピン留学が人気の理由
3.フィリピン留学のメリットその①マンツーマンレッスン
4.フィリピン留学のメリットその②圧倒的な英語量
5.フィリピン留学のメリットその③まるでリゾートホテル!なキャンパス
6.フィリピン留学の不安要素
7.フィリピンのベストシーズン
8.まとめ

 

 

フィリピンの基本情報

 日本からもほど近い南国の島というイメージのフィリピンですが、意外とその細かい情報は知らないという人も多いのではないでしょうか。フィリピン留学の基本情報の前に、フィリピン自体の基本情報を知っておきましょう。

 フィリピンはセブ島をはじめとする7000以上の島からなるビーチリゾートの国。日本からは直行便で4時間半で行ける、手軽なリゾート地でもあります。日本との時差もたった1時間なので、家族や友人、会社の人たちとの連絡も特に支障がないのが嬉しいですね。

 

フィリピン留学が人気の理由

 フィリピンはアメリカに統治を受けていた時代もあり、実は共通語が英語なんです。テレビやCMも字幕なしの英語で放送されていたり、街の看板は英語だったりと、英語環境だということは意外と知られていません。つまり、日本から一番近い英語の国がフィリピンなのです。

 フィリピン留学が人気の理由は、なんといってもその費用面にあります。フィリピン留学の費用は、欧米諸国への留学と比べて約半分のコストで済むと言われています。物価も安く、フィリピン留学の費用には寮費や食費などの生活コストも含まれているので、1か月留学して15万から20万程度で全ての費用が収まるというのは非常に魅力的ですね。これとは別に日本からの渡航費も必要にはなりますが、近いので渡航費も安く済みますし、LCCなどを活用すれば渡航費もぐっと抑えることが可能です。

 でも、「安かろう悪かろうなんじゃないの?」と不安も思う人もいるかもしれません。実は、フィリピンでは語学学校の講師は非常に人気の職業なため、大卒などアカデミックなバックグラウンドを持っている講師陣ばかり。採用基準も厳しいという競争の激しい職業なので、採用後も各講師陣はスキルアップなどの自己研鑽にしっかりと励んでいるそうです。

 フィリピン留学では格安で非常にハイレベルな講師陣から英語を学べると、そのコストパフォーマンスの高さが最近のフィリピン留学の人気を後押ししているのです。

 

フィリピン留学のメリットその①マンツーマンレッスン

 欧米諸国の語学学校は一般的に、10から20人程度の大人数のクラスで行います。そのため授業に主体的に参加できる率が低く、どちらかというと授業を「聞く」という受け身の姿勢になりがちです。生徒数が多いので、その授業が自分のレベルにぴったりと合う率も低めです。

 ですが、フィリピンの語学学校では生徒一人講師一人のマンツーマンレッスンが基本。授業内容も個人にぴったりと合った内容になり、講師を独り占めできるので積極的に自分も話すことができます。英語をマスターするには、英語のインプットと同様にアウトプットも非常に重要になります。マンツーマンレッスンだからこそできる、インプットとアウトプットの両立が、英語マスターへの近道でフィリピン留学のメリットと言えます。

 

フィリピン留学のメリットその②圧倒的な英語量

 フィリピンの語学学校はマンツーマンレッスンと5から10人の少人数でのクラスレッスンとの2種類で構成されています。実は、その授業時間にもまたフィリピン留学の特徴があるのです。それは、1日に6時間から12時間という圧倒的に多い授業をうけられるということ。欧米諸国の語学学校では一般的に1日あたり4、5時間の授業時間で運営されているので、いかにフィリピン留学が英語漬けの環境かがわかるとおもいます。

 英語を短期でマスターするには、とにかく英語の量をこなすことが大切。フィリピン留学では欧米諸国への留学と比べて約2倍近く、1日の大半を英語漬けにすることができるので、短期で英語をマスターすることができるのです。

 

フィリピン留学のメリットその③まるでリゾートホテル!なキャンパス

 フィリピンは、小さい島国なので、ちょっと移動するとすぐにリゾート地へ行けるというロケーションに恵まれているのもフィリピン留学のメリットの一つです。さらに、最近はまるでリゾートホテル!?と勘違いしちゃいそうな学生寮もあるんです。キャンパス内にあるので煩わしい通学もないし、キャンパスの中にはプールやカフェ、ラウンジなど教室以外の施設も充実。食事も毎日3食提供されるし、部屋の掃除や洗濯もスタッフが代行してくれるので、とにかくリゾートホテルのような学生寮で至れり尽くせりで英語学習のみに集中できるんです。

 

フィリピン留学の不安要素

 こんなにメリットがたくさんのフィリピン留学とはいえ、やはり留学は留学。海外での慣れない暮らしを不安に思う人もいることと思います。フィリピン人は南国らしいフレンドリーな性格の人が多く、諸外国と比べて治安も良いのが特徴です。また、フィリピンには日系企業も多いため、マカティやタギックなどの日本人街があり、最近のフィリピン留学の人気向上に対応するため現地に留学関連の日本人スタッフも多数滞在しています。ホームシックにかかって日本語を話したくなった時、急なトラブルでどうしても日本語ができる人が必要になった時など、万が一の時にも安心です。

 

フィリピンのベストシーズン

 フィリピン留学は1か月から3か月、半年などの短期留学が主流ですが、いつが留学のベストシーズンと言えるのでしょうか。フィリピンは年間の平均気温は26~27度と通年トロピカルな亜熱帯気候です。雨季は6~11月、乾季は12~5月とされていますが、最近は雨季と乾季の境目があいまいになってきたそう。基本的には一年を通じて、夏物の服装で快適に過ごせるフィリピンですが、中でもベストシーズンはというと、やはりフィリピンにとっての夏といえる3月から5月になるでしょう。6月から11月の雨期の中でも7月から9月は台風も多いので気候が安定しない時期となります。また、南国とは言っても12月から1月は日本の初秋のように涼しい日々が続きます。せっかくフィリピン留学をするのであればリゾート気分を味わいたい!という人は若干割高でもベストシーズンを選び、留学で英語漬けだから気候は気にならないという人はオフシーズンで若干のコストダウンを選ぶと満足いくフィリピン留学体験ができることと思います。

 

まとめ

 フィリピン留学というと若干なまった英語になるのではという偏見を持っている人もいるかもしれませんが、実際は講師陣が非常に優秀なのでビジネスでも通用するアカデミックな英語をマスターすることができます。さらに、日本から近いという利便性、治安も良くリゾート感満載という恵まれたロケーション、そしてなんと言ってもコスパの良さを考えると、フィリピン留学を経験しない手はないと言えます。