ネイティブ英会話講師とフィリピン人英会話講師の違い

最近オンライン英会話を利用する方が増えてきていますが、その中でよく話題になるのが、「ネイティブ英会話講師とフィリピン人英会話講師の違いって何だろう?」という点です。ネイティブ英会話講師というのは、母国語が英語である講師という意味です。

「フィリピン人はネイティブじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、フィリピンの母国語はフィリピノ語(セブアノ・ビサヤ・タガログ語など無数にあります)であり、英語ではありません。

一方で、オンライン英会話の講師陣を見ていると、大多数がフィリピン人で占められていることが分かります。ネイティブ英会話講師にこだわるとなると、スクール選びの幅も狭まりますし、時差の関係でレッスンを受講する時間帯も制限されますよね。

また、インターネットで「オンライン英会話」と調べてみると、本当に多くのオンライン英会話スクールが出てきますよね。これだけあると、どのオンライン英会話スクールを選べば良いのか頭を悩まされる人もいるでしょう。

オンライン英会話スクールを選ぶポイントの1つに、講師の国籍という要素があります。オンライン英会話スクールでは、ネイティブ以外の講師も英語を教えていることが多く、その大半がフィリピン人講師となっています。

そこで今回は、ネイティブ英会話講師とフィリピン人英会話講師の違いについて考えてみたいと思います。

▽もくじ
フィリピン人英会話講師が多い理由
② 授業の質について
フィリピン人の話す英語にはなまりがある?
フィリピン人英会話講師から学ぶメリット・デメリット
ネイティブ英会話講師から学ぶメリット・デメリット
⑥ 自分のニーズに合わせた講師選びをしよう!

合わせて読みたい

①フィリピン人英会話講師が多い理由

幼児教育から英語に力を入れている

冒頭に述べたように、フィリピンの母国語は無数にあり、地域によって違います。学校で習うのは国語であるフィリピノ語(タガログ語)です。しかし、彼らは幼児教育から英語に力を入れており、学校の授業も当たり前に英語で行われることから、高校を卒業する時点ではネイティブ並みの英語力を持っていると言われています。

この背景について知人のフィリピン人に尋ねてみたところ、「フィリピノ語で書かれた文献が少なく、学問の習得には英語が不可欠。」「国としても海外での就労を勧めており、ビジネス英語まで習得するのが好ましいとされている。」と話していました。

 

シャイな日本人ともお友達になれるフレンドリーさ

フィリピン人の国民性として、フレンドリーで明るい人柄、というのが挙げられます。ただでさえシャイな日本人が、苦手な英語を使ってうまく会話していくのに、フィリピン人のフレンドリーさが奏功しているようです。

確かに、私自身これまでレッスンを受けたフィリピン人講師はみんな最初から「あなたと話せてうれしいわ!」というテンションで話しかけてきてくれたので、仲良くなるのに時間がかからなかった印象でした。

 

母国語が違うからこそ・・・”英語学習”にかけてはプロフェッショナル

私たちが日本語を話せるようになった時のことは、ほとんど思い出せませんよね。生まれた時から周りで話されている言語なので、テキストを使って勉強したわけでもなく話せるようになったはずです。

フィリピン人は自分の地域の母国語を自然と習得したあとに、フィリピの語(タガログ語)が母語ではない人は、学校でタガログ語と英語を習うわけです。

つまり、新たな言語として・タガログ語と英語を習得している人が大半なので、日本人の気持ちをよく分かってくれます。自然に覚える母国語とは違い、どのように勉強すれば頭に入るかを自分自身で体験しているため教えるのが上手なのです。

 

②授業の質について

授業の質については、ネイティブ講師とフィリピン人講師に差はないと言っていいでしょう。フィリピン人講師でも何年も講師の経験がある人なら、新人のネイティブ講師よりもずっと教えるのがうまいですし、ネイティブ講師だって経験豊富で正確的に教えることに向いている人なら、高いレベルの授業を提供することができるからです。

ですから、授業の質についてはネイティブかフィリピン人かということではなく、その講師の経験量と適正、そして生徒との相性にもよります。

授業の質が気になる場合は、実際にその講師に授業を受けたことのある生徒たちからのフィードバックがとても参考になります。また、実際にお試しレッスンなどを受けてみてもいいでしょう。

 

③フィリピン人の英語にはなまりがある?

確かに、話していて「これはフィリピン人の英語だな」とわかるケースもありますが、私個人の感想として、ネイティブに通じないくらいに訛りのきつい英語は聞いたことがありません

また、なまりについて議論し始めると、ネイティブの英語にもそれぞれイギリス訛り・アメリカ訛り・オーストラリア訛りなどがあります。さらに細かく地方別に見ていくと、全く違う言語なのかと疑いたくなるほどの訛りも存在します。

結局、世界中の人がそれぞれにアレンジした英語を使いながら、お互いにうまくコミュニケーションをとっていますので、特にフィリピン人の英語について訛りの有無を追求するのはナンセンスなのではないでしょうか?

発音の正確性について

フィリピン人講師に抵抗を感じる人は、フィリピン人講師の発音が本場の英語とは違うということを気にしているかもしれません。

確かに発音の「正確性」という意味では、ネイティブ講師に軍配が上がります。ネイティブですから当然です。

しかし、英語はさまざまな国や地域で話されている言語です。「ネイティブ」と言っても、全員が同じ様な発音をするわけではありません。

それがどの位違うのかというと、例えばイギリス式の発音でアメリカ人と話していると、イギリス人には通じるのにアメリカ人には通じない単語があったりするくらいです。また、通じたとしても発音を直されるようなこともあります。

ほとんどのネイティブ講師にとって、正しい発音とは、自分の国で話されている英語の発音なのですね。しかし、イギリス英語とアメリカ英語という英語の二大巨頭の間でも、母音の音さえ違うような場合もあるのです。

英語を母国語とする国はそのほかにもありますから、こういった違いはそれぞれに存在しています。そして、自国の発音以外は知らないという人も少なくないのです。

対してフィリピン人講師なら、ネイティブスピーカーではないため「学習者」として英語を見ることができます。そうすると、英語の発音は国によって異なる場合があるということが見えてくるのですね。ですから、微妙な発音の差なら、誰にでも通じるレベルなら見逃してくれます。且つ、本当に間違った発音をしているときには、発音の方法をしっかり教えることもできます。

講師の発音を真似したくて、ネイティブ講師を選ぶという人もいるでしょう。真似をしたい英語が決まっているのであれば、ネイティブ講師の方に習った方がいいでしょう。

そういうわけではないものの、フィリピン人講師の発音が移ってしまうことに不安を感じている人もいるかもしれません。しかし、フィリピン人講師の中にも、驚くほどネイティブとかなり近い発音をする講師もたくさんいます。

また、フィリピン人アクセントの英語で話していたとしても、講師として働いているフィリピン人たちの発音は、誰にでも通じるクリアな英語ですから、寧ろ真似をすれば日本語のアクセントを持ち続けるよりも、ずっと英語の発音がうまくなります。

というわけで、発音の正確性に関してはネイティブ講師の方が正確であるものの、フィリピン人講師の発音について、大きなデメリットはないと考えていいでしょう。

 

文法の正確性について

では、文法の正確性という部分についてはどうでしょうか。ネイティブ講師であっても、フィリピン人講師であっても、英語を教えるための訓練を受けていたり、経験が豊富な人がほとんどです。

したがって、文法の正確性という点については、ネイティブ講師であっても、フィリピン人講師であっても、きちんと正しい文法を指導することができます。

 

つまり、文法の正確性という点では両者に大きな違いはないのですが、一点気をつけておくべきことがあります。それは、文法についても多少なりとも国によって使い方が違う場合があるということです。

これは英語を学ぶ上で特に問題になることではありませんが、留学や海外移住などで行く国が決まっている場合は、行く予定の国の出身者から英語を学ぶと、その国でどういった文法がどういう用法で使われているかを自然と学ぶことができるでしょう。

 

④フィリピン人英会話講師から学ぶメリット・デメリット

メリット

学べる単語や熟語、言い回しの豊富さ

ネイティブ英会話講師に習う最大の利点は、その国で頻繁に使われている単語や熟語、言い回しが習えるということです。これも国によって共通する部分と、全く異なる部分があるため、自分が習いたい英語を話す国の出身者に英語を習えば、自然と身について行くものです。

ですが、フィリピン人講師であっても、語彙力がネイティブ講師に比べて劣るというわけではありません。むしろ、全地域で通じるようなスタンダードな単語・熟語、言い回しを覚えたいということなら、フィリピン人講師の方が良い場合があります。

なぜかというと、その国独特の言い回しというのは時々通じないこともあるからです。ほとんどの場合、そういった問題は起こりませんが、特に非ネイティブの人と話すときには、その人が習った英語と違う英語を自分が習得している場合、ごく稀に意思の疎通ができなかったり、間違えているのではないかと指摘されるようなこともあります。

 

そういう問題を避けるには、相手の国籍を考えて話すというのが一番なのですが、英語学習者の人がそれをするのは困難ですよね。

そもそも非ネイティブであるフィリピン人講師から習えば、そういった問題を回避できるということです。

 

料金が安い

フィリピンの物価は他の国に比べて安い傾向にあります。人件費も例外ではなく、日本の基準で見ると非常に良心的な料金でサービスを利用できるのが、一つのメリットになっているようです。

価格差について

「ネイティブ講師」と言っても、「ネイティブ」にあたる国が複数あるため、価格帯も実はまちまちだったりします。しかし、一般的にはネイティブ講師とフィリピン人講師を比べると、圧倒的にネイティブ講師のレッスンの方が値段が高いですよね。

これは、講師たちの住んでいる国の物価が関係しています。例えばフィリピンの物価は私たちにとってとても安いですよね。フィリピン人の大卒初任給が月2万円程度、全体的な平均年収は約50万円ということですから、その人件費の安さが伺い知れます。

一方、例えばアメリカの物価は日本と同程度です。ですから、英語の授業料も日本と同程度を払うことになるため、フィリピン人講師に比べるととても高くなってしまうのです。

時差がすくない

フィリピンとの時差はわずか1時間。ほぼ日本と同じ生活時間帯で暮らしています。そのため、相手の時間に合わせて早朝や夜中に授業を受けたりするストレスはありません。

 

デメリット

TOEICにはあまり詳しくない

知人や、これまでお世話になったオンライン講師のフィリピン人にTOEICについて聞くと、「実は受けたことがない」という返答が返ってきました。日本人が日本語の検定試験を受けることが少ないのと同じで、フィリピン人は日常で当たり前に話している英語について検定試験を受ける必要性をあまり感じないようです。また、現地の給与水準ではTOEICを受けるのに月の20%を使わないと受けられないほど高いものになっています。このため、TOEICでスコアアップをするための「テクニック」を教わろうとしてもなかなか難しいでしょう。

ネット環境が不十分な場合がある

私も何度か経験があるのですが、フィリピンの一部地域ではネット環境が不安定であり、講師との接続が突然切れてしまったり、なかなかつながらなくてレッスンが受けられなかったりということがあります。

 

⑤ネイティブ英会話講師から学ぶメリット・デメリット

メリット

自分の好きな発音の英語を学ぶことが出来る

海外ドラマや洋画を見ていると、「素敵な話し方をするなあ」と感じる俳優さんを見つけることがあります。「せっかく話せるようになるのなら、憧れの人と同じ発音で!」と考える方は、その国の講師からレッスンを受講してみてはいかがでしょうか。例えば、「ハリー・ポッターに出てくるエマ・ワトソン(ハーマイオニー役)の話し方が知的で素敵!」と思うのであればイギリス人講師から、「キャメロン・ディアスみたいな、キュートでセクシーな話し方になりたい!」と思うのであればアメリカ人講師からレッスンを受けると、ニュアンスの近い英語が話せるようになります。

興味のある国の人と交流を深めることができる

「英語を話せるようになるだけでなく、その国の文化についてフリートークで聞いてみたい!」「憧れの国に知人・友人と呼べる人を作りたい!」という思いがあれば、興味のある国の講師からレッスンを受けてみましょう。やはり話題の内容が興味深いと話も弾みますし、レッスンが楽しくなります。

 

デメリット

時差を気にしなければならない

フィリピン人講師の場合と逆の現象が起きるため、相手の生活時間帯に合わせる必要が出てくるのが難点です。また、フィリピン人講師と比べて人数自体が少ないため、レッスンを受けたい時間帯に希望の講師を予約するのが難しくなります。

料金が高い

フィリピン人以外の講師が多く登録している会社だと、料金もややお高くなりがちです。

 

⑥自分のニーズに合わせた講師選びをしよう!

ネイティブ講師にもフィリピン人講師にも、それぞれ利点があり、どちらの方が良いということではありません。どちらを選ぶかは、それぞれの英語を学ぶ目的によっても変わってくるでしょう。

ただし、フィリピン人講師の授業料の安さは大変魅力的です。なぜなら、授業料が安ければそれだけ授業を受けることができるからです。英会話習得のためには、たくさん話すということが絶対条件となります。そういう意味では、安価でたくさん授業を受けることができるフィリピン人講師のオンライン英会話の方が、早く英会話を習得することができるでしょう。

しかし、ネイティブ講師に習うメリットも見逃せません。

結論から言うと、頻繁にフィリピン人講師からのレッスンを受けながら、週1などの頻度でネイティブ講師からもレッスンを受けるというのが、1番良い方法でしょう。

そういった方法も検討しながら、自分に合ったオンライン英会話スクールを探してみましょう。

ネイティブ英会話講師とフィリピン人英会話講師の違いについて考えてまいりました。それぞれメリット・デメリットはありますが、一番大切なのは、自分がオンライン英会話に何を求めているかをしっかり考えて選ぶことなのではないでしょうか。

また、ネイティブでもフィリピン人でも、講師の質にはかなりばらつきがあります。講師の出身国にこだわるよりも、指導実績やプロフィールをよく見て自分にぴったりの講師を探すことの方が、英会話上達の近道かもしれません。

 

合わせて読みたい