オンライン英会話のセルビア人講師について

格安オンライン英会話を使っている人や、情報を集めている人は、最近フィリピン人のほかにセルビア人講師が増えてきたと感じているのではないでしょうか。

セルビアとは南東ヨーロッパのバルカン半島にある国で、旧ユーゴスラビアの一部です。周囲には、ボスニア・ヘルツェゴビナや、ルーマニア、クロアチア、ハンガリー、ブルガリアというような国があります。フィリピンに比べると、日本人にとってはあまり馴染みがない国ですよね。

今日はそんなセルビア出身のオンライン英会話講師たちについて、実際に何度かレッスンを受けてみた体験も含め、掘り下げてみます。

▼もくじ
1. 何故セルビア人講師が増えてきているのか
2. セルビア人講師たちの英語力
3. セルビア人講師とフィリピン講師ならどちらを選ぶべきか
4. 実際にセルビア人講師のレッスンを受けた感想
5. まとめ

1. 何故セルビア人講師が増えてきているのか

まずは、何故今オンライン英会話でセルビア人講師が増えているかをお話します。私はとあるオンライン英会話スクールで、複数人のセルビア人講師のレッスンを受けたことがあるのですが、その講師たちに訊いた話をまとめてみました。

セルビアでは不況が続いており、良い大学を出た高学歴な人でさえ、職を見つけるのが難しいそうです。そうした状況の中、インターネットがあって英語を話すことができればお金を稼げる「オンライン英会話」は、新たな就職方法として流行っているとのこと。

セルビア人講師によるレッスンは、日本人の私たちから見るとかなり格安ではありますが、セルビア人講師たちにとってはオンライン英会話での収入は、そこそこ良いそうです。それでも、高収入というほどではないようですが、高学歴で英語が話せるセルビア人でも、納得のいく金額なのでしょうね。

実際、セルビア国内のニュースでも、オンライン英会話で日本人に英語を教えているセルビア人講師のことが放送されたこともあるとか。ニュースになるほどですから、格安オンライン英会話の存在は広く認知されているのでしょう。

セルビアの不況は今後も続くと考えられていますから、しばらくはオンライン英会話でのセルビア人講師も増えていくのではないでしょうか。

またオンライン英会話で人気の講師だと、セルビア国内での就職はせずに、オンライン英会話講師の仕事に長期的な仕事として取り組むようになると考えられます。

物価が安くて、国内の失業率が高く、さらに英語が話せる高学歴の人まで就職できないというような国は他にもありますから、今後セルビア以外の国の講師の数も、増えていくかもしれませんね。

2. セルビア人講師たちの英語力

では実際にセルビア人講師たちの英語力はどうなのでしょうか。

これは、実体験から言うとはっきり言ってかなり差があります。オンライン英会話で教えているセルビア人たちの中には、アメリカなど英語圏に一定期間留学していたというような人もいて、そういった人の英語はかなり流暢です。

ですが、講師歴が短かったり、セルビアでしか英語を習ったことがないという人の英語は、結構訛っています。セルビアの訛りは結構強いと感じました。それでも、ほとんどの講師は文法ミスをしたり、言葉が出てこないというようなことはありません。

すでに英語講師歴が長い講師もいるので、そういった講師たちはレッスンを進めるのが本当に上手です。

しかし中には、本当にこれで英語を教えて大丈夫なのかな?と思うほど、文法ミスや言葉のつまりが目立つ人もいたのは事実です。ただ、これについては私自身がそこそこ英語を流暢に話せるため、講師側がその話すスピードに合わせてくれていたので、そう感じただけかもしれません。

英会話初心者や中級者に対しては、もう少しゆっくりと話すでしょうし、教材などを使うためそういった問題は発生しないと考えられます。

セルビア人講師のいるオンライン英会話には、レッスン前に講師の発音をチェックできるスクールもあります。そういったスクールなら、講師たちの発音をチェックして、聞き取りやすい講師を選ぶようにするといいでしょう。

3. セルビア人講師とフィリピン講師ならどちらを選ぶべきか

格安オンライン英会話のさきがけであるフィリピン人講師と、最近増えてきているセルビア人講師。どちらを選ぶべきかと言われると、私個人はフィリピン人講師を推します。

なぜなら、フィリピンでは英語を教えるというビジネスに歴史があるからです。歴史がある分、経験豊富な人も多く、トレーニング体制・サポート体制もしっかりしていますから、比率で言えばフィリピン人講師の方が教えるのがうまい講師が多いと考えられます。

ただし、もちろんフィリピン人講師であっても、新人講師ならセルビア人の新人講師とほとんど変わらないと考えてもいいでしょう。

しかし、セルビア人講師を選んだ方が良い場合もあります。

まず1つは、担任制ではなく、毎回違う先生を選んでレッスンが受けられる場合です。この場合は、同じスクールにフィリピン人講師も在籍しているなら、フィリピン人講師のレッスンも、セルビア人講師のレッスンも受けらます。

英会話をマスターするためには、いろんな国の訛りに慣れておくべきですから、そういったスクールではセルビア人講師のレッスンも受けることをおすすめします。

また、バルカン半島を含めた東ヨーロッパ方面に、旅行や留学の予定がある人にもセルビア人講師がおすすめです。

セルビア人講師たちは高学歴なためなのか、セルビア近隣諸国の事情についても知識があり、いろんなことを教えてくれます。

また、何より周辺各国の英語の訛りとセルビア人の英語の訛りは似ているので、旅行をする際に現地の人たちが話す英語を聞き取るための練習にもなるでしょう。

フィリピン人の訛りが苦手だという人や、セルビア人の方が見た目が好みだというミーハーな人にも、セルビア人講師のレッスンがおすすめです。

楽しくなければ長続きはしないので、自分がセルビア人講師とのレッスンの方が楽しめる!と思うなら、セルビア人講師のレッスンを迷うことなく受けてください。

私的見解では、「教える」という行為には少なからず適性があるので、教えるのがうまいセルビア人なら、たとえ経験年数がフィリピン人講師よりも短かったとしても、有意義なレッスンをしてくれます。

確率的な問題でフィリピン人講師をおすすめしますが、良い講師に巡り合えるのなら、セルビア人講師のレッスンだって素晴らしいでしょう。

4. 実際にセルビア人講師のレッスンを受けた感想

最後にセルビア人講師たちのレッスンを受けた感想をお話ししておきます。ちなみに、すべてフリートーク形式でレッスンを受けました。

セルビア人は、もちろん個人差はありますが話好きでフレンドリーな人が多かったです。フィリピン人のような陽気さがあるというわけではないのですが、みなさん親切で、好奇心も旺盛な人が多い印象でした。

そのため、フリートークのネタが切れてレッスンの流れが止まることがなかったので、レッスンは楽しかったです。

セルビアの事情や、近隣諸国のおすすめスポット、日本人についてなど色々なことを話してくれる人が多く、ちょっとマイナーなヨーロッパの国々にも興味があるという人なら、間違いなくセルビア人講師とのレッスンを楽しめるでしょう。

中には、英語を教えることについて情熱を持っている人もいました。セルビアでも英語を教えているというような講師にも出会いました。

高学歴の人が多いということで、全体的にとても高い知性を感じ、とても有意義な時間を過ごせたと思います。

5. まとめ

セルビア人講師について良いところも悪いところもひっくるめてご説明しましたが、いかがでしたでしょうか。

フレンドリーで知識豊富なセルビア人講師たちとのレッスンを、ぜひ楽しんでみてくださいね。