日本文化を英語で♪「こいのぼり」を説明する英語フレーズ

こんにちは!4月に入り、そろそろ5月に迎える端午の節句(こどもの日)の準備に取り掛かっている方もいらっしゃることでしょう。

5月5日の「端午の節句(こどもの日)」は、日本独自の文化としてこいのぼりをあげ男の子の強く健やかな成長を祈る、国民の祝日です。

欧米人の方も、その時期になると多くの家で飾られる色とりどりのこいのぼりを見て「あれは何?」と興味津々です。

ぜひ、日本のすばらしい文化である「端午の節句(こどもの日)」や「こいのぼり」の良さについて理解していただけるよう、今回は「こいのぼり」や「端午の節句(こどもの日)」を英語で説明するフレーズをご紹介してみたいと思います。

▽目次
「こいのぼり」や「端午の節句(こどもの日)」に関連する英単語をチェックしてみよう!
「こいのぼり」を英語で説明してみよう♪
「端午の節句(こどもの日)」を英語で説明してみよう!
欧米人の方に「こいのぼり」「端午の節句」を知ってもらおう♪

 

「こいのぼり」や「端午の節句(こどもの日)」に関連する英単語をチェックしてみよう!

「こいのぼり」も「端午の節句(こどもの日)」も、日本独自の文化ですので、それにぴったりと合う英単語は存在していません。どういったものなのか理解していただくため、他の英単語を使いながら上手に表現してみましょう。まずは基本の英単語をチェック♪

こいのぼり

“carp streamer” もしくは ”koinobori”

“carp”と聞いて思い出すのはやはり広島東洋カープでしょうか。ファンの女性たちを「カープ女子」と呼ぶなど、全国的に人気の球団ですよね。あの球団のトレードマークも鯉の「カープちゃん」ですが、この”carp”というのが「鯉」を表しています。

また、”streamer”というのは「吹き流し」を意味しています。

日本に詳しい方であれば、”Koinobori”という名称を知っている場合もありますので、相手の理解度に合わせて使うようにしましょう。

端午の節句

“Boy’s festival” もしくは ”Children’s Day”

「男の子のお祭り」「こどもの日」でそのままの表現ですね。ちなみに、この”Boy’s festival”について説明しているとほぼ必ず「女の子のお祭りは無いの?」と聞かれます。笑

ひなまつりのことは、”Girl’s Day(桃の節句)”もしくは”Doll’s Day(ひなまつり)”といった英単語で表しますので、興味があるようなら合わせて説明しておきましょう。

・飾り兜:“ornamental helmet” もしくは ”kazari-kabuto”

・ちまき:“chimaki”

・柏餅:“kashiwa-mochi”

いずれも、英単語でぴったりとくるものが本当に存在しないので、説明が難しいですね。一番良いのは実物を見てもらったり、食べてもらったりすることだと思います。

柏餅については、”mochi(餅)”という日本語を知っている欧米人が多いため、イメージが湧きやすいかもしれません。

 

「こいのぼり」を英語で説明してみよう♪

それではさっそく、「こいのぼり」について説明していきましょう。実物か写真を見ながら説明するとより分かりやすいですね。

“We hang up the carp streamers called “Koinobori” on Children’s day.(私たちはこどもの日に、「こいのぼり」と呼ばれる鯉の形をした吹き流しを飾ります。)”

→先ほどご紹介した単語がたくさん出てきていますね。こいのぼりを「揚げる」動作は、旗を揚げる動作によく似ていることから、旗の時と同様に”hang up”と説明するのが一番伝わりやすいです。

“Parents display “Koinobori” hoping that their children will grow up healthy and strong.(親は彼らの子供たちが強く健やかに成長するようにと祈りを込めてこいのぼりをかざります。)”

→季節の恒例行事になってしまって、その意味を改めて考えることも少なくなってきてしまっていますが、子供たちの「強く健やか(healthy and strong)」な成長を祈るお祭りなんですよね。

一つ前の例文のように”Koinobori”という単語を最初に紹介しておけば、こちらの文章のように以後”Koinobori”で通していけるので楽です。

“The origin of “Koinobori” is a historical event in ancient China. It’s said that a carp was the only one which won a race among other fishes, and became a dragon. That’s why a carp was chosen to be a symbol of Boy’s festival.(こいのぼりの起源は古代中国の故事にあります。魚たちが泳ぎの競争をしたとき、鯉だけが勝利し龍になったと言われているのです。そこで、鯉が端午の節句のシンボルに選ばれました。)”

→少し小難しい文章になってしまいましたが、大切な部分なのでご紹介します。こいのぼりについて説明していると、よく聞かれるのが「なんで鯉なの?」という質問です。

幼いころから「こいのぼり」が当たり前だったから意味なんて知らない!という方も多いかもしれませんが、日本人としては知っておきたいものですよね。

※the origin of~:~の起源 historical event:故事 ancient:古代

the only one which~:~する唯一の among:~の中(間)で that’s why~:このようにして~

“ ’Koinobori’ is a symbol of a family. A big carp is a father, next mom, and children are below.(こいのぼりは家族を象徴しています。大きい鯉がお父さん、次にお母さん、下にあるのがこどもたちなんですよ。)”

→実物や写真を見ながら、一つ一つ指差して教えてあげましょう。”A,B, and C.”の文法が使えますね。改めて一つ一つが家族の一員を表すと思いながら見ると、日本人の私たちもこいのぼりの良さを再認識できます。

 

「端午の節句(こどもの日)」を英語で説明してみよう!

「こいのぼり」の説明をするときに切り離せないのが、「端午の節句(こどもの日)」の説明です。欧米人の方々は、自分たちの国の祝日の1つ1つについて意味を十分に理解しており、毎年盛大に祝います。

日本人として国民の祝日についてしっかり説明できないと恥ずかしいですから、ここでもう一度おさらいするとともに、「端午の節句(こどもの日)」について英語で的確に説明できるようになっておきましょう!

“Japanese celebrate May 5 as ‘Children’s day’, which is one of the national holidays. The another name of ‘Children’s day’ is ‘Boy’s festival’.”

(日本人は、5月5日を国民の祝日の一つ”こどもの日”として祝います。このこどもの日は別名”端午の節句”とも呼ばれています。)

→”Boy’s festival”と述べることで、こどもの日は「男の子のお祭り」なのだということが伝わりますね。「5月5日=こどもの日=端午の節句」というのを始めに理解してもらいましょう。

“We hang up the carp streamers called ‘Koinobori’, display ornamental helmets called ‘kazari-kabuto’ and eat traditional foods such as ‘chimaki’ and ‘kashiwa-mochi’ on that day.(その日は「こいのぼり」と呼ばれる鯉の形の吹き流しをあげ、「飾り兜」と呼ばれる装飾用の兜を飾り、「ちまき」や「柏餅」といった伝統的な日本の食べ物を食べます。)”

→ 冒頭でご紹介した通り、「端午の節句(こどもの日)」を象徴するものである「こいのぼり(carp streamers, Koinobori)」「飾り兜(ornamental helmets, kazari-kabuto)」「ちまき(chimaki)」「柏餅(Kashiwa-mochi)」をここで登場させましょう。

こいのぼりは「揚げる(hang up)」もの、飾り兜は「飾る(display)」もの、ちまきと柏餅は「食べる(eat)」ものだと教えてあげるとよりイメージが湧きやすくなるでしょう。

また、ちまきと柏餅は日々の食卓に並ぶ食べ物とは違う「伝統的な食べ物(traditional foods)」であるということも忘れず付け加えてくださいね。

 

欧米人の方に「こいのぼり」「端午の節句」を知ってもらおう♪

欧米人の方向けに「こいのぼり」と「端午の節句(こどもの日)」を説明するのに使える単語や英語フレーズをご紹介してまいりました。日本人の私たちでも意外と知らない、こいのぼりの由来や意味についてもお分かりいただけていたら幸いです。

日本の文化に誇りをもって海外の方にお伝えできるように、日本文化についての知識を改めて深めるとともに、英語で説明する方法も習得していきましょうね!

この記事を書いた人
Writer

高校時代にイギリス留学、大学~社会人時代に2度のNY滞在を経験。大学時代には留学生チューターとして海外留学生の支援に関わる。現在のTOEICスコア800点。通訳案内士資格の取得も視野に入れながら、スキルアップに励む日々です。Twitter