【医学部受験・大学受験の英語】リスニング学習法

リスニングや英作文は、受験英語においては後手後手になるのが通常です。英語以外に、数学・理科二つ、国語、社会などなど、時間が足りない受験生に、リスニングや英作文の対策をする時間は・・・・確かにありません。

しかし、実はリスニングや英作文の基礎は、独自の対策をする必要はほとんどないんです。

今回はまずリスニング対策をご紹介いたします。

▼もくじ

  1. 1. リスニングの配点は意外と大きい
    2. 試験に要らなくてもリスニングはすべき
    3. リスニング独自の対策は不要
    4. 音読とシャドーイングでセンターリスニングはほぼ満点を取れる
    5. おススメ参考書・問題集

1.リスニングの配点は意外と大きい

例えば、筆記で180点を取ると90%ですが、リスニングで30/50点を取ると、合計で210点です。50点が全く圧縮されない大学を受けると、210/250点はなんと84%になります。

筆記180/200点 得点率90% リスニング45点 計225/250点 総合90%
筆記180/200点 得点率90% リスニング35点 計215/250点 総合86
筆記180/200点 得点率90% リスニング25点 計205/250点 総合82

 

表を見てわかる通り、記述で9割を確保しても、なんとリスニングで45点を取らないと、総合点で90%を維持できないんです。国公立組で「英語が得意!」と言えるのは、リスニングも含めてということになります。

国公立の医学部並びに難関理系でも、たいていはセンター対2次試験が1:1程度です。2次試験で点数を稼げないのであれば、英語の場合、「癖もなく」「難易度が低目」のセンター試験で点数を取るほうが楽なわけですから、センターリスニングで総得点率を下げるのは、得策とは言えません。


2.試験に要らなくてもリスニングはすべき

リスニングは、英文が左から右に」「左に戻らずに」絶えず「右に右に」進んで行く問題と考えてみてください。

通常、リーディング時は、わからない時に何度も読み直すために左に戻ったりしますが、この返り読みは、長文で時間が足りなくなる原因になります。

リスニングをすると、その場その場で、英文をカタマリ毎に理解しないといけないため、

 

なんと、

 

読むのが早くなるんです。

 

つまり、読解速度の向上に繋がります。

読むのが遅い人は、単にリーディングだけをするのではなく、リスニングも学習に必ず取り入れるようにしましょう。


3.リスニング独自の対策は不要

冒頭でも言ったように、実際のところ、受験生にリスニング独自の対策をする時間は全然ありません。

それどころか、日々、予習復習に追われ、リスニングをしようかなと思う頃には、理科の勉強に追われたり、社会や国語の勉強をしないといけないので、時間を割けないということになりがちです。

 

では、どのように時間短縮、つまり「時短」をすべきなのか。

 

答えは、

 

「長文読解時にリスニングも終わらせる」

 

です。

 

以下に具体的に書いていきます。

どのように学習すべきか

シャドーイングをする際に大切なのは、

 

構造や語彙が完璧にわかったものを使う

 

というのを忘れないでください。

 

つまり、長文学習時に、理解が甘い部分が無いようにするということです。まずは長文問題集として、通常通りに問題を解き、構造解析をしっかりして、単語を覚えます。

その後に、CDやダウンロード音声を使って、リスニングの訓練をするのですが、ただ聴くだけがリスニングの訓練ではありません。


4.音読とシャドーイングでセンターリスニングはほぼ満点を取れる

リスニングの問題をたくさん聴いて解いて、「聴けるようになったかな・・・?」という勉強法はある意味「神に祈る勉強法」と言えるでしょう。

では、どうすればいいのかというと、

先程の長文読解のあとに

「音読」「シャドーイング」

をすることで、リスニング問題を解きまくる・・・みたいな対策をせずに、得点率9割、つまり45/50点前後は間違いなく確保できるかと思います。

 

5. おすすめ参考書

  • CD付きの長文問題集を買う
  • 英文の構造が全て書かれているものを買う
  • 単語の注釈が多いものを買う
  • 左に英文、右に日本語が書かれているものを買う

おススメは「スピード英語長文」

絶対これ!というわけではないのですが、このシリーズがシンプルかつ、長文中に出てくる英文の文法解説も程よくありつつ、訓練に集中できるレベルの英文の本数。

レベルが1~4まであり、各7題(7長文)なので、4冊×7題で28本。

28本を音読・シャドーイングすれば、センターレベルであれば、困ることはないでしょう。

 

 

イチから鍛える英語リスニング必修編

リーディング対策と兼ねなくてもよくて、時間のある人はこちら。一冊シャドーイングでこなすなら、この本でしょう。別冊の英文をシャドーイングできるようになれば、十分だと思います。

 

どうしてもさらに演習したい人はコチラ。ただ、メインに据えると時間が絶対に足りません。直前期でやるような本ではないし、1年しか時間がないときにやるような本でもありません。それなら、単語・文法・長文をこなすべきかなと思います。

 

大学受験・医学部受験・各種英語資格試験等の個別指導にご興味のある方は、こちらのページをご確認いただき、【お問合せより】ご連絡くださいませ。