カランメソッド(Callan Method)

▼もくじ
1. ダイレクトメソッドとは? 
   (1) 定義
   (2) 目的
   (3) 重要な要素
   (4) テクニック
   (5) 特徴
   (6) メリット
   (7) デメリット
   (8) 原理・原則
   (9) 指導方法
2. カランメソッド – ダイレクトメソッドの最高傑作
   (1) すべての学生のために慎重に設計されている
   (2) ナチュラルスピード
   (3) 修正
   (4) 役に立つスピーキングの練習 – 単なる会話ではない
   (5) 効率良く学べる実践的な英語
   (6) メソッドの仕組み
   (7) シラバスと内容
   (8) なぜカランメソッドが学習者にとって魅力的であるか
   (9) 学校や教師にとってなぜカランメソッドが魅力的なのか
3. カランメソッドの公式指導方法(動画)
   (1) 公式なリビジョンレッスン
   (2) 公式なリーディングレッスン
   (3) 公式なNewWorkレッスン
4. カランメソッドの有効性 – 効果検証
5. カランメソッドの評判
6. カランメソッド公式認定スクール
   (1) オンライン英会話のネイティブキャンプ
   (2) QQイングリッシュ


 ダイレクトメソッドとは?

時には自然法と呼ばれる直接的な教授法で、外国語の教授に頻繁に使用されますが、排他的ではありません。学習者の母国語を使用しないようにし、目標言語のみを使用します。 1900年頃にドイツとフランスで設立され、文法変換法やその他の伝統的なアプローチやC.J.Dodsonのバイリンガルな手法と対照的です。これは、1970年代にベルリッツやインリンガなどの主要な国際語学学校や、2012年に米国国務省の外国語学院の多くの言語学科によって採用されました。

一般的に、指導は口頭のスキルの開発に焦点を当てています。直接法の特徴は次のとおりです。

・パントマイム、実生活の物、その他の視覚資料を通じて、概念や語彙を教える

・帰納的アプローチを使用して文法を教える(すなわち、学習者が目標言語の適切な言語形式を提示することによってルールを見つけさせる)

・話し言葉の中心性(ネイティブのような発音を含む)

・質疑応答パターンに焦点を当てる

 1. 定義

直接法は、母語を使わずに、実演と表現との間の直接的または直接的な関係、英語の単語、フレーズまたはイディオムとその意味との間の直接的または直接的な関連を直接的に確立する方法である。

 2. 目的

  1. 直接的な方法は、経験と言語、言葉とアイデア、思考と表現との間に直接的な関係を構築することを目指す。
  2. この方法は、目標言語でのコミュニケーション方法を学ぶことを目的としています。
  3. この方法は、学習者が母語を経験したのと同じ方法で新しい言語を体験すべきであるという前提に基づいています。

 3. 重要な要素

  1. 翻訳がありません
  2. 概念は、オブジェクトまたは自然なコンテキストによって教えられます。
  3. 口頭訓練は読み書きに役立ちます
  4. 文法は間接的に教えられます。

 4. テクニック

  1. 質問/回答練習 – 先生はどんなタイプの質問でも、生徒は答えます。
  2. ディクテーション – 教師はレベルに適した文章を選び、それを大声で読む。
  3. 大声で読む – 生徒は、文章または対話のセクションを順番に読み上げます。
  4. 学生の自己訂正 – 生徒が間違いを犯すと、教師は選択肢を与えて2度目のチャンスを与えます。
  5. 会話の練習 – 生徒は他の生徒や教師に自分の質問をする機会が与えられます。これにより、教師と学習者の対話と学習者と学習者の対話の両方が可能になる。
  6. パラグラフライティング – 生徒は自分の言葉で一節を書くように求められます。

 5. 特徴

  1. 直接法は自然法とも呼ばれます。それは文法翻訳方法への反応として開発されたもので、学習者を最も自然な形でターゲット言語のドメインに連れて来るように設計されています。
  2. 主な目的は、外国語の完璧な命令を与えることです。主な焦点は、最も自然な方法で母国語を学ぶのと同じ方法で、目標とする言語で学習者を考えさせることです。
  3. 伝統的な語学学習では、教えが長くて単調であると認識されるため、生徒の参加は減少することが判明した。

 6. メリット

  1. 言語の理解を促進する – 母語との言語的干渉を抑制することにより、目的言語の理解が容易になり、文脈間の直接的な結びつきが確立され、聞き取りや読解を直接理解するのに役立ちます。
  2. スピーチの流暢さを向上させます – スピーチの流暢さは執筆の容易さにつながり、表現力、文章力を向上させる傾向があり、それはボキャブラリを素早く学び拡張する方法です。
  3. 読書を助ける – 読書はより簡単で楽しくなり、また批判的な勉強の習慣を促進する。
  4. 言語のセンスを向上させる。
  5. このメソッドは、非常に興味深くエキサイティングなアクティビティでいっぱいです。
  6. 母国語を使わずに、自分の考えや感情を直接英語で表現できるようにすることで、目標言語を強調しています。
  7. 4技能能力(LSRW)が開発されます。
  8. 受動的な語彙からの単語を活発な語彙に変換するのに役立ちます。
  9. それは、特定のものから一般的なものへと英語を進める上で役立ちます。それは、練習と理論の間の橋渡しです。
  10. オーディオビジュアルエイドを利用し、読み書きを容易にする。
  11. この方法は、学生の注意と参加を容易にする。

 7. デメリット

  1. この方法は、体系的に書かれた作業と読書活動を無視する
  2. このメソッドは、変換メソッドがより適している高級クラスではうまく機能しない可能性があります
  3. 制限された語彙 – すべての単語がその意味に直接関連するわけではないので、語彙の範囲を制限する
  4. 不足しているアプリケーション – この方法は言語の能動的なコマンドを目指し、巧妙な子供だけがこの方法で利益を得ることができます
  5. 熟練した教師の不足。すなわち、インドの学校の教師の大部分は英語よりも貧弱な指導をしている
  6. この方法は、大規模なクラスの個々の学生のニーズに合ったり、それを満たすことはできません
  7. このメソッドは、巨大なクラスでは不便です
  8. 言語学習の読み書きの面を無視する
  9. 文法は体系的に教えられない
  10. 実生活を作るのに時間がかかります
  11. 遅い学習者はこの方法で苦労します

 8. 原理・原則

  1. クラスルームの指示は排他的に目標言語で行われます。
  2. 最初の段階では、毎日の語彙と文章だけが教えられます。文法、読み書きは中間段階で導入されています。
  3. 口頭でのコミュニケーションスキルは、教師と生徒の間の質疑応答を中心に細かく段階的に進んでいきます。
  4. 文法は誘導的に教えられます。
  5. 新しい教育指導が口頭で導入されています。
  6. 具体的な語彙はデモンストレーション、オブジェクト、および絵を通して教えられます。抽象的な語彙はアイデアの連想によって教えられます。
  7. スピーチとリスニングの両方の理解が教えられています。
  8. 正しい発音と文法が強調されています。
  9. 生徒はレッスンの時間の約80%を話す必要があります。
  10. 生徒は初めから質問をしたり答えたりするように教えられます。

 9. 指導方法

このメソッドの重要な側面は次のとおりです。

1.新しい単語、数字、アルファベット文字、文または概念の導入(要素と呼ばれる):

・SHOW:ビジュアルエイドまたはジェスチャー(動詞用)を指し、生徒が何が教えられているかを明確に理解する。
・SAY:教師は口頭で要素を紹介します。
・TRY:学生は新しい要素を発音するために様々な試みを行います。
・MOLD:必要に応じて教師が生徒を修正し、唇、舌、歯との関係が適切に形成されるように口を指します。
・REPEAT:生徒は各要素を5〜20回繰り返します。

2. 構文、文中の新しい要素の正しい位置:

・SAY & REPEAT:教師は学生にフレーズや文章を述べます。生徒は5〜20回繰り返す。
・ASK & REPLY IN NEGATIVE:教師は否定文で要素を使用する(e.g. “Are you the President of the United States?” or “Are you the teacher?”)。生徒はNoで答えます。
・INTERROGATIVES:教師は5 “w”(Who、what、where、why、when)またはhowを使用して直感的な例を提供します。
・PRONOUNS WITH VERBS:ビジュアル(写真やイラストなど)やジェスチャーを使用して、教師はすべての代名詞をカバーします。”Is Ana a woman?” or “Are they from France?”のような多くのバリエーションを練習します。
・生徒は適切な要素を選択して利用しなければなりません。

 カランメソッド – ダイレクトメソッドの最高傑作

カランメソッドは、学生のリスニングとスピーキングのスキルを向上させることに焦点を当てた、英語を素早く楽しく簡単に学習する方法です。それは1960年代にイギリスのロビンカラン(Robin Callan)という男によって発明されました。この方法を使う最初の学校は50年前にロンドンで開校しましたが、現在はヨーロッパで最大の私立学校です。今日、300以上の学校が、ヨーロッパ、アジア、南米でカラン法を使用しています。

カランメソッドは、生徒が英語をとても素早く学ぶことを可能にします。それは生き生きと楽しいので、速くて効果的なので、世界中の学生や学校に人気があります。レッスンには継続的なリスニングやスピーキングが必要です。

カランメソッドで学ぶことは、あなたが以前持っていた英語のレッスンとはまったく異なる経験でしょう。先生は、質問をしたり、回答を手伝ったりして、全員が話すことができます。それぞれの質問は、特定の単語や文法に焦点を当てています。答えを出すと、教師は完全な文章を書くことができます。あなたはいつも英語を聴きながら忙しいです。あなたはたくさん話し、あなたの間違いは全て修正されています。あなたはいつも英語に囲まれているので、すぐに学びます。そしてそれは楽しいです – 退屈したり、あなたの集中力を失うことはありません。

 1. すべての学生のために慎重に設計されている

カランメソッドは、慎重にプログラムされた方法で英語を練習します。すべてのレッスンで新しい英語を学びますが、以前学習した言語も修正します。授業では、約70%のリスニングとスピーキングの練習をしていますが、学習した内容を修正するための少しの読み書きもあります。

カランメソッドには12レベル(または「ステージ」)があります。ステージ1は初心者向け、ステージ12は上級生向けです。 カランメソッドはあなたの能力を問わずあなたを助けることができます。

 2. ナチュラルスピード

カランメソッドレッスンの教師はすばやく話します。現実の世界では、話すのが自然であるからです。通常の英語を理解したい場合は、素早く自然な言葉を聞いて練習し、まず自分の言語に翻訳することなく英語を理解できるようにする必要があります。翻訳しないという考え方は、カランメソッドの中心にあります。あなたは英語で考え始めるのに役立ちます。

 3. 修正

カランメソッドでは、話しているときに先生がお手伝いし、あなたが瞬間にあなたの間違いを訂正します。教師はあなたのミスを真似(コピー)してから正しい発音/単語の形を言ってあなたを訂正します。たとえば、「スペインから来た」と言うと、教師はすぐに「来ない」と言います。模倣によるこの修正は、間違いと適切な英語形式の違いを聞くのに役立ちます。すぐに正しい言葉を繰り返し、あなたの文章を続けるべきです。あなたは間違いの訂正から多くを学び、一定の修正は速い進歩をもたらします。

 4.役に立つスピーキングの練習 – 単なる会話ではない

カランメソッドには多くの会話が含まれますが、これはチャット(自由な会話)を意味するものではありません。人々がチャットするとき、彼らはすでに知っている言葉と文法しか使わないので、あまり学習しません。 カランメソッドレッスンでは、話すときに常に新しい言葉や構造を使用しているので、より多くの利益が得られます。時間が無駄になりません。

 5. 効率良く学べる実践的な英語

カランメソッドはあなたがすぐに習得するのを支援し、カランメソッドの教材はあなたに必要な語彙と実際に役立つ文法規則を提供するように設計されています。また、一般的な英語試験の言語要件も慎重に検討されています。

最後に、速く学ぶことは、カランメソッドが経済的であることを意味し、各レベルごとに1つの本しか必要とせず、お金も節約できます。さらに、認定スクールで勉強している場合は、インタラクティブな練習を使ってオンラインで練習をすることができます。

 6. メソッドの仕組み

カランメソッドは、英語を勉強するための迅速かつ効果的なシステムです。それは12レベル(または “ステージ”)で構成され、すべての初心者から上級者まで、すべての学習者に対応します。この方法の具体的な構造と内容は、生徒が英語をすばやく学ぶことができることを意味します。長年の実績により、安全に確立され、国際的に尊敬されています。カランメソッドを使用した語学学校は、アジアからラテンアメリカまであらゆるところにあります。

カランメソッドは、生徒が常に英語を話し、できるだけ話すことを保証します。先生は慎重に構造化された質問をします。それぞれが目標言語を練習しながら、同時に材料の生徒が以前に会ったことを改訂します。生徒は、完全な文章の形で答えを出すときに、すべての言語を自分で練習します。

カランメソッドのレッスンは速く、教師は自然な会話のスピードよりわずかに上の質問を送付します。つまり、カランメソッドの生徒は、最初に翻訳せずに英語を理解することをすぐに学びます。この方法は、当初から英語で考えることを助けます。

生徒は常にカランメソッドレッスンに参加しています。彼らはいつ教師がいつ質問をするのか正確には分からないので、常に耳を傾け、頻繁に話すことに集中しています。

 7. シラバスと内容

この方法の注意深く設計された語彙/文法上のシラバスは、初心者や初級レベルの生徒が段階的に語彙や文法能力を習得できるようにします。彼らはまれで複雑な語彙に惑わされることはなく、言語の基礎を拾うことに集中することができます。

彼らが進歩するにつれて、カランメソッドは学習者の能力を引き続き拡大し、CEFR(Common European Framework of Reference)と人気のある国際的な英語試験を念頭に置いてコンテンツを決定しました。

ステージ11と12(最高レベル)では、CEFRのレベルC1の学習者にとって、実行されている膨大な量の言語が適切です。

 8. なぜカランメソッドが学習者にとって魅力的であるか

【効果的】 英語を学ぶ人々の大半は実践的なスキルを身につけるためにそうしています。彼らはビジネスやプロフェッショナルな目的のために英語を学びたいと考えており、できるだけ早く言語の良い知識を身につける必要があります。彼らは、効率、実践的なシラバス、そして彼らが非常に急速な進歩を遂げることができるという事実に対するカランメソッドの明確な焦点が好きです。クラスのペースとエネルギーによって、学生は言語に浸る一方で、体系的な改訂は記憶を引きつけ、正確さを奨励します。 カランメソッドの言語を教えるための計算上および系統的なアプローチと、学生の関与を最大限にするためのその決定は、成功の鍵となる要因です。

【楽しい】 学生は学校で楽しく過ごしたいです。静かに本の中でエクササイズをしないでください。彼らは積極的に関与したい。彼らは話し、コミュニケートしたい。 カランでは、彼らはこれが起こることを知っています。 カランの生徒はいつも聞いたり話したりしています。他の教授法で経験したこととははっきりとは対照的です。

【フィードバック】 学習者が語学教室で話す場合、教師からの建設的な個人的なフィードバックが必要です。そのようなフィードバックは、レッスンの流れを中断することが多く、生徒に自覚を持たせることができるため、ほとんどの教室の状況では提供するのが難しいです。しかし、カランメソッドの訂正手法は、教師が何らかの誤りを簡単かつ迅速に修正することを可能にします。実際、多くの学習者は、カランメソッドを使って最初のレッスンを始めるときに、以前の教師がそれを十分に修正するのに使ったことがないため、現在どれほど幸せであると言います。

 9. 学校や教師にとってなぜカランメソッドが魅力的なのか

【人気】 カランメソッドは、世界中の学生がその楽しく効果的なレッスンで知られています。このメソッドを使用する学校は、カランブランドと提携することで学生数の面でメリットがあります。

【低コスト】 カランメソッドでは、Teacher’s BookとStudent’s Book(および低レベルのコースの簡単なデモンストレーションチャート)以外には、機器を使用する必要がありません。本と部屋がある場合は、メソッドを使用して効果を最大限に活用できます。

【簡単な管理】 カランメソッドコースは簡単に整理して管理することができ、記録管理は簡単です。どのクラスの進度も、クラス記録シートを一目で確認することができ、進捗状況の調整を簡単に実施できます。

【レッスン計画不要】 カランメソッドの書籍は、後のレッスンですべての新しい言語が体系的に改訂されるように設計されています。これは授業計画がほとんど必要ないことを意味し、教師の時間と多くの場合、学校のための時間を節約します。

【楽しく効果的】 カランメソッドは、活発で楽しい教室環境、計画に対する懸念を最小限に抑え、迅速かつ効果的な学習を提供する試行錯誤した方法を使用しているという知識を提供します。

【簡単な品質管理】 英語学校を運営する人にとってよくある問題は、レッスンで何が起こっているのか、教師が適切に行動しているかどうかを知らないことです。カランメソッドを採用した学校は、この管理面が突然簡単になると報告しています。丁寧に書かれた教師用本は、教師が何をしているのかを正確に知っていることを意味し、レッスンが提供されるユニークな方法は、本当に正しい方法と間違った方法があることを意味します。したがって、経験の浅い教師がもう少し訓練や助けを必要とするときは、簡単に見つけることができます。

【迅速かつ簡単なトレーニング】 多くのELTコース/資格の通常の4週間ではなく、カランメソッドの使用方法の初期トレーニングは1週間しかかかりません。トレーニングコースを手配するには、international@callan.co.uk までご連絡ください。さらに、カランメソッド Teacher’s Guideは、オンラインショップから入手できます。この本はカランメソッドの教師のための常連でなければならず、Methodを使用したコースの教授と運営のすべての側面を網羅しています。

 カランメソッドの公式指導方法(動画)

1. 公式なリビジョンレッスン

2. 公式なリーディングレッスン

3. 公式なNewWorkレッスン

 カランメソッドの有効性 – 効果検証 

あらゆる国籍の学生、あらゆる年齢の学生、そしてあらゆる学習目的に適しています。これは、言語を学ぶことの成功を保証する2つのことである繰り返しとスピードに基づいています。 生徒は、他の方法で学習するのに要する時間の4分の1で英語を学ぶことによって、レッスンにかかる時間と経費を節約します。

国際的に認められているケンブリッジ校予備校試験(PET)レベルは、他の方法で学習する場合の通常350時間ではなく、約80時間で、約160時間でケンブリッジファースト証明書(FCE)のレベルに達します。

 カランメソッドの評判

土方 孝之(東京都、37歳、会社員)

私の意見では、この方法は素晴らしいです、私はこの方法で約2年間学び、2016年10月にTOEFLスピーキングで23点をとりました。私はこの方法は退屈でばかげていると思っていました。なぜなら、ネイティブスピーカーがの先生が言ったことを繰り返すだけだからです。しかしながら実際にこの方法でトレーニングをしてみて、考え方が180度変わりました。この方法は筋トレに似ていて、やればやるほど病みつきになっていきます。トレーニング後の達成感が気持ち良いので、また明日もやろうという気になります。50分の間話し続けるので、あっと言う間に時間も過ぎていきます。最高のトレーニングです。

Georgina Jade Singh(イギリス、28歳、英語講師)

Callanの方法は、英語を学習するための楽しく効果的な方法として宣伝されている、絶え間ないスピーキングとリスニングをともなう英語の学習方法です。慎重に設計された教材やシンプルで注意をそらさせないようなレッスン構造を使用して、学習者の関心を引き付け、効果的に英語を理解し、発音し、話す能力を発揮します。
カランメソッドのテクニックで構成されたレッスンは、ほとんど計画と準備を必要としません。とても経済的です。経験の浅い教師のために、教授を始める前に習得することはほとんどなく、カランの方法の授業は、繰り返してたくさんの学生との絶え間ない交流を伴います。これは、初心者で英語を初めて使う人にとっては非常に効果的なことを意味します。生徒に発音を促し、常に発音を訂正することで、カランの生徒は、英語で最もよく使われる2,000語をすばやく拾うことが期待されます。これらのレッスンの簡単な提供のために、教師は英語を教える資格は必要ありません。ほとんどの場合、カランメソッドのトレーニングは1週間しかかかりません。すべてのレッスンがスクリプト化されているので、文法に関する知識は必要ありません。

Callum Michael Cook(イギリス、34歳、英語講師)

私はこの方法で約3年間教えてきました。私はまた、CELTAの資格を持つ教師であり、さまざまな国でさまざまなアプローチを行っています。私は現在、この方法を使って学校で教えています。確かにこの方法には多くの長所と短所がある。この方法は制限が多く、学生と教師の両方にとって疲れるものです。創造性は特に必要なく、ほぼ完全にスピーキング主体の学習です。教師は訓練が一週間しかかからず、すべてがスクリプト化されているため、文法に関する知識は必要ありません。教師のための唯一の要件は、はっきりと話すネイティブスピーカーであることです。先生にとってこの方法の良い点は、レッスンの準備が必要ではないことです。新人教師にとって準備しなければならないことがあまりありません。個人的意見になりますが、生徒の英語レベルによってこの方法は有効性が分かれると思います。この方法は初心者には非常に効果的です。一方で、正確な英語よりもコミュニケーションの内容が求められる上級者にとってはそれほど有効だとは思いません。

 カランメソッド公式認定スクール

1. オンライン英会話のネイティブキャンプ

オンライン英会話のネイティブキャンプは、カラン・オンライン・パートナーシップ・プログラムでカランメソッドを取り扱う英会話スクールとしては初の正式提携校です。

2. QQイングリッシュ

カランの通常プログラムでの正式提携校です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする