外国語としての英語を習得するための手順

外国語としての英語を習得するための手順

外国語としての英語を学習する人は母国語の習得4段階が何らかの形で変形及び圧縮され、脳の中に存在するようにするのが最も理想的です。つまり、母国語を学ぶために、10年かかったことを外国語を学ぶとき、1年に短縮させたり、1〜2年かかったことを1〜2ヶ月に減らすということです。

「果たしてそれが可能だろうか?」という疑問を、あなたは持つでしょう。車を見たことがない、車を全く知らない人を例に挙げてみよう。

彼は、便利な交通手段があることを知らないので、すべての場所を歩いて通う。ところが、一日に40キロを歩いて1年の間に行くところがある。彼は他の人と往来するために、1年をかけてそこに行く。自動車を利用して、80キロの速度で行ったら一週間あれば、そこに到着する。もし彼に車で一週間で行くことができると言えば、その人は信じるでしょうか?おそらく冗談だと思うでしょう。信じないのが当然です。しかし、その人を車に乗せて一週間走って目的地に到着すると、さすがにその人も信じるようになります。自動車は技術であり、科学であるだけで、魔法ではない。私達はすべてこの事実を知っています。

今、私は10年かかったことを1年で、1〜2年かかったことを1〜2ヶ月で減らすと、あなたが信じないこともあると思う。裸で、すなわち、既存のものには絶対に不可能である。歩いてはいくらよく走る人でも14,600キロの週に行くことはできない。

しかし、自動車の技術と科学がこれを可能にしたように言語でも科学が母国語の習得4段階の変形及び圧縮を可能にする。この本の中で分析した言語ネットワーク胴体モデル、音を握り、編集して組み合わせて持ち歩ける録音機器と録音技術、IT技術やインフラがこれを可能にする。この3つの組み合わせがすぐに科学技術である。そして、これを利用した創造的な発想が10年を1年に短縮することができる。

外国語としての英語を習得する段階は、母国語の習得4段階と同じだ。ただしかかる期間と方法が変形及び圧縮されるだけである。しかし、言語習得のプロセスは、必ず4つのステップを経なければならない。

このステップは、誰が人為的に作成されたものではない。長い間、生物学的及び文化的言語を習得してきた人間の脳が進化してきた方法なプロセスである。私達はちょうどこの段階を短縮、並行またはその他の組み合わせを考えるだけであってそのうちの一つでも除外することはできない。

英語の習得4つのステップをまとめてみると次の通りである。

「ステップ1:英語の音の単語身に付ける、ステップ2:英語の音の文章身に付ける、3段階:英語文字の単語身につける(フォニックス)、4段階:英語文字の文章身につけると熟練」である。ここで、手順2と3のステップは、順序を変えても可能である。手順2と3のステップは、数ヶ月であれば完成されているのに対し、ステップ1とステップ4は、一生の間続くレッスンである。これにより、この4つのステップを図で図式化してみよう。

英語の習得の4段階

言語能力の合理的なレベルに分類
外国語としての英語を駆使するレベルをどのように分割するのが賢明だろうか?TOEICのやTOEFLのスコア700点、800点、900点など公認の英語のテストの結果に基づいて分割するのが正しいか?

科学の基本単位は、時間、空間、物質を記号化した超(s)、メーター(m)、キログラム(kg)である。存在する現象をどのように簡潔に科学化したのか、これを考えるたびに、私は科学者に驚きと賛嘆を禁じえない。科学者たちは、時間、空間、物質を記号化することにより、自然を歪曲せずにそのまま描写したものである。

次に、言語能力のレベルは何で計るべきか?文章、文法、単語、リスニング、ライティングの中から任意のものを基準にしなければだろうか?それは山、川、海、木、森林、岩、金、銀、銅、土など、あらゆる森羅万象をどのように分類するかという問題と同じである。結局は、画像の分類問題である。それは人間の知的能力を示して尺度である。

私は自然界全体を時間、空間、物質に分類した科学者に驚きを禁じえないが、外国語としての英語の能力を、TOEFL 700点、800点などに区分した言語学者たちにも驚きを禁じえない。しかし、私は科学者や言語学者に感じる驚きは正反対の意味だ。

ヒョンハクジョク的な目的がない場合は、目に最も近い見え感じることができる、感覚できることを基準にしなければ、科学的である。したがって母国語の言語能力レベルを5段階に分けでする。そしてこれを尺度にして外国語に適用させて、外国語能力の基準として使用することにする。

(1)就学前児童レベル(V1)
の文字をまだ習得していない状態ですべての単語を音のみ習得する。約1,000個の生活の言葉を話すが可能基本的なコミュニケーションがされているレベルである。文字ではなく、言葉どんな教育も可能である。

(2)小学校の児童レベル(V2)
の文字を知って使用するレベルで使用する単語レベルが2,000〜3,000個程度だ。しかし、新聞をスムーズに読んだり、ニュースを聞いて完全に理解するには不十分なレベルである。

(3)中学生レベル(V3)
学校や日常生活で使用される言葉が5,000個ほどだ。日常生活に難しさはないが、レベルの高い言語を話すか、または理解するには無理がある。

(4)高等学校の学生レベル(V4)
学校や日常生活で使用される単語が10,000個程度に達する。新聞やニュースをスムーズに読んで理解するレベルでは、社会人で生活するのに不便さがない言語能力を持っている。

(5)高校の学力以上の言語能力レベル(V5)
以上で母国語の言語能力レベルを5段階に分けてみた。この5つのステップの言語能力レベルは、各ステップごとにさらに3つのレベルに分割することができる。

外国語としての英語教育が正常に行われた場合には、英語能力は5段階のうちどこにでも配置する必要がある。ところが、それぞれリスニングはV1レベルに下回って、話すはV1のレベル、読みはV3レベル、書き込みはV2レベルとすれば何を意味だろうか?これは、英語教育が異常に行われたことを端的に示すものである。

このようにすると、当然のことながら、教育の総体的なシステムを修正して、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングが均等に、上記の5つのステップのいずれかに評価されるべき当然だ。ところが、韓国の人々は、そのように規定していない。リスニングが正しくないのでリスニングの勉強を少し補強し、話すはもう少し努力すればされ、読むことはある程度れ… … 。

結局、このような式である。リスニング、リーディング、理解する、書く、文法、単語などの英語のすべてを個別に学び身につけるものと考えて教えているからだ。

ところが、これらはすべて別々ではない。海の水位が上がると倍全体が上り、襟をつかんでドラッグすると、服全体が上にずっと引っ張っられるように英語を勉強すると、英語の能力全体がV1、V2、V3、V4 V5のいずれかに高さが決定される。学校やその他の英語教育機関は、英語をこのように教育し、また、学生も、この方法で学ばなければならない。

全世界のすべての国の教育システムは、7歳、12歳、15歳、18歳ほどの人間の身体的、精神的な成長の年齢に合わせて教育内容と制度が整っている。文明社会のすべての教育は、言語を介して行われます。この本で主張する通りなら、すべての教育は、一言で単語教育であり、すべての勉強は言葉の学習だ。

したがって、中学生が駆使する単語と高校生が駆使する単語のレベルが違ってくる。教育の尺度が言葉で表現される。したがって言語能力をV1、V2、V3、V4、V5に大きく5つのレベルに区分したのは合理的であり、これはすべての国の言語体系でも共に適用される妥当性を有している。

アメリカ人が韓国語を学ぶとき、私たちは彼がどの程度のレベルなのか尋ねることができる。もし彼が「V2レベル」と答えると、韓国の小学生の韓国語レベルを考えるとされる。「V1レベル」は、言葉は、まだ文字は分からない状態で理解することができる。

このように、この記事を読んでいる方も、自分の英語力を自ら評価して、自分のレベルを把握し見ることができる。もしあなたが韓国で英語を学んだ人であれば、保証ハゴンデ各分野別にそれぞれレベルが分かれるだろう。リスニングはここでは、話すはそこに、読みはまたそこでは、書き込みは、別の場所に。

このように言語能力の区分が必要な理由は、この本で提示する方法で英語を学習する際には、各段階まで到達するのに必要な時間を提示することが必要があるためである。どの段階まで到達するのにどれだけの時間が必要なのか明確でなければ、その分、効率的に勉強することができる。つまり、科学の再現性を確保するためにである。

再現性と条件が同じに与えられる、いつも同じ結果が起こる(再現される)現象をいう。「このような方法でこれを行うと、常にこのような現象が発生する」というのが、科学の再現性である。ある時になり、またある時はならないのは再現性がないという。このように再現性がないのは、科学としていない。

このごろ私たちの社会では、時々 、論文の再現性の是非が起こる。よく知られている科学論文集に発表したいくつかの論文が再現性がないと、数年後に科学論文集から削除するという発表が出たりする。きちんと実験し、その実験で出てきた結果のとおり偽りなく論文を書いて発表する場合、そのようなことはほとんど生じない。実験では、再現性があるように決まっている。

これまで、外国語を習得する過程と、外国語を習得した結果を段階的に説明した。今、その過程でなければならない学習方法の説明だけを残している。この説明では、このような方法を使って、このような結果を得るまでどのくらいの時間が必要であることを私達は知ることができるだろう。つまり、ここでのプロセスと方法と結果と所要時間が決定されるものである。

例えば、TOEFLの800点を取得するにはどのように勉強して、どれだけの時間がかかるのかと尋ねたときに、すべての人に同じように再現性のあるプロセスと方法を出せるだろうか?言語学者たちは、その方法を提示していなかった。明快にする方法を出さないまま、英語の能力を、TOEFL 700点、TOEFLの800点、TOEFLの900点で区分しておいた言語学者たちに感心することだ。

韓国の小学生を1日2時間ずつ、合計3年間の英語の運動訓練をさせると、米国の小学生レベルに達しさせることができる。小学校1年生が3年後に小学校4年生になると、米国の小学校1年生レベルの英語を駆使できるということだ。

英語習得コース – 時間 – 成績

初めての英語の運動トレーニングを開始すると、3年という時間差が生じることになる。なぜなら母国語の能力を超えた単語の記憶は不可能だからである。

韓国語の単語を2,000個しか知らない小学生に英語の単語3000個を勉強させることはできない。韓国語の単語を1000個しかない幼稚園児に英語の単語2,000個を教えることができない。<母国語を学ぶとき>で説明した「意味のない英語の単語暗記」のように、画像と概念のストアが空っぽになる。したがって、学生は韓国語の単語能力に合わせて、そのレベルまたはそれより少ない量の英語の単語を学習しなければならない。

それが可能なのは、音を介して単語をすばやく記憶させる方法と、英語の文章が行われる単語の配列規則を訓練させる方法が存在するからである。この二つの方法は、この本を構成しているWhatWhyHowHowの核心内容である。

したがって、次の節で単語を覚えて、どのように文章を構成する方法は、この本全体の中核と言っても過言ではない。一般人はWhatWhyよりHowに興味が多く、実際にHowとして英語をよくするだけになるからである。言語学的WhatWhyは一般にそれほど重要ではない。しかし、Howを正しく理解するためにWhatWhyを必ず知っておくべきである。

音を通じた単語習得方法としては、一日一時間のトレーニングで月に400〜500個の単語を完全な音での記憶が可能である。自分の韓国語の単語力だけ月に400〜500個の英単語の音を自分の脳の中に活性化させることができるものである。

この学習方法で前の<英語習得コース-時間-成績>のように3年という時間を投資して、英語の学習目標に到達することができる。つまり、母国語で韓国語を学んだ子供が6〜7年かけて習得した1000以上の音の単語を外国語である英語の場合には、時間を1年で圧縮して音の言葉に習得することができることだ。

これ英語学習にのみ適用されるものではない。アメリカ人が中国語を学びたいときにも月に400〜500個の中国語単語の音をアメリカ人の脳の中に記憶させることができる。すべての外国語に相互適用される方法ですが、現在、韓国で最も重要視されている外国語が英語であるため、英語代表的に指すことだけだ。

音を通じた単語習得方法は、この本で紹介しているすべての理論の総体であり、実証的な発明とすることができる。本発明は、一般的に、何かが最初に発明され、それを説明する理論が従うが、この本では、総体的な理論をまず並べた後、その理論とモデルの結晶として実証発明が出てきたのだ。つまり、What → Why → Howの順に完成した。「言語は何ですか?」の本質的な問いから「それはなぜでしょう?」と領域を拡張して探索しながら、どのようにすれば良いか」という結論を引き出す方法に従った。これは、科学の一般的な方法でもある。

この記事を書いた人
Writer

塾・予備校講師。昔から英語が大好きで、たくさんの教え子や生徒さんたちと一緒に成長できたらなと日々思っております。