愛知医科大学医学部の英語:入試予想問題2

10 Patterns of Addictive Behavior

1. Unsuccessful attempts to quit 

Addicts often express a desire to quit completely but are unable to follow through. Short-term abstention is common while long-term relapse rates are high. Mark Twain had a good line about the pains of quitting smoking: It’s easy. Done it a thousand times.

 

2. Cue-triggered relapse

Experience with an addictive substance sensitizes the user to environmental cues that subsequently trigger carvings. These cues (e.g., clinking ice cubes) signal opportunities for consumption. For example, upon exiting rehab, addicts who return to their old environment are more likely to experience cravings and resume use. A recovering addict is also significantly more likely to “fall off the wagon” if he or she receives a small taste of his drug-of-choice, or experience stress.  This is the very phenomenon that AA warns of, that abstinent alcoholics can’t resume occasional drinking without losing control.

 

3. Loss of control

Loss of control means that one is knowingly acting against one’s prior determination to abstain. For example, consuming a larger portion of dessert after deciding to go on a diet. The typical reaction to this failure can be described as involving strong negative emotions (depression and self-loathing).  It is instructive that the twelve-step program of AlcoholicAnonymous begins: “We admit we are powerless over alcohol – that our lives have become unmanageable.”

 

4. Desire without pleasure

Addicts commonly continue their behavior while reporting that the substance (cigarette or drink) is no longer pleasurable. Addicts often express that they continue to use drugs even when they no longer derive any pleasure. For example, some cigarette smokers express a deep hatred of smoking, but they continue to smoke regularly.

 

5. Staying vigilant

Despite some effective treatments for addiction, there is no cure. Recovering addicts often manage their tendency to make mistakes by exercising cognitive control, such as voluntarily reducing or eliminating future options. The main purpose is to reduce the probability of encountering cues that triggers relapse. For example, even addicts who have stayed clean for years attend the meetings of support groups, such as AA, in which no individual therapies or drugs are provided.

 

6. Cross-addiction

Many addicts often substitute one compulsive problem for another. They become compulsive workers, gamblers, or use sex as they used chemicals to combat the emptiness, boredom, anxiety, and depression that constantly threaten to overwhelm them.

 

7. Self-medication

The self-medication theory of addiction suggests that individuals with deficits in emotion-regulation skills (i.e., skills relevant for modifying emotional reactions and to tolerate negative emotions) use drugs in an attempt to manage negative or distressing affective states. For instance, individuals with histories of exposure to adverse childhoodenvironments (e.g., physical and sexual abuse) tend to have diminished capacity to regulate negative emotions and cope effectively with stress.

 

8. Genetic vulnerability

Most individuals who try drugs use them only a few times. Some will never advance beyond experimentation. Others will quickly become deeply involved and stay that way for a long time. There is a substantial evidence for genetic predisposition to develop addiction. For example, due to genetic vulnerability, children of alcoholics are at higher risk for future alcohol problems, and many of these children show high levels of impulsivity. Thus, you may have two glasses of wine and want no more, and yet the vulnerable person cannot stop with six.

 

9. Substance abuse vs. addict

Is there a difference between a substance abuser and an addict or alcoholic? At some undefined point, substance abusers are no longer in control of their substance use. Just as a pickle can never become a cucumber again, once a person crosses over this undefined line, there is an alteration in brain circuitry that cannot be reversed. Every drug user starts out as an occasional user and then shifts to a compulsive user.

 

10. Addiction is not limited to only substance abuse

The psychological concept of operant conditioning suggests that if a behavior is followed by a rewarding experience, an animal (or individual) becomes more likely to repeat the rewarding behavior at a later time. For example, a dog performs a trick to get a dog treat. In human beings, operant conditioning allows them to learn behavior leading to certain rewards (consequences). For example, the learning that playing video games (or web-surfing, shopping, and work) is followed by a reduction in distress, an individual will more likely to engage in the act in the future.

引用:Psychology Today

 

1.失敗する試みの失敗

中毒者はしばしば完全に辞めたいという欲求を表明しますが、追いつくことはできません。短期的な棄権は一般的であり、長期の再発率は高い。マークトウェインは、禁煙の痛みについて良い線を持っていました。それは簡単です。何千回もそれを終えた。

2.キュートリガー再発

習慣性の物質を使った経験は、その後ユーザが彫刻を引き起こす環境上の手がかりに敏感になります。これらの手掛かり(例えば、砕氷氷)は消費の機会を示す。たとえば、リハビリを終了すると、古い環境に戻った中毒者は、渇望を経験して使用を再開する可能性が高くなります。回復中の中毒者は、自分が選択した薬剤や経験ストレスの小さな味を受け取った場合、「ワゴンから落ちる」可能性がかなり高くなります。これは、禁断のアルコール依存症が制御を失うことなく時々飲酒を再開することができないというAAの警告の現象です。

3.制御の喪失

コントロールの喪失とは、自分が棄権するという以前の決定に対して意図的に行動していることを意味します。例えば、ダイエットに行くことを決めた後、デザートの大部分を消費する。この失敗に対する典型的な反応は、強い負の感情(うつ病および自己嫌悪感)を伴うものとして記述することができる。アルコール匿名の12ステッププログラムが始まるのは有益なことです。「私たちはアルコールを飲むと無力です。私たちの生活は管理不能になっています。

4.喜びのない欲望

中毒者は、物質(タバコまたは飲み物)がもうもはや楽しいものではないことを報告しながら、通常行動を継続する。中毒者は、もはや彼らがもはや喜びを得なくても薬物を使用し続けることを表明する。たとえば、たばこ喫煙者の中には、喫煙の深い憎しみを表明しているものもありますが、彼らは定期的に喫煙を続けています。

5.警戒する

中毒のためのいくつかの効果的な治療法にもかかわらず、治療法はありません。中毒者をリカバリすることは、自発的に将来の選択肢を削減または排除するなど、認知制御を行使してミスを犯す傾向を管理することがあります。主な目的は、再発を引き起こす手掛かりに遭遇する確率を減らすことです。例えば、長年にわたって清潔に保たれた中毒者でさえ、個々の治療法や薬物が提供されていないAAなどの支援グループの会議に出席する。

クロスアドバンテージ

多くの中毒者は、強迫的な問題を別のものに代用することがよくあります。彼らは、常に彼らを圧倒することを脅かす空虚、退屈、不安、抑うつと戦うために化学物質を使用するように、強迫的な労働者、ギャンブラー、またはセックスを使用します。

7.自己投薬

中毒の自己薬物理論は、感情調節スキル(すなわち、感情反応を改変するために関連するスキルおよび負の感情を許容する技能)に欠損を有する個人が、負のまたは苦痛を伴う情動状態を管理するために薬物を使用することを示唆する。例えば、有害な子供環境(例えば、身体的および性的虐待)への暴露歴を有する個人は、負の感情を調節し、ストレスに効果的に対処する能力を低下させる傾向がある。

記事は広告の後に続きます

8.遺伝的脆弱性

薬を試す人は、たった数回しか使用しません。あるものは実験を超えて進歩することはありません。他の人たちはすぐに深く関わって、長い間その道にとどまります。中毒を発症する遺伝的素因についての実質的な証拠がある。例えば、遺伝的脆弱性のために、アルコール依存症の子供は将来のアルコール問題のリスクが高く、これらの子供の多くは高い衝動性を示す。したがって、あなたはワイン2本を持っていて、もう欲しくないかもしれませんが、脆弱な人は6で止めることはできません。

9.薬物乱用と中毒

物質乱用者と中毒者またはアルコール中毒者の違いはありますか?未定義の点では、物質乱用者はもはやその物質使用を管理していない。ピクルが決してキュウリにならないように、一旦人がこの未定義の線を越えると、脳の回路に変化が生じ、これは逆転できません。すべての薬物使用者は、時折ユーザーとして始まり、強迫的なユーザーに移行します。

10.中毒は物質乱用に限定されない

オペラントコンディショニングの心理学的コンセプトは、ある行動に続いて報われる経験がある場合、動物(または個人)が後に報酬行動を繰り返す可能性が高くなることを示唆している。例えば、犬は犬の治療を受けるためにトリックを実行します。人間では、オペラント・コンディショニングによって、ある報酬(結果)につながる行動を学ぶことができます。たとえば、ビデオゲーム(またはウェブサーフィン、ショッピング、仕事)をすることに続いて苦痛が減るという学習は、将来個人が行動する可能性が高くなります。