ノーベル文学賞受賞者「カズオ・イシグロ」の英語インタビュー(和訳付)

ノーベル文学賞が決まったカズオ・イシグロさんのインタビューを和訳し、役に立ちそうな英語表現をピックアップしました。

▼もくじ
1. カズオ・イシグロさんのインタビュー動画
2. カズオ・イシグロさんの作品
3. インタビュー全文
4. インタビュー和訳
5. カズオ・イシグロさんから学ぶ英語表現10選!

 

1. カズオ・イシグロさんのインタビュー動画

ノーベル賞協会(Norbelprize.org)というところがアップロードしている、正式なインタビュー記事の元となった動画です。英語力に自信がある方は、まずは何も見ずに聴いてみましょう。

英文を見ながら聴きたい方は、「3. インタビュー全文」をご参照ください。

 

2. カズオ・イシグロさんの作品

 

3. インタビュー全文

2017年10月5日ノーベル文学賞の受賞者発表後に行われたカズオ・イシグロさんへの電話インタビュー。

インタビュワーはNobel Mediaの Chief Scientific Officerを務めるアダム・スミス(Adam Smith)さん。

KI = カズオ・イシグロ

AS = アダム・スミス

Transcript of the interview
Kazuo Ishiguro: Hi, hello, Mr Smith, how are you?

Adam Smith: Very well. Thank you very much indeed for calling, very kind. Congratulations on the award of the Nobel Prize.

KI: Yes, thank you. I’m sorry you were kept hanging on. It’s absolute chaos here I’m afraid. There’s suddenly … a lot of press has turned up and they’re queued up the road.

AS: I can imagine. So, yes, your day must have changed in a totally unexpected way. How did you hear this news?

KI: Well I was sitting in the kitchen writing an email to a friend and the phone rang. And it started off as not entirely certain. People at my literary agents were watching the live feed come through on the announcement. I don’t think they were expecting it, they were just waiting to hear who won the Nobel Prize this year. And so I started to receive calls back to back, and each time we were trying to establish if it was a hoax or if it was fake news, or what it was. And then it started to become more and more certain. By the time the BBC called I started to take it seriously. But I haven’t actually stopped since then. It’s a bit like the Marie Celeste here – everything’s exactly as it was at about 11 o’clock, or whenever, before the whole thing started. And then it was pandemonium. There’s now people queueing up the street to interview me.

AS: So has it sunk in?

KI: No! No, I don’t think it will sink in for a long time. I mean, it’s a ridiculously prestigious honour, in as far as these kinds of things go. I don’t think you would have a more prestigious prize than the Nobel Prize. And comments I would make, I mean, one is, a lot of that prestige must come from the fact that the Swedish Academy has successfully, I think, kept above the fray of partisan politics and so on. And I think it’s remained one of the few things that’s respected, whose integrity is respected by many people around the world, and so I think a lot of the sense of honour of receiving the Prize comes from the actual status of the Swedish Academy. And I think that’s a great achievement unto itself, over all these years the Swedish Academy has managed to retain that high ground, in all the different walks of life that it honours. And then the other reason it’s a terrific honour for me is because … you know I come in a line of lots of my greatest heroes, absolutely great authors. The greatest authors in history have received this Prize, and I have to say, you know, it’s great to come one year after Bob Dylan who was my hero since the age of 13. He’s probably my biggest hero.

AS: That’s nice company to be in.

KI: Yeah. I do a very good Bob Dylan impersonation, but I won’t do it for you right now.

AS: That’s a pity, I would have liked that. Maybe at least when you come to Stockholm in December, please.

KI: Yes, I could try that.

AS: You must. It’s a funny time in Britain at the moment. Does that place any particular significance for you on receiving the Prize now?

KI: I think it does. I mean, in fact just before I picked up the phone to you I was writing a kind of statement for press release, and I was trying to think what could I say in three lines, and I think the timing is pertinent for me because I feel … I’m nearly 63 years old, I can’t remember a time when we were so uncertain about our values in the western world. You know, I think we are going through a time of great uncertainty about our values, about our leadership. People don’t feel safe. So I do hope that things like the Nobel Prize will in some way contribute to the positive things in the world, to the decent values in the world, and that it would contribute to some sense of continuity and decency. Yeah.

AS: I suppose what you have been writing about all this time, in a way, is that question of our place in the world, our connection to each other, our connection with the world. That is perhaps the theme you explore the most, do you think?

KI: Yes, I would say so, I mean I think … If I could put it a little bit more narrowly that that, I mean it’s probably … one of the things that’s interested me always is how we live in small worlds and big worlds at the same time, that we have a personal arena in which we have to try and find fulfilment and love. But that inevitably intersects with a larger world, where politics, or even dystopian universes, can prevail. So I think I’ve always been interested in that. We live in small worlds and big worlds at the same time and we can’t, you know, forget one or the other.

AS: Thank you, well, these are things to talk about on a different day I guess.

KI: Yes.

AS: For the moment you have to work out how you’re going to handle this line of press. Just a last thought – how do you feel about the deluge of attention you’re about to receive?

KI: Well, I think … I take it very positively. I mean, while it’s a little unsettling because I had no idea when I woke up this morning that it was going to be anything other than a very ordinary day, I think it’s a great thing that the press, the media, take the Nobel Prize for Literature seriously. I’ll be very alarmed if there was a day when somebody won the Nobel Prize for Literature and nobody was interested. That would suggest that some awful things had happened to the world.

AS: A day to celebrate literature has to be a good day.

KI: Yes, and I think literature can be a great thing, it can be sometimes a force for bad as well. You know I think things like the Nobel Prize for Literature exist to try and ensure that it is a force for good.

AS: Lovely. Well thank you very much indeed, and we very much look forward to welcoming you to Stockholm in December.

KI: Yeah, really looking forward to it. Well, very nice to talk to you Mr Smith.

AS: Thank you very much indeed.

KI: Take care now. Bye.

引用元:Nobelprize.org

 “Kazuo Ishiguro – Interview”. Nobelprize.org. Nobel Media AB 2014. Web. 5 Oct 2017. <http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/literature/laureates/2017/ishiguro-interview.html>

4. インタビュー和訳

カズオ・イシグロ:こんにちは、スミスさん、元気ですか?

アダム・スミス:元気ですよ。親切にも電話をしてくださり、ありがとうございます。ノーベル賞受賞おめでとうございます。

カズオ・イシグロ:はい、ありがとうございます。(電話を)待たせてしまい申し訳ありませんでした。完全にカオスというか。いやはや。突然…たくさんの報道陣が押し寄せてきまして、今、彼らは道路に並んでいます。

アダム・スミス:想像できますよ。それで、まったく予期しないもしないふうに、今日が変わったんでしょうね。ノーベル賞のことはどうやって知ったんですか?

カズオ・イシグロ:私はキッチンに座って友人にメールを書いていたのですが、その時に電話が鳴りました。全然定かではなかったのですが、それが始まりでした。私の文学仲間は、発表の生中継を見ていました。私が受賞するだんなて、彼らが予想していたとは思わないですね。単に、みんな今年のノーベル賞を受賞する人が誰なのかを知りたかっただけだと思います。で、それから立て続けに携帯の着信に追われました。それがいたずらなのか、フェイクニュースなのか、一体何なのかを確認しようとするたびに、ますます確信になり始めました。(特に)BBCが私にそれを真剣に受け止めるように言ときまでには(確信していました)。しかし、私はれからずーっと、何かしらしています。ここはマリー・セレステのよう感じで、まるで11時とかそんな感じで、(こういった一連の出来事)が始まる前と同じです。とにかく大混乱ですよ。で、今は私にインタビューするために道に並んでいる人がいるんですから。

アダム・スミス:では、受賞をすでに実感されましたか?

カズオ・イシグロ:いやいや、しばらくはしっくりこないと思いますよ。なんと言うか、とんでもなく名誉あることなんですよ。そういったことに関する限りは。ノーベル賞よりも名誉ある賞をもらうことってないんじゃないですか。(ノーベル賞について)私が何か言うとしたら、そうですね、一つは、このような名声はSwedish Academyが、派閥間の政治やら何やらをうまくかわして来たことにあると思います。それは尊敬されてきたことの一つですし、その一貫とした姿勢は、世界中の多くの人に重んじられる姿勢だと思います。ですから、ノーベル賞という素晴らしい名誉の意義は、Swedish Academyの実際の地位によるものが大きいのだと思います。かつ、それ自体が、素晴らしい名誉だと。Swedish Academyは、彼らが尊重するあらゆる社会的地位の人々の中で、ずっとそのような優位な立場を保ってきたわけです。そして、私にとってとんでもなく光栄なのは、私がそうそうたる面々の方々、本当に最高の作家方々がいるわけですが、その一員になれたことです。史上最大の作家がこの賞を受賞しました。13歳から私の憧れだったボブ・ディランの後に受賞できるだなんて、本当に素晴らしいことです。彼は、おそらく、私の中で一番の憧れの人なんです。

アダム・スミス:一緒の立場になられたことは素晴らしいですね。

カズオ・イシグロ:そうです。私はボブ・ディランの歌まねができるんですが、今はやめておきましょう。

アダム・スミス:それは残念ですね。きっと気に入ると思うんですけどね。遅くて、12月にストックホルムに来るときは、是非お願いしますね。

カズオ・イシグロ:そうですね。その時には。

アダム・スミス:ぜひ。今イギリスでは、すごいことになっていますね。賞を受賞したことについて、何か特別な重要な意義はありますか?

カズオ・イシグロ:それはそうだと思います。私が実際にあなたに電話をかける直前に、私は報道発表のための声明文を書いていました。私は3行で何が言えるのか考えていたんです。私にとって、タイミングが関係していると思います。私が感じることは・・・、私はもう63歳になるところなのですが、西洋世界における価値観について、これほど不確かだった時代を思いつくことはできません。ご存知のように、価値観に関して、また、リーダーシップに関して、非常に大きな不確実な時代を私たちが生きているのだと思います。人々は安全だと思っていません。そのため、ノーベル賞のようなものが、世界の何かポジティブなもの、世界のまともな価値感というものに、何らかの形で貢献し、それがある種の一貫性と良識に貢献することを願っています。はい。

アダム・スミス:あなたがずっと書いてきたことは、ある意味では、世界の私たちの居場所、人と人との繫がり、世界との繫がりに関する問題だと認識していますが、それはおそらくあなたが最も掘り下げたいテーマでしょうか?

カズオ・イシグロ:はい、私はそうだと思います。狭義(狭い意味)では、私はそれがおそらく・・・私が興味を持っていることの一つは、私たちが小さい世界、また同時に大きな世界で、どのように生きていくのか、つまり、私たちは個人個人の土俵(=小さい世界)があり、そのなかで、自己実現と愛情を見つけだそうとしなければならないのです。しかし、それは必然的に大きな世界との繫がりがあります。その大きな世界では、政治、すなわち、地獄さながらの世界がびこることもあるのです。だから私はいつもそれに興味を惹かれるのだと思います。私たちは小さな世界と大きな世界に同時に住んでいて、そして、どちらか一方の存在を消し去ることはできないのです。

アダム・スミス:ありがとうございます。きっと、この話題は他の日に話したほうが良さそうですね。

カズオ・イシグロ:ええ、そうですね。

アダム・スミス:とりあえずは、この報道陣の列をどうやってさばくか考えなければいけませんね。あ、最後にですが、これから待ち受けている注目の嵐についてどう思われていますか?

カズオ・イシグロ:そうですね、とてもプラスにとらえていますよ。何が言いたいかというと、今日の朝に目が覚めたときには、まったく普通の日になるとしか思っていなかったので、少し不安ですが、一方で、報道の方々、メディアの方々が、ノーベル文学賞を真摯に受け止めて頂いているということは、素晴らしいことだと思います。もし、誰かがノーベル文学賞を受賞し、誰も興味を持たない日が来たとしたら、きっととても驚き、不安に思うことでしょう。つまり、何か(テロや大きな戦争などのような)大惨事が世界に起こってしまったことを意味しているのですから。

アダム・スミス:文学を祝う日は素晴らしい一日ということですね。

カズオ・イシグロ:はい、文学は素晴らしいものだと思っています。同時に、時には悪なる力になることもあります。ノーベル文学のようなものは、文学が善なるもののためのプラスの力であることを確たるものにするために存在すると思うのです。

アダム・スミス:素晴らしいですね。本当にありがとうございます。12月に、ストックホルムでにお会いできることを本当に楽しみにしております。

カズオ・イシグロ:そうですね、本当に楽しみですね。スミスさん、お話しできて光栄でした。

アダム・スミス:本当にありがとうございます。

カズオ・イシグロ:はい。では、また。

 

5. カズオ・イシグロさんから学ぶ英語表現10選!

会話表現は、書き言葉ではあまり見ない表現もたくさん詰まっています。またイギリス英語なので、アメリカ英語に慣れている人には、「へー、こう言うんだ~」なんて思う方もいるかと思います。

聴いただけ、読んだだけだともったいないので、せっかくなので、使えそうな表現は吸収してしまいましょう。

I’m sorry you were kept hanging on.

【訳】お待たせして、申し訳ございません。

Keep Ving:Vし続ける

hang on:待つ

I started to receive calls back to back.

【訳】立て続けに、電話が鳴り始めた(着信があり、電話に出た)

back to back:立て続けに、続け様に

establish if it was hoax or if it was fake news.

【訳】それがいたずらなのか、やらせのニュースなのか

establish ~ = make sure ~ :~と確かめる

hoax:いたずら

I don’t think it will sink in for a long time.

【訳】しばらくは(ノーベル賞を受賞したことが)実感できると思いません。/しっくりくると思いません。

sink in:しみじみとわかる、理解される、認識される

(in) as far as these kinds of things go

【訳】こういったことに関する限りは、

in as far as S go(es):Sに関する限り(は)

the Swedish Academy has managed to retain that high ground

【訳】the Swedish Academyがどうにか優位な立場を保ってきた

manage to V:どうにかVする

high ground:優位な立場、優勢

in all the different walks of life that it honours.

【訳】the Swedish Academyが尊重している、あらゆる社会的地位の人々

walk(s) 社会的地位、職業、履歴

例:people from all walks of life あらゆる職業[階層]の人々

I come in a line of lots of my greatest heroes,

【訳】憧れだった方々の末席に加われたことです/一員になれたことです。

come in a line of ~:~の一員になる、末席に加わる

hero:あこがれの人

I think we are going through a time of great uncertainty about our values, about our leadership.

【訳】価値観やリーダーシップについて、確信を全く持てない時代を生きているだと感じています。

go through:経験する、生活する

a time:時代

10

I take it very positively.

【訳】プラスに受け止めています/前向きにとらえています。

take ~ positively:~を前向きにとらえる/~をプラスに受け止める

 

カズオ・イシグロさんの英語はいかがでしたか?!ノーベル文学賞を取る方なので、中盤は抽象的で哲学的なことを述べられていますが、我々が生きる現代を的確にとらえる内容だと感じました。

ノーベル文学賞を受賞した方の英語で勉強するのは、素晴らしい機会だと思います。この機会に、英語で読まれてはいかがでしょうか。