ライティングを学ぶことができるオンライン英会話3選

オンライン英会話は、基本的には英会話を中心とした英語学習をする場です。文法や単語などを学ぶことももちろんできますが、それも会話が主体になっています。

しかし、英語を習得したい人の中にはライティングスキルも必要だという人もいるでしょう。そこで今回は、しっかりとしたライティングを学べるオンライン英会話をご紹介します。

▼もくじ
1. ライティングとは?
2. ベストティーチャーで英語4技能対策!
    2-1. ベストティーチャー最大の特徴はライティングレッスン
    2-2. 自分で作成した英文を教材としてSkypeレッスンで使用
    2-3. 講師は50カ国以上に在籍する一流講師陣
    2-4. 4技能を鍛えるオンライン英会話だからできる試験対策
    2-5. ベストティーチャー基本情報
3. その他おすすめのオンライン英会話
    3-1. ビズメイツ
    3-2. クラウド英語教室ユーフォン
4. まとめ

1. ライティングとは?

ここでいう「ライティング」とは、単に単語のスペルがわかるだとか、ちょっとした文章を書くことができるとう意味ではありません。その程度のライティング能力なら、テキストチャットができるオンライン英会話なら、ほぼどこでもレッスン中に練習をすることができます。

レッスン中に出てきた表現を、復習でノートに書くことをライティングというと思っている人もいるでしょう。それもライティングの練習の一部になりますが、それは本当の意味の「ライティング」ではありません。

ライティングとは、自分が相手に伝えなければならないことを書くスキルのことです。つまり、文章を自分で考えたものということになります。友達にメールを書く時や、ビジネスの場でメールや文書を書く時に、このライティングスキルが必要になります。

ライティングは自習でもある程度練習することができます。しかし、自分で書いたものは正しいかどうか自分で判断するのは難しいですよね。ライティングを完璧に練習するためには、添削をしてくれる人が必要です。

通常のオンライン英会話では、ライティングの添削までしてもらうのは難しいのですが、ライティングレッスンをしているオンライン英会話もあります。そういったオンライン英会話を、レッスン内容などの詳細も含めてまとめてみました。

2. ベストティーチャーで英語4技能対策!

ライティング指導といえば、ここ!というほど、ライティングの練習ができるオンライン英会話と知られているベストティーチャー

オンライン英会話スクールでありながら、一般的なSkypeなどを使ったオンライン英会話スクールとは一線を画する存在。それがオンライン英会話スクール「ベストティーチャー」です。

通常のオンライン英会話スクールでは、どうしてもスピーキングとリスニングに授業の内容が偏りがちですが、ベストティーチャーでは、「読む-Reading-」、「書く-Writing」、「聞く-Listening-」、「話す-Speaking-」という英語に関する4技能すべてを網羅したレッスンが行われています。

格安オンライン英会話スクールに比べると、月額料金は高めの設定になっていますが、その分とても充実したサービス内容になっています。

そんなベストティーチャーについて、どんなオンライン英会話スクールなのか詳しくご説明していきます。

2-1. ベストティーチャー最大の特徴はライティングレッスン

数あるオンライン英会話スクールの中でも、ベストティーチャーほどしっかりとしたライティングレッスンをしているスクールはないかもしれません。それほど、ベストティーチャーのライティングレッスンは、ライティングの力がしっかりつくような内容になっています。

特筆すべきは、やはりライティングレッスンの回数制限がなしというところでしょう。1つのライティングに最高5往復講師とやりとりをすることになります。

ライティングレッスンでは、まずどういったテーマのライティングをするのかを選びます。テーマは自己紹介などのシンプルなものから、買い物や恋愛、仕事関係、留学など、さまざまなものがあり、日常会話とビジネス会話にわかれています。広いジャンルのテーマがあるため、どんなレベルやニーズにも対応しています。

ライティングスキルはビジネスで英語を使うには欠かせないスキルですから、ビジネス系のライティングができるのは高ポイント。しかし、まだ英語初心者という人にとっても、自己紹介のライティングから始められるので、最初からライティングスキルも磨けるという充実の内容になっています。

実際の選択画面はこんな感じです。

  

ここから好きなものを選んで、レッスン開始をクリックするとライティングの画面に移行し、ライティングレッスンスタートです。

これは実際に私が受けてみたライティングレッスンの画面ですが、レッスンを開始すると一番最初の”What company do you work for?”という部分だけが表示されていて、その下にテキストボックスが配置されています。そのテキストボックスに質問への答えを入力する形になっています。

ライティングを送ると講師からの返信があります。返信は通常数分から1時間程度で届きます。多くの場合は本当にすぐに返信がくるため、英語の勉強の手を止めずにライティングレッスンを受けることができます。

この画像のやりとりからもわかるとおり、講師からの返信は一文などではなく、むしろこちらの答えよりも長めの文章となっています。これにより、生徒になるべく長文の文章を作らせるようにしているのかもしれません。

このライティングによる会話は最大5往復までできます。途中でやめたくなったらその時点でやめることもできます。講師への返信はいつでもできるので、仕事の昼休みや通勤時間などの隙間時間を使って、さっと文章を送ることも可能です。スマホアプリでもライティングレッスンは可能なので、アプリを持っているとさらに便利でしょう。

ライティングレッスンが一通り終わったら、講師からのフィードバック(添削・総評)が届きます。講師からのフィードバックにより、自分がどういった間違いをしやすく、どう書けば自然なのかを学習することができます。内容が濃いため、このフィードバックについては1日程度時間がかかることもあるようです。

これは実際に私がもらった添削ではありませんが、イメージとしてはこのようなものが届くようです。

かなりわかりやすく、丁寧な添削がされています。

そしてさらには、ここでやりとりした文章を講師が読み上げて録音してくれます。これにより、リスニングやシャドーイングによるスピーキングの練習ができるようになります。

この音声を聞くだけならどこにいても可能ですから、こちらも隙間時間を使った効果的な学習が可能です。

2-2. 自分で作成した英文を教材としてSkypeレッスンで使用

ライティングレッスンが終わると、次はライティングレッスンで作ったスクリプトの復習をすることになります。これは復習用のページでできるものです。復習ページでは、書いた文章を暗記するほど読むことが勧められています。暗記するほど復習したら、復習完了のボタンを押して復習終了です。

ベストティーチャーのレッスン内容は、ライティングだけではありません。復習が完了するとSkypeレッスン予約ができるようになります。ベストティーチャーの面白いところは、自分がライティングレッスンで作った文章を、そのままSkypeレッスンで教材として使えるところでしょう。これにより、ライティングで書いたり学んだりした内容を会話でも復習し、ライティングした内容をしっかり定着させることができます。

これは「自分が話したい100の会話文を丸暗記することで英語は話せるようになる」という考えに基づいたレッスン方式のようです。

つまり、ライティングレッスンで自分に関する英文をつくり、復習やSkypeレッスンを通して記憶を定着させることで、英語が話せるようになるということです。

この100の文章という方法は、2008年に村上憲郎さんが出版した「村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける」本の中でも提唱されている方法です。

ベストティーチャーのSkypeレッスンは予約制になっています。予約したい日時に空きのある講師の中から好きな講師を選んで予約終了です。

ベストティーチャーでは、予約時に上の画像のような画面がでてきます。ここでレッスン中の講師の話すスピードや、レッスン内容に関する要望を出すことができます。

ライティングレッスンもSkypeレッスンも24時間いつでも受けることができ、レッスン数も無制限となっています。ライティングレッスンを受けてからSkypeレッスンという流れになっているので、ライティングのレッスンは必須となっています。

先にライティングレッスンである程度単語や表現を学ぶことができるので、ライティング力を伸ばしたいという人だけではなく、突然スピーキングをするのは怖いという人にもおすすめです。

2-3. 講師は50カ国以上に在籍する一流講師陣

レッスン方式が素晴らしかったとしても、講師の質がよくなければレッスンを受ける意味がない。そう思う人もいるでしょう。

しかしベストティーチャーならその点の心配はないようです。講師はネイティブスピーカーを含めた、50カ国以上に在籍する一流の講師陣だからです。さらにライティングレッスンの添削に関してはネイティブが中心となって行なっているため、英語の正確性については安心できます。

これはほんの一例ですが、例えばこんな講師たちが在籍しています。

他にも、オンライン英会話で最もポピュラーなフィリピン人講師もいますし、ジャマイカや南アフリカといった英語を母国語とする国々の講師たちも在籍しています。

さまざまな国の講師たちに会えるので、新鮮でレッスンも楽しめるのではないでしょうか。

2-4. 4技能を鍛えるオンライン英会話だからできる試験対策

そのほかのベストティーチャーの特徴といえば、密度の濃い試験対策でしょう。ベストティーチャーのレッスンでは、リーディング、ライティング、リスニング、スピーキングと英語の4技能をバランス良く鍛えることができるため、どんな試験の対策も対応できます。

ベストティーチャーで開講されている試験対策は次のとおりです。

ベストティーチャーではこれらの試験の一部だけではなく、ほとんどの問題をカバーするようなレッスンが可能です。オンライン英会話スクールで検定対策というと、リスニングやスピーキングだけに偏っているスクールが多いため、真剣にこれらの検定合格を考えている人ならベストティーチャーが最適でしょう。

またTOEFLやIELTSなどといったハイスコアをとるには難易度が高い検定の対策も行われているのは、大きな特徴です。これらの検定は海外の大学を受験するときに最低限求められるものでもありますから、海外の大学へ進学を考えている人にはとてもおすすめです。

2-5. ベストティーチャー基本情報

今までになかったオンライン英会話スクール「ベストティーチャー」。総合的な英語力をつけたいという人は、興味を持ったのではないでしょうか。

そんな方のためにベストティーチャーの基本情報をご紹介しておきます。

◆料金プラン
通常コース 月額9,800円
各種検定対策コース 月額16,200円
英検対策コース 月額15,120円

◆通常コース
Writingレッスン回数制限なし
Writingレッスン後にSkypeレッスン
1000レッスン以上の日常英会話とビジネス英会話

◆各種検定対策コース(TOEFL iBT対策コース、IELTS対策コース、TOEIC SW対策コース、TEAP対策コース、GTEC CBT対策コース)
Writingレッスン回数制限なし
Writingレッスン後にSkypeレッスン
TOEFL iBT、IELTS、TOEIC SW、TEAP、GTEC CBTの問題集のレッスン
1000レッスン以上の日常英会話とビジネス英会話

◆英検対策コース(英検1級対策コース、英検準1級対策コース、英検2級対策コース、英検準2級対策コース、英検3級対策コース)
Writingレッスン回数制限なし
Writingレッスン後にSkypeレッスン
英検の問題集のレッスン
1000レッスン以上の日常英会話とビジネス英会話

会話の練習がレッスンの中心になりがちなオンライン英会話を物足りないと思っていた人は、ベストティーチャーなら総合力を鍛えられると思ったのではないでしょうか。隙間時間を使って、ライティングの練習ができるというところも魅力的ですよね。

受験したい検定がある人や、スピーキングだけではなく、読み書きの力もつけたいという人は、まずは無料体験レッスンからベストティーチャーを体験してみてはどうでしょうか。

3. その他おすすめのオンライン英会話

 

 

 

 

3-1. ビズメイツ

◆利用料金
毎日25分プラン:12,000円(税込)
毎日50分プラン:18,000円(税込)

ビズメイツは、ビジネス英会話専門のオンライン英会話です。ビジネス英会話が専門だということ以外は、よくあるオンライン英会話とシステムやレッスン内容は同様です。

しかし、ビズメイツでも実はライティングの添削を受けられるオプションがあります。(オプションと言っても、追加料金が必要というわけではありません。)

ビズメイツでは、毎回レッスンを予約するときに、3つのレッスンプランから1つ、受けたいレッスン内容を選ぶようになっています。

その中の1つである「アシストレッスン」というプランは、講師たちがあらゆる面で受講生をサポートしてくれるプランです。

このアシストプランは、面接対策やプレゼンの練習などもできるプランとなっていますが、資料や英文メールの添削をしてもらうこともできます。

ビズメイツがビジネス英会話専門なため、ビジネスで使うようなものの添削ということになります。ビジネスできちんとした英語を使うことはとても重要ですから、今仕事で英語を使っている人や、将来的にそういった職業につきたいという人には嬉しいサービスです。

ただし、ビジネス英語専門ということで、初心者の人には向かないスクールでもあります。初心者の人がライティングを添削してほしいという場合は、他のオンライン英会話スクールを選ぶことをおすすめします。

3-2. クラウド英語教室ユーフォン

◆利用料金
月額4,498円から(週2回 午後1時から午後4時50分まで)

※受講する時間帯と回数によって月額料金が変わる

最後はここまで紹介したオンライン英会話とは少々趣の異なるスクールを1つご紹介します。

クラウド英語教室ユーフォンは、電話でのレッスンが主体となった英会話スクールです。毎回レッスンのあとに英作文を行うという形になっていて、英作文の添削を専門の講師が行うという流れになります

英会話のレッスンを受けたあとに必ずライティングで復習をすることになるため、復習のクセがつきます。

また、レッスン前に予習を義務付けられているので、予習→レッスン→ライティングによる復習という1つの流れが1レッスンということになります。

ライティングを添削してほしい人だけではなく、自分で予習復習ができないという人におすすめの英会話スクールです。

4. まとめ

少し前までは、オンライン英会話でライティングの練習というのは難しいと思われていましたが、今ではそれを義務付けるようなオンライン英会話も増えてきていて、オンライン英会話も多様化が進んできたな・・・と感じるところです。

総合的な英語力のためには、ライティングスキルも重要。そして、ライティングも反復練習が必要です。しっかりプロの講師に添削してもらって、良いライティングができるように練習を習慣づけましょう。