リスニング用ソフト Audacity

みなさんリスニングをするときって、たいていウォークマン、iPod、ICレコーダーなどを使っていると思います。

さすがにカセットテープの方はもういないとは思いますが・・・

僕はICレコーダーがシンプルで使いやすいので、Sonyのものを愛用しています。

今回紹介したいのは、って、通販ではありませんが(笑)、

PCでリスニングをするときに利用しているフリーソフト「Audacity」です。

厳密には音声編集用のソフトです。

フィリピンの語学学校に行ったときに、そこの先生方がリスニングやスピーキング用に使用していました。

このソフトの便利な機能はまず、

MP3音声をドラッグ&ドロップして使うことができます。

音声が視覚化されるので、リピーティングやディクテーションの時に重宝します。

こんな感じです。

矢印キーの左右で、音声を前後できます。

この矢印キーでの巻き戻しが使いやすいです。

というのも、Media Playerとかだと、巻き戻しの幅が大きく、かつ音声が視覚化されていないので、意図していなところまで戻ってしまったりして面倒です。(そういう機能を僕が知らないだけかもですが・・・)

このソフトはその点、自分の意図しているところまで音声を目で見ながら移動できるので、その心配はありません。

また、音声の空白を右矢印キーを使って自分のペースでスキップできますし、視覚化されているので早送りし過ぎることもありません

カーソルを合わせて、スペースキーを押すとその時点からスタートできます。

Shiftを使って範囲指定も可能です。

キーボードの「P」を押すと「一時停止」できます。

韓流TOEIC本のテスト毎やパート毎のファイルにはとても相性がいいです。

TOEICのPart1・2など、1曲ずつ細切れになっているMP3ファイルは逆に使いづらいので、「Sound Organizer」などのフリーソフトで、ファイルをある程度の長さにまとめてしまってから、ドラッグ&ドロップすると使いやすいです。

また、1つのパッセージが長いTOEFLリスニングのを清聴する時などにもかなり重宝します。

さらに、スピーキング用に自分の声をワンタッチで録音できるので、スピーキングの訓練にも活用できます

気になった方は、ぜひ試してみてください。
リンクはこちら Audacity

よければ応援クリックお願いします☆

TOEIC ブログランキングへ